いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 迷彩戦闘服 (ウッドランドパターン)とは? 0043 🇺🇸

こんにちは!

さて今回は、ちょっと前までアメリカ軍と言えばこの迷彩と定番だった迷彩服を紹介します。

目次

1  アメリカの軍服  迷彩戦闘服(ウッドランドパターン)とは?

ベトナム戦争で迷彩服の重要性を再認識したアメリカは、1980年代に全軍統一迷彩の採用に踏み切ります。

それが今回紹介する、ウッドランドパターンのBDUです。

前作のERDL迷彩の色調を変え、パターン自体を約2.5倍に拡大、デザインをより簡素化したモデルになります。

この迷彩生地の戦闘服は、マイナーチェンジを繰り返し、2000年代のACU導入までの約20年間程度使用されました。

陸・海・空軍と海兵隊の全軍がこの迷彩だったので、アメリカ国内衣料メーカーの大半が製造に駆り出されました。

そのためメーカー毎に若干の色調変化がありましたよ。いかにも大らかなアメリカらしいですね。

2  戦闘服の全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190511133852j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190511133647j:image

 

前面裏側  白い生地にプリントされているのがよくわかります。
f:id:akmuzifal6489:20190511133859j:image

 

背面裏側  迷彩色の一部は裏に透けていますね。
f:id:akmuzifal6489:20190511133730j:image

 

前合わせはボタンのみ  今回のモデルは生地がコットンツイルです。(リップストップもあります。)
f:id:akmuzifal6489:20190511133813j:image

 

胸ポケット  マチ付きパッチポケット
f:id:akmuzifal6489:20190511133908j:image

 

中に2個のボタン
f:id:akmuzifal6489:20190511133722j:image

 

左胸ポケットフラップ上部にはスリットが。
f:id:akmuzifal6489:20190511133759j:image

 

左胸ポケット内にはペンケースあり。
f:id:akmuzifal6489:20190511133748j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190511133845j:image

 

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190511133704j:image

 

袖口  ボタンで調整
f:id:akmuzifal6489:20190511133807j:image

 

二段階に調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20190511133831j:image

 

肘には補強布が。
f:id:akmuzifal6489:20190511133713j:imagef:id:akmuzifal6489:20190511133655j:image

 

左胸ポケット裏  ペンケースの縫い跡
f:id:akmuzifal6489:20190511133823j:image

 

うなじのタグ
f:id:akmuzifal6489:20190511133736j:image

 

右裾付近のタグ
f:id:akmuzifal6489:20190511133837j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴とは?

迷彩は、カーキに近いタンをベースに、ダークブラウン、ダークグリーンで雲形のパターンを施し、所々にブラックに近いバイオレットを散らしてあります。

全体的に赤みが強い迷彩です。

しかし、洗濯を繰り返すと脱色で大きく色調が変化します。面白いですね。

生地は、一般的なコットンツイルです。

これとは別に、薄くリップストップでできた熱帯用もあります。

デザインは、これもERDL後期の通称「ブラウンリーフ」からポケットのプリーツを排する等の簡略化を進めた形になります。

コートタイプで4ポケットというのも、ある意味M43ジャケットの子孫と言えなくもないですね。

以降のBDUの基本形になりました。

今回のモデルは、ウエストを絞るタブ(ボタンで調整)が省略された後期型になります。

4  製造とサイズのデータ

   ・製造又は契約年              1993年

   ・製造場所                         アメリカ

   ・契約会社                         アメリカ

   ・製造会社                              〃

   ・材質                                コットン

                                              ナイロン

   ・表記サイズ                      S–R

   ・各部のサイズ(平置)  

                                   着丈  約68センチ

                                   肩幅  約43センチ

                                   身幅  約58センチ

                                   袖丈  約62センチ

   ・状態                     中古極上品

   ・官民区分              官給品

   ・入手方法              岐阜県で購入

5  まとめ

この迷彩服が採用された当時は、アメリカがベトナム戦争の痛手からやっと回復してきた時期でした。

同じ頃、旧ソ連がアフガン戦で次第に疲弊。

世界の軍事情勢が、アメリカ一強に傾きつつある時期でもありました。

そして1991年以降の湾岸戦争で、米軍を主体とした連合軍の圧倒的な勝利は、諸外国にアメリカ(のみ)の強さを決定的に印象付けたのでした。

その結果、なんと多くの国がウッドランドと同じ、若しくは同様の迷彩を採用したのは有名な話です。

まるで強い生物に擬態するような感じですね。(イタリア、スペインなんかも採用してましたよ。)

ウッドランド迷彩はERDLの改造ですが、ERDL自体ドイツのライバーマスターの影響を受けた迷彩であったことから、ある意味ライバーマスターの子孫が現代まで生きていたとも言えます。

ドイツ恐るべしですね。

この迷彩服は、現在でも人気があって、街中でも若い女性が着ていたりします。(しかも官給品を!)

官給品も、まだまだ残っていますし、精巧なモデル品もあります。

入手にはしばらく問題なさそうですね。でも油断は大敵です。

今のうちにデッドストックを保護しておきましょう!

 

今回は、世界的に有名な、アメリカの迷彩服を紹介しました。

次回は、現時点では国籍不明な不思議な迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

世界陸上男子リレー400m、予選敗退!

惜しかったですね。

痛恨のバトンミスでした。

でも選手の皆さんは落胆する必要はありません。

今回の失敗を分析して、適切な対策を見出し、それに沿った練習をすれば必ず結果が出せます。

前向きに頑張ってほしいです。

応援しています!

 

読んでいただき、ありがとうございました。