いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

旧ローデシアの軍服 陸軍迷彩トラウザースとは? 0108 Rhodesia

こんにちは!

今回は、またまたローデシア軍ものです。

モデル品ですが、傑作ですよ!

   目次

1  旧ローデシアの軍服 陸軍迷彩トラウザースとは?

世界中で大人気のローデシア迷彩服ですが、トラウザースは程度の良いものが本当に少ないですね。

どうしても戦闘中は、膝をついたり、地べたに座ったりするので、シャツやスモックよりも消耗が激しいのは、仕方のないところです。

現在でもネットオークションにいくつか出品されていますが、程度が今ひとつの上に、出品価格が高額なので誰も入札しない(できない?)状況です

そんな中、今回のモデルを偶然入手しました。

ネットオークションで、しかもとても安価にです。

果たして送られてきたものは、ローデシア軍官給品と見間違うほどよく出来たモデル品でした。

どんな感じでしょうか?

早速確認していきましょう!

2  トラウザースの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190710133237j:image

 

背面  迷彩パターンもよく再現されています。
f:id:akmuzifal6489:20190710133240j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190710133242j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190710133235j:image

 

ウエスト前面  
f:id:akmuzifal6489:20190710133244j:image

 

サイズタグ  サイズ表記も良心的です。
f:id:akmuzifal6489:20190710133229j:image

 

ベルトループとサイド調整タブ  

バックル(金具)まで官給品そっくりです。

迷彩パターンは、重なり合っている部分が官給品とちょっと違います。
f:id:akmuzifal6489:20190710133248j:image

 

腰前面スラッシュポケットの別生地も再現!
f:id:akmuzifal6489:20190710133232j:image

 

販売しているSHOPのスタンプ  良心的です。さすがですね。
f:id:akmuzifal6489:20190710133226j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴です。

かなりローデシア軍官給品をリスペクトし、研究して造っているという印象があります。

ローデシア軍迷彩トラウザースの過去記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

迷彩の色調は、ダークイエローが若干グリーンがかっているのが気になるところですが、全般的にはよく再現していると思います。

また販売SHOPのスタンプがあるのは、良心的ですね。

(海外には、日本製の精密なモデル品のタグを外し、官給品だと誤魔化して高値で販売していることが多いですよね。)

生地も、官給品にそっくりです。

以前H社から発売されていたモデルとは大違いですね。

4  製造とサイズのデータ 

 ・製造又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                   日本(推定)

 ・契約会社                   国内会社

 ・製造会社                         〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                L

 ・各部のサイズ(平置)  

                                     着丈  約112センチ

                              ウエスト  約42センチ

                                     股下  約79センチ

                                     股上  約32センチ

                                     裾幅  約25センチ                            

 ・状態                         中古極上品

 ・官民区分                  民生品

 ・入手場所                  ヤフオク

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

よく出来たモデル品は、遠慮なく着用することができて嬉しいですね。

どうやら、シャツやキャップも発売されているようです。

全種揃えたい衝動にかられました。

一見、迷彩らしくないパターンから、シティユースも問題なさそうです。

勿論サバイバルゲームやコスプレ(ヒストリカルゲーム)には、思いっきり使用できますよ。

できればチェストリグとFALで決めたいところです。

このレベルでモデル品をもっと造ってもらえると助かりますね。

(スモックなんかも造って欲しいところです。)

官給品を着て歩きたいけど、二の足を踏んでるローデシア迷彩ファンにおすすめです。

 

今回は、高品質なローデシア軍のモデル品迷彩服を分析しました。

次回は、モデル品つながりで、アメリカ軍の珍しいジャケットを分析します。

お楽しみに!

          ✳︎              ✳︎              ✳︎

気象庁のエルニーニョ監視速報(No.322  7月10日発表)によると、懸念されてたエルニーニョは終息したようですね。

この夏から秋にかけては、エルニーニョでもラニーニャでもない、平常の状態が続く確率が高いそうです。

通常エルニーニョが終息しても、日本付近に影響がでてくるのは数ヶ月先の場合が多いので、やはり今年の夏は少々不順かもしれませんね。

次は、いつラニーニャが始まるか…が心配です。

…というわけで、今年の冬は冬らしい冬になるのでしょうか?

ラニーニャが始まるタイミングによっては、一昨年のように場所によっては大雪になるかもしれませんね。

いずれにしても、冬は昨年より寒くなりそうです。

今後の天気予報に注意するとともに、今のうちに軍用ストーブを入手しておきましょうね。(何でやねん!)

 

読んでいただき、ありがとうございました。