いつだってミリタリアン!

謎の多い軍装品に関して細部を知りたくないですか?このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。上級コレクターのみならず、これからコレクションを始める初心者の方も必見です。

アメリカの軍服 陸軍空挺ジャケットとは? 0094 USA

こんにちは!

今回は、第二次大戦中にアメリカ軍が装備した、空挺ジャケットを分析します。

近年日本のレプリカブームに乗って、アメリカで製作されたものです。

アメリカ製ですが(?)とてもよくできていますよ。

   目次

1  アメリカの軍服  陸軍空挺ジャケットとは?

第二次大戦でアメリカ軍は、いくつかの画期的な戦闘被服を開発しました。

各兵科で使用できるM41、M43フィールドジャケット、戦車兵用の「タンカース」ことウインターコンバットジャケット、そして今回の空挺ジャケットです。

空挺ジャケットは、空挺専用装備で他兵科に支給されることはありませんでした。

どんなジャケットだったのでしょうか?

早速確認していきましょう! 

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面  高い襟、容量の大きいポケット、大きな面積のポケットフラップ、ベルト等々、なんかエレガントです。

ジャングルファーティーグの原型というのもうなづけます。

f:id:akmuzifal6489:20190701130751j:image

 

このジャケットが開発された当時は、カーキが戦闘被服の主要なカラーでした。

f:id:akmuzifal6489:20190701130759j:image

 

前面裏側  やはりアメリカ軍被服は、内ポケットがないですね。
f:id:akmuzifal6489:20190701130753j:image

 

背面裏側  各種プリーツのための布が目立ちます。
f:id:akmuzifal6489:20190701130902j:image

 

前合わせは、ジッパーとベルトです。ジッパーは勿論あなたの「YKK」

襟元のみダットファスナーあり。
f:id:akmuzifal6489:20190701130805j:image

 

襟元は2ダットファスナーで開閉  その下にある細いポケットは?
f:id:akmuzifal6489:20190701130853j:image

 

左右両側からジッパーで開けられます。

ここは空挺ナイフを入れる「ナイフポケット」
f:id:akmuzifal6489:20190701130845j:image

 

胸ポケット  2個のダットファスナーで開閉  容量に応じて二段階に調整可能!
f:id:akmuzifal6489:20190701130815j:imagef:id:akmuzifal6489:20190701130856j:image

 

腰ポケットも同様です。
f:id:akmuzifal6489:20190701130818j:imagef:id:akmuzifal6489:20190701130823j:image

 

エポレット   ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190701130859j:image

 

袖口 2個のダットファスナーで開閉  ボタンを使用しないのは、パラシュートのラインが引っ掛かるから。
f:id:akmuzifal6489:20190701130833j:imagef:id:akmuzifal6489:20190701130803j:image

 

ベルトは背面でテープを用いて縫い付けられています。使わないときに不便?
f:id:akmuzifal6489:20190701130836j:image

 

背面中央上部のプリーツ
f:id:akmuzifal6489:20190701130808j:image

 

背面中央下部のプリーツ
f:id:akmuzifal6489:20190701130828j:image

 

左右にもアクションプリーツあり。プリーツだらけです。
f:id:akmuzifal6489:20190701130842j:image

 

脇には4個の通気孔  縁は刺繍です。
f:id:akmuzifal6489:20190701130825j:image

 

タグ    悪意が無いですね。できれば材質も当時の物で再現して欲しかったです。
f:id:akmuzifal6489:20190701130756j:image

 

背面裏側のプリーツ用布  ここまで必要だったのでしょうか?

生地が勿体無いような。
f:id:akmuzifal6489:20190701130811j:imagef:id:akmuzifal6489:20190701130840j:image

 

袖口裏側
f:id:akmuzifal6489:20190701130830j:image

 

左右胸ポケットフラップ上部にはスリットが。
f:id:akmuzifal6489:20190701130821j:image

 

中にはペン差し付き。
f:id:akmuzifal6489:20190701130851j:image

 

ベルトのバックル
f:id:akmuzifal6489:20190701130848j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  ジャケットの特徴とは?

まず生地ですが、カラーがカーキ系で、同年代に開発されたM41、タンカースなどと共通しています。

官給品のカラーをよく再現していると言っても良いのでは?

この色、場所によってはかなり目立ちますよね。

後に装備全般のカラーがODに変更されたのは当然なのかもしれません。

空挺の装備らしくボタンは皆無で、ジッパー 、ダットファスナーが多用されていますよ。

面白いのは、正面襟下に左右からジッパーで開く、小さくて細長いポケットが設けられているところです。

これは、スイッチブレードの空挺ナイフを入れるポケットです。

(ここにナイフを入れてパラシュート降下したら危ないのでは?)

また、各所にプリーツが設けられて、動きやすくなっています。

しかし、少々過剰な感じもします。

ベルトが標準装備で、しかも縫い付けてあるのは評価が分かれるところですね。

デザインは、後のジャングルファーティーグにも継承されました。

ジャングルファーティーグの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

4  製造、サイズのデータ

 ・製造年又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                      アメリカ

 ・契約会社                      アメリカ

 ・製造会社                            〃

 ・材質                              コットン

 ・表記サイズ                   42

 ・各部のサイズ(平置) 

                                     着丈  約81センチ

                                     肩幅  約50センチ

                                     身幅  約56センチ

                                     袖丈  約61センチ                             

 ・状態                         中古極上品

 ・官民区分                  官給品

 ・入手場所                  ヤフオク

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

一説によりますと、映画「史上最大の作戦」では、アメリカ軍空挺部隊役用の空挺ジャケット(大戦中の生き残り)が人数分+αの準備できなかったらしいですね。

仕方なく衣装の空挺ジャケットを制作したのですが、生地の色を間違えてODで制作、撮影してしまいました。(これがハリウッドスタンダード?)

そのため、映画のアドバイザーである当時の兵士からクレームが付き、苦肉の策で映画をモノクロで上映したとの噂があります。

(カラー版もあるそうですよ。これは如実に色の違いがわかるそうです。)

イギリス軍の空挺部隊役が、殆ど全員が当時のデニソンスモックを着用していたのとは大違いで面白いですね。

この当時のハリウッド戦争映画は、兵士の設定や服装はかなりいい加減で、時々大笑いすることがあります。

昔は、それでOKだったのですね。

確認できている範囲では、映画「プライベートライアン」は日本製(?)のモデル品を多用したので、概ね正確な被服を着用していた気がします。

当時の官給品で程度の良いものはとても高価です。

余程のマニアさん以外は手を出さない方が無難でしょう。

生地がカーキなので、当時を再現(ヒストリカルゲーム)するならいざ知らず、普段使うには少々合わせづらいカラーですね。

かつて日本製のモデル品で、ODやブラックが発売されていました。

今でも入手可能かどうかはわかりませんが、普段使いにはこちらの色が良いようです。

後輩の奥さんが、ブラックの空挺ジャケットを着てましたが、軍装品とは思えないほどエレガントな雰囲気を醸し出していましたよ。

ブラックは女性にもおすすめですね。

 

今回は、アメリカ軍が、第二次大戦中に装備した空挺服を分析しました。

次回は、いよいよアメリカ軍の最新迷彩服を分析します。お楽しみに!

     ✳︎              ✳︎               ✳︎

出張で徳島県に行ってきました。

思っていた以上に早く仕事が終わったので、かねてより行ってみたかった阿南市那賀川町中島へ足を運びました。

町名の由来ともなった那賀川(河川)は徳島県で二番目に大きい河なんですね。

JR中島駅(めちゃローカル!)を降りて南へ7分ほど歩くと、那賀川の土手に出ます。

土手を上がると橋が見えます。

いくつか橋があるのですが、下流から2本目の橋は、JR牟岐線用の鉄橋になっています。

(両脇に歩道あり)

この鉄橋は、ある痕跡が残されていることで、ミリタリーマニアには有名なんですよ。

それが以下の写真です。

何の痕跡かわかりますか?

f:id:akmuzifal6489:20190703222235j:image

f:id:akmuzifal6489:20190703222347j:image

f:id:akmuzifal6489:20190703222532j:image
f:id:akmuzifal6489:20190703222524j:image

f:id:akmuzifal6489:20190703222507j:image
f:id:akmuzifal6489:20190703222514j:image
f:id:akmuzifal6489:20190703222521j:image
f:id:akmuzifal6489:20190703222517j:image
f:id:akmuzifal6489:20190703222511j:image

じつは、太平洋戦争末期に、ここで悲劇が起こりました。

アメリカ空母艦載機による列車襲撃です。

これらは、その時のグラマンF-6Fによる機銃掃射の跡(弾痕)なんですね。

今も補修されることなく、ただ静かに惨状を訴えています。

襲撃の詳細は、下の写真をご覧ください。(鉄橋近くの慰霊碑)

f:id:akmuzifal6489:20190704163750j:image

犠牲者が三十余名となってるのは、激しい銃撃で犠牲者が原型をとどめないくらい、バラバラにされたからだと言われています。

鉄骨ですら穴を開けるくらいです。人に当たったら大変なことになりますよね。

ましてや機銃です。

(2機なので合計12丁)

バレット一丁でも凄いのに、12丁から同じような所に何発も12.7ミリ弾丸が飛んでくるのです。

想像を絶する光景だったでしょう。

列車は兵士や軍事物資を積んでいたのでしょうか?

橋や列車は確かに軍事目標です。

でも、ここまでする必要が本当にあったのでしょうか?

田舎で、のんびりしとした雰囲気の那賀川町中島。

今では想像もできません。

f:id:akmuzifal6489:20190703222457j:image
f:id:akmuzifal6489:20190703222503j:image

我々は、決して忘れてはいけないことがあります。

それは、昔日本は戦場だったということです。

犠牲者の冥福を心からお祈りします。

f:id:akmuzifal6489:20190704063700j:image

読んでいただき、ありがとうございました。