いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーグッズのブログです。集めたミリタリーグッズを豊富な写真でゆっくり公開中!初心者コレクターの疑問点を解消します!

珍しい迷彩です!【旧チェコスロバキアの軍服】陸軍迷彩トラウザーズ(Vz60・サラマンダー迷彩)とは? 0085 🇨🇿 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210928220447p:plain

今回は、1960年代の旧チェコスロバキア軍迷彩トラウザーズを分析します。

以前紹介したジャケットの続きですね。

ジャケットもインパクトありましたが、パンツも同様のインパクトがありますよ!

今回もデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  旧チェコスロバキア陸軍迷彩トラウザーズ(Vz60・サラマンダー迷彩)とは?

以前紹介したジャケットは、かなり手の込んだもので、もしかしたら空挺用かな?

…とも思えるものでした。

 

旧チェコスロバキア軍の迷彩ジャケットの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回のトラウザーズも気合いが入っていますが、ジャケットほどではないので一般用なのかもしれませんね。

 

さてさて、それはどんなトラウザーズなのでしょうか?

 

今回も旧チェコスロバキア軍装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面
f:id:akmuzifal6489:20190623161944j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190623161916j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190623161952j:image

 

背面裏側  

右臀部に手書きで「2A」と記入されています。
f:id:akmuzifal6489:20190623162245j:image

 

 

右側面  
今回のトラウザーズは、ジャケットより各色の色調が濃いですね。 1960年代旧チェコスロバキア軍迷彩トラウザーズ右側面

 

左側面

1960年代旧チェコスロバキア軍迷彩トラウザーズ左側面

 

各種スタンプ(もしかしたらステンシルかも)
1961年度契約品です。
交差した剣のマークがチェコスロバキア軍のマークですね。
f:id:akmuzifal6489:20190623162042j:image

 

前面裏側のポケット生地
濃いカーキのヘリンボーン生地でとても丈夫です。
f:id:akmuzifal6489:20190623162018j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190623162025j:image

 

ウエスト用のボタンは2個使用
サスペンダー用のボタンも見えます。
ベルトループもありますね。
なんて贅沢な装備でしょう!
f:id:akmuzifal6489:20190623162048j:image

 

スラッシュポケットはフラップ付き。
ボタンで開閉。
f:id:akmuzifal6489:20190623161935j:image

 

背面アップ  
臀部のフラップ、プリーツ付きパッチポケット
f:id:akmuzifal6489:20190623161931j:image

 

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190623161948j:image

 

股間には補強生地が。
f:id:akmuzifal6489:20190623162054j:image

 

膝にも補強生地が縫製されています。
裁断がカッコいい!
f:id:akmuzifal6489:20190623162013j:image

 

裾は絞ってあります。
ロングなブーツ装備の軍隊にはよく見られる処理ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190623162031j:image

 

細く絞ってあるので、履きにくさを軽減するためスリットがついています。
縁はオリーブ色のヘリンボーン生地で補強。
テープで調整。
f:id:akmuzifal6489:20190623161921j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩のパターンと色調は、ジャケットと同じです。

 

何回見ても、衝撃的ですね。

(上下を着て街を歩きたい衝動に駆られます。)

 

生地はジャケット同様厚い生地で、風に強そうですよ。

 

デザインは、腰にスラッシュポケット×2、臀部にパッチポケット×2があって、全体的に足首にかけて次第に細くなっています。

 

これは、長い革製のブーツを履く場合に便利ですね。

 

反面、裾が細いと履きにくくなるので、裾にはスリットがはいっています。

 

これで、ふくらはぎが太い人でも履けそうですよ。

 

ジャケット同様、補強布が縫製されていて、造りは頑丈です!

4  製造とサイズのデータです!

製造年・契約年度 1961年

製造場所     旧チェコ
          スロバキア

契約会社     旧チェコ
          スロバキア

製造会社      〃

材  質     コットン

表記サイズ    2A

各部のサイズ(平置)

        着丈 約110cm

      ウエスト 約44cm

        股下 約81cm

        股上 約33cm

        裾幅 約17cm

状  態    デッドストック

官民区分    官給品

入手場所    東京

入手難易度   3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

このパンツは、東京恵比寿の輸入衣料品を取り扱っているSHOPで購入しました。

 

研修で東京へ行ったのですが、土日にぶらぶら恵比寿を歩いていると、なんか気になる店を発見したの入ってみました。

 

小ざっぱりとして明るい店内は、ミリタリーの「ミ」の字も感じないくらい洗練されていて、店内に入った瞬間激しく後悔しましたね。😅

 

なんと、そこは女性を対象としたお店だったのです!

 

気を取り直して、店内にあるステキな女性服を「奥さんのために選んでいる」ようなフリをして見回りました。

 

ところが、その中の一点に目が釘付けになりました。

 

それが今回のトラウザーズでした。

 

それまで、同迷彩のジャケットは辛うじてコレクションしていたものの、トラウザーズは品薄で入手できていませんでした。

 

サイズはやや大きかったのですが、手にとって見た感じ履けないサイズではなかったので即買いしました。

 

値段は、平均的なミリタリーショップの1/5くらいでしたよ。

 

おそらく仕入係や店長(女性)さんは、これが何かわからなかったのでしょうね。

 

でも何故そんなお店に、この迷彩パンツのみあったのでしょう?

 

今でも不思議です。

 

それはともかく、この迷彩服に限らず上下で同じ迷彩の場合、明らかにトラウザースの方が数が減っている場合が多いですね。

 

膝をついたり、座ったり、あるいは木に引っ掛けたりして消耗していくのでしょう。

 

今回のトラウザーズも、絶滅危惧種です。

 

発見したら取り敢えず保護してあげましょう!

 

今回は、希少な旧チェコスロバキア軍の迷彩トラウザーズを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20221203更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他のチェコスロバキア装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

  ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【中古】◆実物 チェコスロバキア軍 OTAVAN社 トレンチコート オリーブ ♪ヴィンテージ ミリタリー 軍物 放出品 警備隊 ユーロ

 


60's チェコスロバキア軍 キルティングライナーパンツ W34 60s 60年代 チェコ キルティング ライナー 【古着】 【ヴィンテージ】 【中古】 【メンズ店】

 


60's チェコスロバキア軍 M60ライナージャケット 60年代 60s EURO ユーロ カーキ 【古着】 【ヴィンテージ】 【中古】 【メンズ店】

 

スポンサーリンク

Evening Falls

Evening Falls

  • エンヤ
  • ニューエイジ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes