いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服…ではないですが、M65フィールドジャケット(迷彩服2型風)とは? 0130 🇯🇵

こんにちは!

今回のモデルは、迷彩服2型風生地を用いて作られたアメリカ軍M65フィールドジャケットを分析します。

勿論モデル品です。

それなりに人気があったのですが、今は販売されていないようですね?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  M65フィールドジャケット(迷彩服2型風)とは?

今回のモデルは、1990年代に東京のミリタリーショップが開発したモデル品です。

このモデルが発売された当時、陸上自衛隊迷彩服2型の防寒外被は入手困難でした。

(そもそも支給され始めたばかりで、廃品は少なかったようです。)

陸上自衛隊迷彩防寒外被の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

そのため、画期的な迷彩服2型生地を用いたサバイバルゲーム用防寒着が欲しい!…というサバイバルゲーマーの強く熱い要望で開発されたと言われています。

実際には存在しないアイテムですが、忠実にM65を再現できていますよ。

また迷彩生地も、雰囲気はあります。

どんなジャケットでしょうか?

早速確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面  色調がなんとなく防寒外被っぽいですね。

f:id:akmuzifal6489:20190805165541j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190805165515j:image

 

前面裏側  ライニングのカラーが官給品のM65のようです。
f:id:akmuzifal6489:20190805165605j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190805165603j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20190805165531j:image

 

タグは紛失していました。
f:id:akmuzifal6489:20190805165612j:image

 

エポレットは先端がクサビ型
f:id:akmuzifal6489:20190805165608j:image

 

胸ポケット  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190805165600j:imagef:id:akmuzifal6489:20190805165512j:image

 

腰のスラッシュポケットもダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190805165535j:imagef:id:akmuzifal6489:20190805165524j:image

 

ジッパーは我らの「YKK」
f:id:akmuzifal6489:20190805165538j:image

 

襟はオリジナル同様チンストラップでスタンドカラーに。
f:id:akmuzifal6489:20190805165527j:image

 

袖口  マジックテープで調整・開閉
f:id:akmuzifal6489:20190805165519j:imagef:id:akmuzifal6489:20190805165617j:image

 

三角形の折り返しも忠実に再現
f:id:akmuzifal6489:20190805165629j:image

 

アクションプリーツ付きです。
f:id:akmuzifal6489:20190805165553j:image

 

迷彩生地の裏側は、ダークイエローで迷彩は透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190805165556j:image

 

ウエストのドローコード

ちゃんとライナー用のボタンも完備しています。

アメリカ軍M65用が装着できそうですね。
f:id:akmuzifal6489:20190805165640j:image

 

裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190805165548j:image

 

襟裏にはジッパーが。
f:id:akmuzifal6489:20190805165508j:image

 

中には簡易フードが入っていましたが、生地はODでした。残念!
f:id:akmuzifal6489:20190805165620j:imagef:id:akmuzifal6489:20190805165632j:image

 

各マジックテープはブルーグレイ    何故この色?
f:id:akmuzifal6489:20190805165544j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、陸上自衛隊の迷彩服2型に似ています。

しかし細かくパターンを見ていくと別物なのがわかります。

また、色調もベースとなるカーキがサンディブラウンになっていますね。

なんとなく迷彩服2型の秋冬パターンを再現している感じです。

生地はM65より薄いですね。

デザインは、アメリカ軍のM65を忠実にコピーしていますよ。

その機能性から、世界中でコピー品が出回っているM65ですが、おそらくトップクラスの完成度ではないでしょうか?

(部分的に、アメリカ官給品より丁寧な造りになっています。)

日本の製品らしいですね。 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1990年代

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                   日本

 ・製造会社                      〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                不明

 ・各部のサイズ(平置) 

                                   着丈  約78センチ

                                   肩幅  約56センチ

                                   身幅  約66センチ

                                   袖丈  約66センチ                             

 ・状態                       中古並品

 ・官民区分                民生品

 ・入手場所                ヤフオク 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

このジャケットが発売された当時は、まだ陸上自衛隊迷彩防寒外被の全貌が明らかになっていませんでした。

ただ、マニアの間で流れていたのは、「アメリカ軍のM65型に似ている!」という事でした。

これは想像ですが、M65を参考に迷彩服2型生地で防寒外被を作ったらこうなるかも!というメーカーの一種の予想を反映したモデルだったのかもしれませんね。

(実際はさらなる進化を遂げたものでしたが。)

M65フィールドジャケットといえば、採用以来50年以上使用されている傑作戦闘服です。

アメリカ軍M65フィールドジャケットの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

それを迷彩服2型風の生地で作成しているので、必要充分なジャケットと言えます。

元々モデル品なので、現時点では数が減っています。惜しいですね。

個人的には、とても気に入っています。

(何処かにデッドストックもあるのですが…見つけたら写真だけでもアップしておきます。)

 

今回はモデル品M65ながら、現用陸上自衛隊の迷彩風生地を使用した傑作ジャケットを分析しました。

次回は、暑い今だからこそ、北欧の冬季迷彩服を分析します。

皆さん、見た目だけでも少し涼しんでくださいね!

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

この時期は、結婚に適しているのでしょうか?

俳優の速水もこみちさんが女優でタレントの平山あやさんと結婚というニュースを観ました。

世の奥様方は、さぞかしショックでしょう。

美男、美女のお似合いカップルですね。

こちらは「できちゃった婚」ではないそうです。

好感が持てますね。

微笑ましいです。ぜひ幸せになって欲しいですね。

おめでとうございます。㊗️

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしでOKです。)

8月

陸上自衛隊

8/23   陸上自衛隊  

          桂駐屯地夏休み  ちびっ子大会 

8/25   航空自衛隊  

          松島基地航空祭

9月

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭