いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

不運な迷彩服!【フランスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(リザード迷彩・後期型)とは? 0007 🇫🇷 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210925080947p:plain

今回は、1950年代のフランス軍空挺迷彩スモックを分析します。

その迷彩パターンやデザイン、そして歴史から日本のみならず世界中でも大人気ですね。

ある理由から廃止されてしまった悲劇の迷彩服とも言えます。

今回は中古品ですが、程度は良好ですよ!

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

目次

1  フランス陸軍空挺迷彩スモック(リザード迷彩・後期型)とは?

この迷彩服を初めて見たのは、「アルジェの戦い」というモノクロ映画でした。

(映画…ご存知ですか?)

 

最初のシーンで、テロ事件の犯人を捜査、尋問している兵士全員が着ていましたね。

 

今から思えば、初期型だったかもしれませんが、とにかく私は「カッコいい!」と思ってしまったのでした。

 

フランスはインドシナ戦争、アルジェリア戦争の相次ぐ敗北、その後のクーデター騒ぎ等があって、迷彩服=悪という認識が生まれました。

 

なんと国家で迷彩服を否定したのですね。

 

そのため比較的長い期間、迷彩服は外人部隊の一部でしか使用が許可されていませんでした。

(せっかく装備した迷彩服も、殆どイスラエルに供与してしまったようですよ。)

 

今回のスモックは、ちょうどその頃のモデルです。

 

1950年代くらいからの使用が確認できますね。

 

フランスの植民地や影響を受けた国でも類似品(中には粗悪な)が製造されたようですよ。

  

さてさて、それはどんな迷彩スモックなのでしょうか?

 

今回は、フランス軍装備マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面  
独特の迷彩がカッコ良いですね。
エポレット以外のボタンが見えないのが渋いですね!

(逆にダットファスナーは剥き出しですが…😅)
f:id:akmuzifal6489:20190404075555j:image

 

背面  
生地が左右に分かれているので、ここでサイズ調整する兵士も多いです。
f:id:akmuzifal6489:20190404075500j:image


前面裏側  
ライトグリーンの生地です。
f:id:akmuzifal6489:20190404075454j:image

 

背面裏側  
迷彩は裏側まで透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190404075434j:image

 

前合わせはジッパーとボタンの併用。  
でもボタンは8個もあり、隠しボタンなので着脱は少々面倒です。
f:id:akmuzifal6489:20190404075702j:image

 

 

タグは切り取られていました。  
各種スタンプに注意
f:id:akmuzifal6489:20190404075542j:image

 

エポレットはテーパー付きのラウンド型で細身です。
f:id:akmuzifal6489:20190404075710j:image

 

各ポケットは、
内容量に応じてポケットフラップの位置を変えることができます。
f:id:akmuzifal6489:20190404075448j:image

 

胸の左ポケットにはジッパーで開閉する隠しポケットが!

表面にもパッチポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190404075609j:imagef:id:akmuzifal6489:20190404075507j:image

 

各ポケットの底部には、丈夫な麻布が縫い付けられています。これなら信管ペンチを入れていても、穴が開かないかも。
f:id:akmuzifal6489:20190404075528j:image

 

ジッパースライダーには「ELLESS」の刻印が。
f:id:akmuzifal6489:20190404075522j:image

 

袖口  
隠しボタンのお陰でスッキリ  これならパラシュートのラインも引っかからないですね。
先端にはゴムが内蔵されています。  
(幼稚園児のスモックみたいですね。これも防寒対策の一環ですね。)
f:id:akmuzifal6489:20190404075639j:image

 

袖裏側
ボタンが裏側を向いています。f:id:akmuzifal6489:20190404075440j:image

 

左胸ポケット上部

イスラエルに供与されたスモックの多くが、ここにイスラエル軍のスタンプがあります。
(今回のスモックには、スタンプがありません。)
各ダットファスナーの表側は、茶色っぽいOD色で塗装されていますね。
塗装の剥げが少ないことから、着用時間が短かったのかも。
f:id:akmuzifal6489:20190404075602j:image

 

襟は基本スタンドカラーで、専用のフードを取り付けるボタンが沢山ついています。
f:id:akmuzifal6489:20190404075549j:image

 

 

胸にはネームタグ用( ?)のマジックテープあり。
f:id:akmuzifal6489:20190404075624j:image

 

ジッパーは黒染めのブラス製
f:id:akmuzifal6489:20190404075655j:image

 

内ポケットもボタンで開閉f:id:akmuzifal6489:20190404075717j:image

 

脇の通気口  
金属製ハトメ付き
f:id:akmuzifal6489:20190404075535j:image

 

裾のドローコードは平紐で、ホールはボタンホールタイプ
f:id:akmuzifal6489:20190404075646j:image

 

色調のバリエーション(3着あります。)
左:かなりの使用
中:中程度使用(今回のモデル)
右:殆ど未使用
因みに左と右は、イスラエル軍放出品です。f:id:akmuzifal6489:20190406054207j:image

 

専用フード(未使用)
特にタグや刻印はありませんでした。
(植民地製かもです。)
f:id:akmuzifal6489:20190406054155j:image
f:id:akmuzifal6489:20190406054211j:image
f:id:akmuzifal6489:20190406054151j:image
f:id:akmuzifal6489:20190406054202j:image

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンの生地に、レッドブラウンとグリーンを刷毛で乱雑に塗ったようなパターンをプリントしています。

 

しかも二色が重なり合っているところは、ダークブラウンになっていて、図らずも四色を用いた迷彩になる…というのは、インド軍のスモックと同じ手法です。

 

このパターンは、海外でリザード(トカゲ)またはブラッシュ(刷毛)と呼ばれています。なるほど、トカゲはともかく、刷毛はそのまんまですね。

 

じつは、この迷彩生地には、微妙な色違いやブラウンとグリーンを入れ替えたり、パターンを裏返しにプリントするなどして何種類もありますね。

(数種類のスモックデザインとも合わせて、とても複雑な体系を作っていますよ。)

 

生地は高級なコットンのヘリンボーンツイル(杉綾織)です。

 

軽量で丈夫、通気性もありますね。

(フランス軍はこの生地を多用することで有名です。)

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×4、腰ポケット× 2、内ポケットで、胸ポケットのひとつは隠しポケットになっていますね。

 

面白いのは、表側の各パッチポケット内の底には、厚いリネン(麻)製のテープで補強してあるところです。

 

これなら、尖った工具などを無造作に入れても、ポケットに穴が開く確率が減りそうです。

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、強度も十分ですよ。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1960年代

・製造場所     フランス

・契約会社     フランス

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          麻

・表記サイズ    不明

         (推定23)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約71センチ

          肩幅 約51センチ

          身幅 約71センチ

          袖丈 約54センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手方法     大阪の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

ところでスタンリーキューブリック監督作品映画「時計仕掛けのオレンジ」でも、冒頭のシーンで主人公に敵対するグループの数名がこの迷彩スモックを着用していましたね。

 

悪や暴力を表現する演出でしょうか?

 

でも本来迷彩服は、戦場で戦う兵士のために作られたものです。

 

迷彩服に罪は無いと思うのですが…。

 

それはともかく、実際にこのスモックを着用してみると、細かい工夫がなされていて素晴らしい戦闘服と言えます。

 

迷彩パターンも、現行のCCE迷彩なんかよりずっとシブいですよね!

 

じつはベトナム戦争で有名なタイガーストライプ迷彩は、この迷彩パターンが原型だとも言われています。

まさに歴史の証人とも言える迷彩服ですが、昨今程度の良いものは入手困難です。

 

イスラエル軍に供与したものは、多くが使い込まれていて酷く退色したり破損している場合が多く、購入しないほうが良いかも知れません。

(購入するならならフランス本国ものか、ベトナム残留の良品がおすすめです。でも希少で高価です😅)

 

オークションでは、たまに良品が出ます。

 

探しているあなたは、気長に待てみましょう。

(同じデザインでOD単色モデルもありますが、更に希少です。)

 

また、今回のモデルはその人気ゆえ、世界中でモデル品が製造されています。

 

日本でも1980年代に、大手ミリタリーショップが販売していました。

 

同時期に販売していた、英軍空挺迷彩スモックより、はるかに良くできていましたよ。

(探しています!)

 

また最近、中共製モデル品を見かけました。

 

出来は今六つでした。

(今ひとつどころではありません。)

 

まさか購入する方はいないと思いますが、万が一購入する場合は、当ブログを参考にして識別してくださいね。

 

今回は、希少でカッコ良いフランス軍の空挺迷彩スモックを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220207更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他のフランス軍空挺迷彩スモックの官給品はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

各国製造のモデル品はこちらです⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【18%OFFクーポン対象】新品 フランス軍パラシュートバッグ プレーン オリーブ LARGE 使用感のある中古の雰囲気をうまく再現 兵役を終えた者も好んで使用していた人気のバッグ WIP メンズ ミリタリー アウトドア プレゼント


フランス軍タイプ M1938 コットンキャンバス ブレッドバッグ MEDIUM 復刻【クーポン対象外】 / 復刻版 バッグ ショルダー(ワンサイズ OLIVE)

実物 フランス軍 ノースコンバットパック ショルダーバッグ(OLIVE) 実物 ミリタリー 軍放出品 アウトドア サバゲー

スポンサーリンク

ロビンソン

ロビンソン

  • スピッツ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes