いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ポルトガルの軍服 陸軍空挺迷彩スモック(中期型)とは? 0016 🇵🇹

こんにちは!

今回は、日本に鉄砲を伝えたことで有名な、ポルトガルの迷彩服を分析します。

フランスの隣国なので、フランス軍を参考にしているようです。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ポルトガルの軍服  陸軍空挺迷彩スモック(中期型)とは?

この迷彩服を初めて見たのも、PXマガジンでした。

うろ覚えですが、デザート(砂漠)用と紹介されていたような気がします。

フランスの空挺スモックの影響を如実に受けていて、造りの端々にその面影が見られます。

逆に言えば、フランスの空挺スモックが、如何に優れていたかという証明になるのでしょうか?

じつはポルトガルは、今回のモデル以前にも、迷彩生地やデザインの全く違うスモックを開発していました。

何故このモデルに変わってしまったのか詳細は不明ですが、これも知りたい謎の一つです。

今回のモデルの前に採用されていたポルトガル軍空挺迷彩スモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

現在はこのパターンも更新されて、もっと鮮やかなリザードや、英軍のようなDPMも存在しています。

国によっては、被服の更新が早いですね。

どんなスモックでしょうか?

早速確認していきましょう!

2  スモックの全体及び細部写真

前面

素敵な迷彩ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190406125459j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190406125435j:image

 

前面裏側  内ポケットに注意
f:id:akmuzifal6489:20190406125426j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190406125503j:image

 

うなじのタグ 二枚ありますが、一枚は判読不能
f:id:akmuzifal6489:20190406125455j:image

 

一枚目のタグには、電話とFAX番号が!
f:id:akmuzifal6489:20190406125450j:image

 

前合わせは、ジッパーとボタンの併用です。
f:id:akmuzifal6489:20190406125419j:image

 

ジッパーのスライダー差し込み口  特殊な金具
f:id:akmuzifal6489:20190406125446j:image

 

胸ポケット  ダットファスナーで開閉

f:id:akmuzifal6489:20190406211641j:image

 

隠しポケット  ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190406125438j:image

 

腰ポケットと腰絞り用タグ  調整は一段階  右側はタブ固定用のボタンが紛失
f:id:akmuzifal6489:20190406125415j:image

 

袖口  布ベルトによる調整
f:id:akmuzifal6489:20190406125422j:image

 

ネームタグ用マジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20190406125411j:image

 

エポレット  先端が三角
f:id:akmuzifal6489:20190406125431j:image

3  気になる特徴とは?

軽量なコットン、ポリエステル混紡生地で、タンにマホガニーブラウンとライトグリーンを刷毛で乱雑に塗りたくったような迷彩です。これもフランスの影響でしょうか?

しかし、よく見るとブラウンの面積がかなり大きいです。

なんか凄みがあるのは、配色とストロークの短さ、そして退色のせいでしょうか?

素敵ですね。

デザインは、これもフランスの空挺スモック初期型を参考にしたようで、各部に面影を残しています。

特に左胸ポケットの隠しポケット、そのポケット上のペン差し、スタンドカラー専用襟、袖口などに顕著です。

でも、良い意味で各部が簡略化されています。

4  製造、サイズのデータ

   ・製造又は契約年度     不明

          (タグから1980年代と推測)

   ・製造場所                   ポルトガル

   ・契約会社                   ポルトガル

   ・製造会社                          〃

   ・材質                          コットン

                           ポリエステル(推定)

   ・表記サイズ                      不明

   ・各部のサイズ(平置)    

                                 着丈  約71センチ

                                 肩幅  約48センチ

                                 身幅  約62センチ

                                 袖丈  約57センチ

   ・状態                   中古並品

   ・官民区分            官給品

   ・入手方法            大阪の専門店

5  まとめ

フランス直系のスモックなので、機能的な面もしっかり受け継いでいます。

迷彩は、日本のフィールドでも必要十分な効果を発揮しそうですね。

素晴らしい迷彩服です。

面白いことに、最近ネットオークションで、よく見かけるようになりました。

(以前は影も形も見えなかったのですが…。)

本国で払い下げが進んでいるのでしょうか?

しかし程度はあまり良く無い場合が多いですね。

(未使用品を探しています!)

この迷彩のスモックは、絶滅危惧種です。

積極的に保護してあげましょう!

(この後のモデルは、今でも未使用のデッドストックが入手可能ですよ!)

 

今回は、珍しいポルトガルの迷彩服を分析しました。

次回は、紅茶が大好きな島国の迷彩服を分析します。お楽しみに!

 

参考:ポルトガル軍各種迷彩服関連の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。