いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

イギリスの軍服 防寒フリースジャケット(その3・DPM)0119 🇬🇧

こんにちは!

今回は、イギリス軍の防寒迷彩服を分析します。

ここまでDPMにこだわる昔のイギリス軍って、むしろ好きかもです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  イギリスの軍服  防寒フリースジャケット(その3・DPM)とは?

以前、イギリス軍の防寒フリースジャケットを分析しました。

防寒フリースジャケット(その1)と(その2)の記事はこちらです。

⬇︎

www.military-spec-an.com

今回のモデルは、(その1)の初期型ともいうべきフリースジャケットのDPM迷彩版です。

でも、迷彩は新型防寒フリースジャケットには採用されていません。

勿論、最新のフリースジャケットにも採用されていないのです。

ある意味貴重な装備かもしれませんね。

概ね想像はつくかと思われますが、念のために確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190718195314j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190718195311j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190718195331j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190718195317j:image

 

タグ   今回は付いていました。
f:id:akmuzifal6489:20190718195345j:image

 

前回と同様のタグ
f:id:akmuzifal6489:20190718195325j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190718195333j:imagef:id:akmuzifal6489:20190718195336j:image

 

袖のニットのスリット
f:id:akmuzifal6489:20190718195338j:image

 

ジッパー差込口
f:id:akmuzifal6489:20190718195342j:image

 

ジッパースライダー   「YKK」に変更(?)されていました。心なしか、動きがスムーズな気がします。
f:id:akmuzifal6489:20190718195329j:image

 

裾のドローコードとロック
f:id:akmuzifal6489:20190718195322j:image

スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

3  その特徴とは?

デザインは、「その1」のジャケットと同じです。

フリース生地には丁寧にDPMがプリントされています。

なんと裏側も表側と同じパターンです。

どうやってプリントしたのっでしょうか?見当もつきません。

簡単にできるものなのでしょうか?

これで、より迷彩効果のあるフリースジャケットになりました。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                   イギリス

 ・契約会社                   イギリス

 ・製造会社                        〃

 ・材質                           ポリエステル

 ・表記サイズ                170/96

 ・各部のサイズ(平置) 

                                     着丈  約71センチ

                                     肩幅  約50センチ

                                     身幅  約57センチ

                                     袖丈  約63センチ                             

 ・状態                         中古良品

 ・官民区分                  官給品

 ・入手方法                  ヤフオク

スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

5  まとめ

 元々単体で着用可能なこのジャケット(ライナー)。

これで、演習場等の屋外でも気兼ねなく着用できるようになりました。

自衛隊でも、演習期間中は「迷彩服でなきゃダメ!」という時代がありました。

(今もそうでしょうか?)

そういった場面でも、さっと羽織れて便利ですね。

でも、新型(その2)フリースジャケットには、DPMがありません。

最新型のMTP用のフリースもありませんでした。

(MTPのプリントは再現が難しいかも。)

迷彩はコストがかかるのでしょうか?

今からでも遅くはないので、万難を排しMTPをフリース化してほしいですね。

イギリス軍最新迷彩服MTPの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

ところでミリタリー業界は、今冬物が安いですよ。

自分のサイズを見つけて、購入しましょう。

いつ買うの?…「今でしょ!」(古い!)

 

今回は、世界でも珍しいイギリス軍の迷彩防寒フリースジャケットを分析しました。

次回は、ベルギーの試作品と思われる迷彩ジャケットを分析します。

お楽しみに!

          ✳︎            ✳︎           ✳︎

出張で、鳥取市に行ってきました。

なんでもお祭り(しゃんしゃん祭?)が近いとか…。

街はお祭りムード一色でしたよ。

そんな中、美味しいと評判の「生食パン」の店に行ってきました。

f:id:akmuzifal6489:20190728092652j:image
f:id:akmuzifal6489:20190728092654j:image

「乃が美」さんです。泊まったホテルの近くにありました。

一斤(?)を購入しました。

帰りの電車の中でいただきましたが、本当に美味しかったです。

柔らかくて、でもしっかりしてて、食べ応えがありましたよ。

ソフト系パン好きの方にはおすすめです。

(もっと買えば良かったと、ちょっと後悔してます。)

みなさんも、鳥取市に行くことがあったらお土産にどうぞ!

(予約無しでも購入できます。開店間際が狙い目ですよ。)

 

読んでいただき、ありがとうございました。