いつだってミリタリアン!

ミリタリーグッズを、徹底的に分析、解説、解明します!

徹底分析!ブルガリア軍装備品 陸軍 迷彩戦闘服(上下)その2 0064 Bulgaria

こんにちは!

今回は、既にいくつかこのブログでも紹介しているブルガリア軍戦闘服の少し違うバージョンを分析します。

   目次

1   ブルガリア軍陸軍迷彩戦闘服(上下)

今回のモデルは、以前分析したモデルとよく似ていますが、迷彩の色調がより暗くなっています。

www.military-spec-an.com

都合1960年代の迷彩服からコレクションしていますが、時代とともに、段々色調が暗くなってきていますね。

これにはどういう意味がるんでしょうか?

開発者に聞いてみたいところです。

2  全体及び細部写真

シャツ

前面  以前紹介した空挺ジャケットよりも暗い色調です。

f:id:akmuzifal6489:20190417155412j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190417155433j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190417155437j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190417155450j:image

 

うなじタグ
f:id:akmuzifal6489:20190417155446j:imagef:id:akmuzifal6489:20190417155429j:image

 

裾 ちゃんと末端処理がなされています。
f:id:akmuzifal6489:20190417155421j:image

 

袖口  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417155516j:image

 

やはり袖を捲り上げた時の固定用ボタンあり。
f:id:akmuzifal6489:20190417155522j:image

 

左胸ポケット  マチが省略されています。
f:id:akmuzifal6489:20190417155416j:image

 

エポレットと部隊マーク?
f:id:akmuzifal6489:20190417155359j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20190417155506j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190417155539j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190417155408j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190417155536j:image

 

未使用品なのでカッタータグ(?)付きです。
f:id:akmuzifal6489:20190417155510j:image

 

股間の補強布
f:id:akmuzifal6489:20190417155530j:image

 

前合わせはボタンのみ
f:id:akmuzifal6489:20190417155502j:image

 

腰スラッシュポケット
f:id:akmuzifal6489:20190417155441j:image

 

裏側内側には布が余っています。サイズ調整用でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190417155403j:image

 

裾のゴムは三方から伸びて中央で縫われています。
f:id:akmuzifal6489:20190417155458j:image

 

スラッシュポケット裏側のスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20190417155454j:image

 

ポケットに付いているタグ
f:id:akmuzifal6489:20190417155425j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  特徴

迷彩は、以前紹介したモデルはベースがライトグレイグリーンでしたが、今回のモデルはダークグリーンです。

心なしかスプリンターのグリーンやブラウンも色調が濃くなっている気がします。

ただパターンは変わっていません。

デザインは、以前紹介したモデルと大きく変わっていませんが、部分的ににマイナーチェンジされています。

4  諸元

   ・製造年又は契約年度       1990年代(推定)

   ・製造場所                         ブルガリア

   ・契約会社                         ブルガリア

   ・製造会社                         ブルガリア

   ・材質                                コットン

   ・表記サイズ                      不明

   ・各部のサイズ(平置)   シャツ

                                              着丈  約74センチ

                                              肩幅  約41センチ

                                              身幅  約52センチ

                                              袖丈  約60センチ

                                              パンツ

                                              ウエスト  約49センチ

                                              着丈  約107センチ

                                              股下  約80センチ

                                              股上  約30センチ

                                              裾幅  約22センチ

   ・状態                                デッドストック

   ・官民区分                         官給品

   ・入手方法                         ヤフオク

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

5  まとめ

今回紹介したモデルは、全体的に暗い印象があり、日本の森林なんかでも効果がありそうです。

ましてや距離が離れると、本当に肉眼で発見するのは難しそうですね。

サバゲーはともかく、実際の狩猟のように目標との距離が必要な場合、有効な迷彩かもしれません。

暗い迷彩なので、シティユースではアレンジがは難しいですね。

 

今回は、ブルガリアの暗い迷彩服を紹介しました。

次回は、同盟国を平気で裏切り、あろうことか宣戦布告をした国の装備を紹介します。お楽しみに!

✳︎        ✳︎         ✳︎

気象庁の天気図を観ると、いよいよ梅雨前線が本州の南海上にのびてきましたね。

私の住んでる地方も梅雨入り間近です。

鬱陶しいですが、恵の雨でもありますので邪険にはできませんね。

ただ、エルニーニョの動向によっては、天候不純な夏になる恐れもあります。

注意しましょう。

 

読んでいただき、ありがとうございました。