いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

カナダの軍服 陸軍フライトジャケット(暖候期用)とは?0046 🇨🇦

こんにちは!

今回はカナダ軍のフライトジャケットを紹介します。

多くのフライトジャケットがそうであるように、バイカーの皆さんにも使える機能的なアイテムですよ!

   目次

1  カナダの軍服  陸軍フライトジャケット(暖候期用)とは?

イギリス連邦の一員として、第二次大戦に参戦したカナダ軍。

精鋭で知られていますね。

そんなカナダの軍装は、やはりイギリス軍の影響を強く受けています。

また隣国アメリカの影響も受けてますよ。

現在では、英米ミックス系といったところでしょうか。

今回分析するのは、そのカナダ軍は陸軍のフライトジャケットになります。

色違いで、海軍、空軍のジャケットもあります。

さて、どんなフライトジャケットでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

 前面  

一見MA-1かL-2に見えますが、ウエストのニットがありませんね。

f:id:akmuzifal6489:20190513083403j:image

 

背面  

綺麗なオリーブ色ですね。  
f:id:akmuzifal6489:20190513083310j:image

 

前面裏側  

角度のついた内ポケットが2つあります。

ストームフラップあり。
f:id:akmuzifal6489:20190513083352j:image

 

背面裏側

襟の下に何かありますよ?
f:id:akmuzifal6489:20190513083407j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20190513083317j:image

 

ジッパーは我が国の誇る「YKK」正解ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190513083419j:image
f:id:akmuzifal6489:20190513083322j:image

 

ポケットにはポケットフラップ付 ダットファスナーで開閉  

アメリカ的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190513083424j:image
f:id:akmuzifal6489:20190513083326j:image

 

裾はマジックテープで調整できます。

イギリス的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190513083334j:image

 

両袖にはパッチポケットとスラッシュポケットが!

ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190513083359j:image

 

ニット 化繊です。
f:id:akmuzifal6489:20190513083427j:image

 

エポレットはテーパー付きのクサビ型です。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190513083313j:image
f:id:akmuzifal6489:20190513083345j:image

 

タグ  

品名とサイズは手書き!
f:id:akmuzifal6489:20190513083415j:image

 

襟に開口部があって、背中にナイロンのフードが入っていました。
f:id:akmuzifal6489:20190513083411j:image
f:id:akmuzifal6489:20190513083349j:image
f:id:akmuzifal6489:20190513083331j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

3  気になる特徴とは?

生地はOGで緻密に織られたコットンギャバジンです。

ポケットがとても多いです。都合8つも設けられていますよ。

狭いコクピット内でも使えるようにとの配慮からか、両袖に4つものポケットは他に例がないですね。

このため使い勝手がとても良いです。

また、ウエストのニットがないですね。

イギリス系のフライトジャケットには多い仕様です。

(破損し易いので、無い方が良いかも?)

珍しいところでは、M‐65ジャケットのように、背中にナイロン製のフードがありますよ。

至れり尽くせりですね。

ナイロンのフルライニングもあり、見かけより保温力と防風性能に優れています。

4  製造とサイズのデータ

   ・製造国                  カナダ

   ・製造場所              カナダ

   ・契約会社              カナダ国内会社

   ・製造会社                         〃

   ・材質                     コットン

                                   ナイロン

   ・表記サイズ          7040

   ・各部のサイズ    (平置) 

                                   着丈  約63センチ

                                   肩幅  約50センチ

                                   身幅  約62センチ

                                   袖丈  約61センチ

   ・状態                     中古良品

   ・官民区分              官給品

   ・入手方法              ヤフオク

5  まとめ

このジャケットは、じつは私の寒候期バイクジャケットとして、レギュラー的な存在です。

真冬は、相当着込まないと寒いですが、秋、春はこれで十分ですね。

袖のポケットは、本当に便利ですよ。

バイカーのためのジャケットでもあるようです。

考えてみたらパイロットとライダーは、身体の自由度などにおいて、近いものがあるように思います。

使い勝手を考えて装備を造ると、どちらにも共通する機能が見えてくるのですね。

じつは、色違いのカナダ各軍のジャケットを揃えようと思っているのですが、良いサイズがなかなかありません。

でも気長に探すつもりです。

 

今回は、カナダの使い勝手が最高に良いジャケットを紹介しました。

次回は、イギリスの砂漠用迷彩服を紹介します。

お楽しみに!

参考:各国のフライトジャケットに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

アメリカ空軍が、古のそれもスイス空軍の中古F-5E戦闘機を購入、整備するらしいですね。

また、新たにF-15戦闘機も調達するのだとか?

いずれの戦闘機も、我々オールドミリタリーファンには、お馴染みの機体です。

令和になっても、まだまだ勇姿が見られそうですね。

どんな塗装になるのか楽しみです。

今のうちに、1/72を買いだめしておこうかな?

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Best of my Love

Best of my Love

  • 安田 レイ
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes