いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

旧ソ連の軍服 空軍レザーフライトジャケット(暖候期用)とは? 0027 USSR

こんにちは!

今回は、東西冷戦の遺産ともいうべき、珍しいレザーのフライトジャケットを分析します。

この時代には、珍しいと思いますよ。

   目次

1  旧ソ連の軍服  空軍レザーフライトジャケット(暖候期用)とは?

昔々、上空の冷たい空気はパイロットのもう一つの敵でした。

空気は、乾燥していると1000m上昇する毎に10℃下がります。(湿っていると6.5℃)

そして風速は1m/s吹く毎に体感温度は1℃下がるのですから、高空を高速で飛行するパイロットは大変です。

特に第一次大戦から第二次大戦初期までの多くの軍用機が開放コクピットであったため、防寒、防風対策はパイロット他エアクルーにとって死活問題でした。

そこで登場したのが、レザーフライトジャケットです。

現在でも、多くのライダーさんは感じていると思いますが、レザーって防寒、防風にうってつけですよね。

パイロットもそれを知っていて、古今東西多くのレザーフライトジャケットが愛用されてきました。

今回ご紹介するモデルは、その中でも特に珍しい、旧ソ連軍のものです。

米軍で言うところのA−2に相当するジャケットですがソ連独特の工夫も見られますよ。

珍しいので細部は大注目です。

2  ジャケットの現物写真及び細部

前面  A−2等よりも着丈が長いですね。

f:id:akmuzifal6489:20190424145428j:image

 

背面  ニットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190424145422j:image

 

前面裏側  ライニングはブラウンのコットン製
f:id:akmuzifal6489:20190424145514j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190424145610j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20190424145457j:image

 

裾のダットファスナー及びジッパー  スライダー
f:id:akmuzifal6489:20190424145405j:image

 

胸ポケット  ポケット口が斜め  ジッパー  で開閉
f:id:akmuzifal6489:20190424145433j:image

 

胸ポケット ジッパー  スライダー  謎の刻印
f:id:akmuzifal6489:20190424145616j:image

 

裏側には滑り止め(?)
f:id:akmuzifal6489:20190424145542j:image

 

胸ポケット  左はホルスター兼務

f:id:akmuzifal6489:20190424145400j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190424145451j:image

 

ポケット内は起毛した青い布を装備  ハンドウォーマーも兼務
f:id:akmuzifal6489:20190424145557j:image

 

脇の通気口
f:id:akmuzifal6489:20190424145410j:image

 

袖もシンプル
f:id:akmuzifal6489:20190424145508j:image

 

革は内側に回り込んでいます。
f:id:akmuzifal6489:20190424145520j:image

 

ライナニングにあるライナー取り付け用ボタンホール
f:id:akmuzifal6489:20190424145603j:imagef:id:akmuzifal6489:20190424145535j:image

 

襟下にもあります。 ライナーが欲しいです。
f:id:akmuzifal6489:20190424145628j:image

 

サイズのスタンプ  モスクワ製?
f:id:akmuzifal6489:20190424145439j:image

 

内ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190424145502j:image

 

襟元にもライナー用ボタンホールが。ライナー装着には時間がかかりそうです。
f:id:akmuzifal6489:20190424145623j:image

 

裾のダットファスナー用タブとジッパー挿入口  金具で補強されています。
f:id:akmuzifal6489:20190424145527j:image

 

留めるとこんな感じ
f:id:akmuzifal6489:20190424145354j:image

 

アクションプリーツが付いています。G−1やCWU-36Pなどのインナーラバーテープはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190424145548j:image

 

襟にはおそらくムートンを付けるダットファスナーがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190424145416j:image

 

襟裏にも。  背中は変色が顕著です。襟裏のダットファスナーの用途は何でしょう?
f:id:akmuzifal6489:20190424145444j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴とは?

しなやかなゴートスキンで作られていて、アクションプリーツもあることから、平均的なバイク用ライダースジャケットより、はるかに動きやすいです。

A−2のように、コットンのライニングがありますが、なんとボタンホールがあって、どうやらライナーが装着できそうです。

内ポケットもありますよ。使い勝手が良いですね。

またA−2より着丈が長いです。

左胸ポケットは、ホルスターも兼ねています。東側でよく見るデザインですね。

腰ポケットのハンドウォーマーも有難い装備ですね。

4  製造とサイズのデータ

   ・製造年又は契約年度       1970年代

   ・製造場所                         旧ソ連

   ・契約会社                         旧ソ連

   ・製造会社                               〃

   ・材質                            ゴートスキン

                                          コットン

   ・表記サイズ                      52−2

   ・各部のサイズ(平置)    

                                   着丈  約75センチ

                                   肩幅  約50センチ

                                   身幅  約62センチ

                                   袖丈  約62センチ

   ・状態                     中古良品

   ・官民区分              官給品

   ・入手方法              ヤフオク

5  まとめ

このジャケットは、東西冷戦華やかりし頃、旧ソ連の広報写真で見たことがありました。

以来探していたのですが、まさか平成も終わりになって入手できるとは思いませんでした。

東京の老舗ミリタリーショップが、モデル品を販売していましたが、細部は似て非なるものでしたね。

着てみると、とてもカッコ良いジャケットです。

米軍ものに慣れているので、着丈に戸惑いますが、慣れの問題でしょう。

程度が良いものが少ないので、見つけたら即買いした方が良いかもしれません。

因みに、羊の革でできたモフモフのジャケット(米軍のB−3に相当)も支給されていましたが、入手困難です。(欲しいです!)

 

今回は貴重なレザーフライトジャケットを分析しました。

次回は、再度と女王と紅茶が大好きな国の迷彩服を分析します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

ノートルダムの大寺院、5年以内の再建を目指すそうですね。

素晴らしいです。多くの国民の心の拠り所なので、早急な再建が望まれます。

やはり、洋の東西を問わず、古いものは大切にしないといけませんね。

ミリタリーグッズも同様です。

もう亡くなってしまった国、変わってしまった国の装備は、本当に貴重です。

見つけたら、即保護してあげましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました。