いつだってミリタリアン!

謎の多い軍装品に関して細部を知りたくないですか?このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。上級コレクターのみならず、これからコレクションを始める初心者の方も必見です。

イギリスの軍服 空軍MK-3フライトジャケットとは?0097 UK

こんにちは!

今回は、   イギリス軍のフライトジャケットを分析します。

材質やデザインのマイナーチェンジを繰り返し、現在も使用されている息の長いジャケットですよ。

   目次

1  イギリスの軍服  空軍MK–3フライトジャケットとは?

第一次大戦から独立した空軍を保持していたイギリス軍は、航空装備も独特の進化を遂げています。

残念ながら戦後開発した航空機は、いわゆるポンコツが殆どで、ジェットエンジン以外は、早々に航空先進国の地位から脱落しましたが、搭乗員の装備はなかなか優秀ですよ。

今回のモデルは、MK–3という、防寒ジャケットの3番目に開発されたフライトジャケットです。

(他にも数種類あるようです。)

日本では、フライトジャケット=アメリカ系という認識が浸透しているので、とても新鮮に感じるジャケットです。

どんなジャケットでしょうか?早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面    着丈が短いですね。

f:id:akmuzifal6489:20190706194826j:image

 

背面  シェルはオリーブグレイ
f:id:akmuzifal6489:20190706194839j:image

 

前面裏側  ライニングはODです。  内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190706194816j:image

 

背面裏側  オリーブグレイのホームベース型の物は?
f:id:akmuzifal6489:20190706194829j:image

 

前合わせは、ジッパーとボタン
f:id:akmuzifal6489:20190706194853j:image

 

大きな襟はスタンドカラーになりますが、付け根は三角形の隙間が…。風が吹き込むのでは?
f:id:akmuzifal6489:20190706194900j:image

 

エポレット   マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190706194813j:imagef:id:akmuzifal6489:20190706194747j:image

 

左袖のペンケース  何故かスポンジらしきものが内蔵されています。

(フライトスーツなんかもそうですよね。)
f:id:akmuzifal6489:20190706194730j:image

 

ポケットは胸に二つだけ。
f:id:akmuzifal6489:20190706194842j:image

 

前面のDリング 用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190706194836j:image

 

ボタンは小さいカナディアンタイプ
f:id:akmuzifal6489:20190706194744j:image

 

ジッパーは「YKK」
f:id:akmuzifal6489:20190706194727j:imagef:id:akmuzifal6489:20190706194807j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190706194732j:image

 

先ほどのホームベースには長いテープが。(マジックテープ付)
f:id:akmuzifal6489:20190706194755j:image

 

ホームベースは三箇所のマジックテープで背面にくっついています。
f:id:akmuzifal6489:20190706194845j:imagef:id:akmuzifal6489:20190706194810j:image

 

テープは裏側にもマジックテープが。
f:id:akmuzifal6489:20190706194802j:image

 

前面裏側下部には、細いループが縫い付けられています。

前のオーナーは、裾のドローコードを縫い付けています。相当邪魔だったのでしょうね。
f:id:akmuzifal6489:20190706194819j:image

 

前面裏側下部のループに通して、デニソンスモックのテイルピースの様に使用します。

(日本の褌みたいな感じですね。)

f:id:akmuzifal6489:20190706194904j:image

 

袖はマジックテープで調整
f:id:akmuzifal6489:20190706194856j:image

 

襟は二枚合わせでマジックテープで開閉  用途は?  中はグレイの不織布です。
f:id:akmuzifal6489:20190706194804j:image

 

うなじ付近には、ループが二本  用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190706194823j:image

 

襟はチンストラップあり。  普段はループに差し込んでおきます。
f:id:akmuzifal6489:20190706194759j:image

 

襟裏にはジッパーが。ここはもしや…
f:id:akmuzifal6489:20190706194741j:image

 

案の定フードが内蔵されていました。

インナーには化繊の白いメッシュが!保温と通気性確保でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190706194847j:image

 

フードはOD  シェルとの色調差は、これで良いのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190706194850j:image

 

フードは前面でボタン留め。
f:id:akmuzifal6489:20190706194738j:image

 

フードのドローコードロック 背中にあっても違和感を感じにくいデザインです。

今ひとつ使い方がよくわかりません。
f:id:akmuzifal6489:20190706194833j:imagef:id:akmuzifal6489:20190706194751j:image

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず、アメリカ製の各種フライトジャケットによく見られる、襟、袖、 裾のニットがありません。

全く違うコンセプトの基に作られているのですね。

全体的なデザインは、第二次大戦中のドイツ戦車兵用ジャケット又は現代も残っているライダースジャケットの雰囲気があります。

着た感じは、アメリカ軍のM41フィールドジャケットくらいの短いイメージです。

(やはり袖が長い!)

最も特徴的なのは、デニソンスモックに通じるテイルピースが装備されいることですね。

他国では見られない装備ですよ。

やはり裾のバタつき防止でしょうか?

生地は緻密に織られたコットン製で、陸軍の極地用スモックと似ています。

スモックは「ギャバジン」という名称でしたが、現在では「ベンタイル」という名称で呼ばれているようですね。

(同じものでしょうか?)

着丈が短いのは、動きやすさを考慮したのだと思います。

寒候期は、フライトオーバーオールなんかを着用するため無問題なんですね。
 

4  製造、サイズのデータ

 ・製造年又は契約年度     2005年

 ・製造場所                       イギリス

 ・契約会社                       イギリス

 ・製造会社                             〃

 ・材質                              コットン(推定)

 ・表記サイズ                   5

 ・各部のサイズ(平置) 

                                     着丈  約63センチ

                                     肩幅  約48センチ

                                     身幅  約60センチ

                                     袖丈  約59センチ                             

 ・状態                         中古極上品

 ・官民区分                  官給品

 ・入手場所                  ヤフオク

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

タグの品名は「コールドウェザージャケット」になっています。

でも、外観、着用感もそんな感じではないですね。

冬になったら防寒性能を試してみます。

このジャケットは、そのデザインやサイズ感から、ライダースジャケットとして使用するのが良いかもしれませんね。

(中にプロテクターを着込む場合は、サイズに注意です。)

市中では、今回のモデル系ジャケットを着ている人は、一度も見かけたことがありません。

レアなジャケットなのでしょうか?

でもネットオークションでは、定期的に出品されていますよ。

シェルのカラーや生地の種類、デザインには、いくつかバリエーションあるようです。

実用として購入する場合は、用途を考えるのと、サイズに注意しましょう。

 

今回は、イギリス軍のフライトジャケットを分析しました。

次回は、アメリカ軍がベトナム戦争中に採用した迷彩服を分析します。お楽しみに!

           ✳︎               ✳︎              ✳︎

富山の動物園で、日本ライチョウが自然孵化して、現在7羽の雛が育っているようですね。

雛も親鳥も、めちゃ可愛いですね💕

数が激減していると言われている日本ライチョウ。

飼育方法を情報共有して、これから増えていって欲しいです。

(生態系に影響のない範囲で)

北アルプスで何回か見かけましたが、想像より小さかったので意外でした。

天気が悪い時によく鳴いてましたよ。

日本の鳥類や野生動物って本当に可愛いですね。

いつか、みんなと友達になりたいです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。