いつだってミリタリアン!

コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

🪂空挺装備(Paratroopers wear)

世界の軍隊が編成している空挺部隊の装備品を集めています。 一般歩兵とは全く違った装備が魅力です。 とても貴重なアイテムがあります。

空挺部隊専用?【チェコ軍装備品】陸軍空挺部隊用ナイフとは? 0814 🇨🇿 ミリタリー

今回は、1990年代のチェコ陸軍空挺部隊用ナイフを分析します。 以前チェコスロバキア時代の陸軍一般兵科用ユーティリティーナイフを分析しました。 旧チェコスロバキア陸軍ユーティリティーナイフ www.military-spec-an.com 今回のナイフもチェコスロバキア…

大英帝国からのベストセラー!イギリス軍空挺デニソンスモックと世界の愉快(?)な仲間たち! 0808 🇬🇧+WORLD ミリタリー

今回は、1940年代に開発されたイギリス軍空挺デニソンスモックと、それを参考にして製造された世界の空挺スモックを分析します。 主にイギリスの植民地や連邦国で使用されましたが、そうでない国も採用している場合がありますね。 前回のM65フィールドジャケ…

【国籍不明】空挺迷彩スモック(ベルギー軍ブラッシュパターン・デニソン型改)とは? 0726 Unknown ミリタリー

今回は、おそらく1960年代のベルギー製と思われる国籍不明軍の空挺迷彩スモックを分析します。 当ブログでは、何故かベルギー軍迷彩を使用した国籍不明軍のものをいくつか分析しています。 でも、今回のモデルは、また別物になります。 なんとも形容し難い微…

リベンジマッチ!【カナダの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)とは? 0720 🇨🇦 ミリタリー

今回は、1980年代のカナダ陸軍空挺迷彩スモックを分析します。 以前も同じモデルを分析しましたが、欠品、汚れ、褪色そして使用感もあったりしましたね。 今回はリベンジ(?)ということで、デッドストックを準備しました。 とてもキレイな逸品ですよ! 目…

【イギリスの軍服】珍品!陸軍空挺サマーシャツ(ネットタイプ)とは? 0707 🇬🇧 ミリタリー

今回は、1940年代のイギリス陸軍空挺部隊に支給された特殊なシャツを分析します。 古今東西軍装備品の中でも、トップクラスの珍品ですね。 デニソンスモックの下に着用したようです。 奇跡的にタグも残っている極上品ですよ! 目次 1 イギリス陸軍空挺サマ…

【マレーシアの軍服】陸軍空挺迷彩ユニフォーム(ゼブラパターン・上下セット)とは? 0705 🇲🇾 ミリタリー

今回は、1990年代のマレーシア軍迷彩ユニフォームを分析します。 以前トラウザースは分析しましたが、今回は上下セットの、それも空挺部隊用になります。 (迷彩は同じゼブラ迷彩なのですが…。) 残念ポイントもありますが、パッチ(ワッペン)付きで程度は…

ジャーナルスタンダードより参戦!【アメリカの軍服】海兵隊空挺迷彩スモック(カスタム・モデル品)とは? 0691 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは! 今回は、1940年代のアメリカ軍海兵隊で使用されていた空挺迷彩スモックを分析します。 マニアには「パラ・マリン・スモック」と呼ばれ有名ですよね。 勿論モデル品ですが、意外なメーカーが製造していましたよ。 今回のアイテムは、中古ですが…

有終の美!【イギリスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(DPM・最終型)とは? 0668 🇬🇧 ミリタリー

今回は、2000年代のイギリス軍空挺迷彩スモックを分析します。 どうやらDPM生地を用いた最終型のようです。 既に本国イギリスでは、MTPの空挺スモックに更新されていますね。 DPMマニアとしては、とても悲しいところです。 (時代ですね。) それはともかく…

【イギリスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(DPM・モデル品)とは? 0641 🇬🇧 ミリタリー

こんにちは! 今回は、イギリス軍の空挺迷彩スモックを分析します。 残念ながらモデル品ですが、実際に空挺部隊の兵士が使用していたものですね。 どうやら、イギリス国内で製造されたものではなさそうです。 それはともかく、今回のアイテムも中古品ですが…

【フランスの軍服】陸軍迷彩空挺スーツ(CCE迷彩)とは? 0618 🇫🇷ミリタリー

こんにちは! 今回は、フランス陸軍の空挺スーツを分析します。 以前、同じ用途のアメリカ陸軍空挺スーツ(ウッドランド迷彩)を分析しました。 今回のモデルも、それと似たデザインですね。 今回は中古品で補修もありますが、程度は良いですよ! 目次 1 フ…

【フランスの軍服】陸軍空挺リザード迷彩スモック(中国製モデル品)とは? 0583 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは! 今回は、フランス軍の空挺リザード迷彩スモックのモデル品を分析します。 中国製なのですが、山田…いえいえ、未だかつて無いモデル品と言えます。 何故こんな事が起こったのでしょう? 全く理解に苦しむモデルですね。 それはともかく、今回の…

【ポルトガルの軍服】陸軍空挺迷彩ジャケット(リザードパターン3rd)とは? 0565 🇵🇹 ミリタリー

こんにちは! 今回は、ポルトガル軍の迷彩ユニフォームを分析します。 以前海兵隊員のリザード迷彩服を分析しましたが、今回は陸軍空挺部隊用になります。 やはり、ある国のモデルが原型のようですよ。 残念ポイントがありますが、今回もデッドストックです…

【カナダの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型)とは? 0562 🇨🇦 ミリタリー

今回は、カナダ軍の空挺迷彩スモックを分析します。 主要なボタンが特殊なダットファスナーに変更された後期型になりますね。 やはり、あの空挺スモックが原型のようですよ。 今回は、かなりの使用感と残念ポイントがあります。 予めご了承ください。 目次 …

【イギリスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(デニソンスモック戦後型カスタム)とは? 0553 🇬🇧 ミリタリー

こんにちは! 今回は、イギリス軍の空挺迷彩スモック(デニソンスモック)を分析します。 以前にも同じモデルを分析しましたが、今回は兵士がカスタム化したものになります。 タグの形状から、デニソンスモックとしては末期生産品のようですね。 残念ポイン…

【イギリスの軍服】陸軍空挺スモック(P85スタンダードDPM)とは? 0539 🇬🇧 ミリタリー

こんにちは! 今回は、イギリス陸軍の空挺スモックを分析します。 既にイギリス陸軍が空挺スモックも新型の迷彩MTP(Multi Terrain pattern)に変更していますね。 とうとうDPMの空挺スモックは貴重な存在になってしまいました。 でも今回のモデルは、デッド…

【アメリカの軍服】陸軍荒地用空挺スーツ(ウッドランド迷彩)とは? 0537 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは! 今回は、アメリカ軍の空挺スーツを分析します。 なかなか凝った造りになっていますよ。 品名の「rough terrain」が示す通り、あまり平滑でない荒れた地域で使用するもののようです。 今回は中古品ですが、程度は極上ですよ! 目次 1 アメリカ…

【フランスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(初期型・モデル品②)とは? 0487 🇫🇷ミリタリー

こんにちは! 今回は、フランス軍の空挺迷彩スモックを分析します。 以前も高級モデル品を分析しましたが、今回のモデルはより廉価モデルです。 でも、完成度がとても高いですね。 このアイテムもデッドストックですよ! 目次 1 フランス陸軍空挺迷彩スモッ…

【自衛隊装備品】陸上自衛隊空挺服(OD・共済組合品)とは? 0485 🇯🇵ミリタリー

こんにちは! 今回は、陸上自衛隊の空挺隊用作業服(戦闘服)を分析します。 以前迷彩服1型バージョンは分析しましたね。 過去記事:陸上自衛隊空挺迷彩服1型(熊笹・PX品) 今回は、OD(オリーブドラブ)単色のモデルになります。 共済組合品(PX品)とは言…

【旧東ドイツの軍服】陸軍空挺迷彩ユニフォーム(レインドロップパターン)とは? 0476 DDR ミリタリー

こんにちは! 今回は、旧東ドイツ軍の空挺迷彩服を分析します。 一頃氾濫していた東ドイツ軍装備ですが、空挺関連品は当初から極端に少なかったですね。 とても貴重なものですが、このアイテムもデッドストックですよ! 目次 1 旧東ドイツ陸軍空挺迷彩ユニ…

【イギリスの軍服】陸軍空挺迷彩デニソンスモック(戦後型モデル品)とは? 0428 🇬🇧ミリタリー

今回は、イギリス軍の空挺デニソンスモックを分析します。 残念ながらモデル品ですが、とても良く出来ていますよ。 大戦中のデニソンスモックモデル品は駄作揃いでしたが、一転戦後型は傑作揃いですね。 でも、今回のスモックはとても残念な加工がなされてい…

【イギリスの軍服】陸軍空挺DPMスモック(ダークサイドカラー)とは? 0426🇬🇧ミリタリー

こんにちは! 今回は、イギリス軍の空挺部隊の専用迷彩服を分析します。 一般的な空挺スモックなのですが、迷彩生地の色調が違うタイプになります。 製造誤差でしょうか? それとも… 目次 1 イギリス陸軍空挺DPMスモック(ダークサイドカラー)とは? 2イ…

【イギリスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(デニソンスモックモデル品③)とは? 0421 🇬🇧ミリタリー

こんにちは! 今回は、イギリス軍デニソンスモックのモデル品を分析します。 以前にも同じようなアイテムを分析しましたが、今3つくらいの出来でしたね。 今回のモデルはアメリカ資本のパキスタン製ですよ! 目次 1 イギリス陸軍空挺迷彩スモック(デニソ…

【イギリスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(デニソンスモックモデル品②)とは? 0405🇬🇧ミリタリー

こんにちは! 今回は、第二次大戦中にイギリス軍が支給したデニソンスモックのモデル品を分析します。 忠実なモデル品を製造することで有名なメーカーなので期待していました。 これまで分析してきたデニソンスモックと袖のデザインが違いますが、こんなタイ…

【パキスタンの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(隠しボタンタイプ)とは? 0399 🇵🇰ミリタリー

こんにちは! 今回は、パキスタン軍の空挺迷彩スモックを分析します。 以前もパキスタン軍の空挺迷彩スモックを分析しましたが、今回のモデルはデザインと生地が違うものになります。 よく出回っているのはこちらのタイプですね。 この迷彩も知ってかしらず…

【フランスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(生地違いバージョン)とは? 0390 🇫🇷ミリタリー

こんにちは! 今回は、フランス軍の空挺迷彩スモックを分析します。 いつものリザード迷彩のスモックですが、生地が変更されていました。 末期の製品でしょうか? なかなか興味深いアイテムですよ! 目次 1 フランス陸軍空挺迷彩スモック(生地違いバージョ…

【ハンガリーの軍服】陸軍空挺迷彩ジャケット(初期型)とは? 0388 🇭🇺ミリタリー

こんにちは! 今回は、珍しいハンガリー軍の迷彩服を分析します。 伝統ある迷彩ですが、今も一部で現役のようですね。 今回のモデルは、以前分析したモデルのひとつ前の型になります。 でも、なぜ「ハリケーン迷彩」(通称)なのでしょうね? 目次 1 ハンガ…

【イギリスの軍服】陸軍空挺DPMスモック①とは? 0383 🇬🇧ミリタリー

今回は、1980年代のイギリス軍の空挺迷彩スモックを分析します。 イギリス軍マニアには大人気のスモックですね。 でも絶対数が少ないので、なかなか入手困難な一品です。 (今回はちょっと前のモデルになりますよ!_ 中古品ですが程度は良好です! 目次 1 …

【イギリスの軍服】陸軍空挺デニソンスモック(大戦後パターン)とは? 0373 🇬🇧ミリタリー

こんにちは! 今回は、イギリス軍の有名なデニソンスモックを分析します。 不思議な事にイギリス軍は、全く違う迷彩生地のデニソンスモックを、なんと並行して支給していました。 何故でしょう? 今回のモデルは、そのうち戦後に採用された新しいパターン迷…

【ポルトガルの軍服】陸軍空挺迷彩オーバーパンツとは? 0302 🇵🇹 ミリタリー

こんにちは! 今回は、ポルトガル軍の迷彩服を分析します。 ポルトガル軍としては、古い迷彩パターンのオーバーパンツになります。 じつは、とても稀少なものですよ! (他で見かけたら教えて欲しいです。) 目次 1 ポルトガル陸軍空挺迷彩オーバーパンツと…

【ベルギーの軍服】陸軍空挺迷彩オーバーパンツ(ジグソーパターン)とは? 0297 🇧🇪 ミリタリー

こんにちは! 今回は、ベルギー軍の迷彩服を分析します。 一般兵科用ではなく、空挺部隊用の特殊な装備になります。 中古品ですが、程度は良いですよ! 目次 1 ベルギー陸軍空挺迷彩オーバーパンツ(ジグソーパターン)とは? 2 ベルギー陸軍空挺迷彩オー…