いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 M65フィールドジャケット(中期型)とは? 0155 🇺🇸

こんにちは!

今回は、アメリカ軍近代フィールドジャケットシリーズの最高傑作(と思われる)フィールドジャケットを分析します。

一番基本的かつ懐かしいOG(オリーブグリーン)のモデルですよ。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服  M65フィールドジャケット(中期型)とは?

朝鮮戦争時代に採用されたM51フィールドジャケットは、M43、M50と続くアメリカ軍近代フィールドジャケットのひとつの完成形でした。

しかし、前線からの要望は尽きることがありません。

「首が寒い」「かじかんだ手で袖のボタンが閉められない。」「腕が動かしにくい」「ライナーが重い」…もう言いたい放題ですね。

その回答が、M65フィールドジャケットでした。

文字通り、ベトナム戦争中の採用です。

今回のモデルは、最初期型(エポレットなし、袖マチ付、アルミジッパー)、初期型(エポレット復活)に続く、通称「中期型」と呼ばれるものになります。

(以前分析した、ウッドランドM65の一つ前の型になりますよ。)

過去のフィールドジャケットと、どんな違いがあるのでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

やはり襟の形が評価の分かれ目ですね。

f:id:akmuzifal6489:20190902170032j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190902165953j:image

 

前面裏側

袖のライニングがやや薄いカラーになっています。

色違いの部品を使用するのは、アメリカ軍の常識?
f:id:akmuzifal6489:20190902170709j:image

 

背面裏側   オフセットしてあるタグに注意
f:id:akmuzifal6489:20190902170027j:image

 

タグ   まだUNISEX(男女共用)のサイズ表記はありません。
f:id:akmuzifal6489:20190902170038j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナーです。

ジッパーは、初期型のアルミからブラスに変更されました。
f:id:akmuzifal6489:20190902170008j:image

 

襟はチンストラップで完全なスタンドカラーになります。

チンストラップは特殊なテープですが、初期側まではシェルの生地で縫われたストラップでした。
f:id:akmuzifal6489:20190902170119j:image

 

エポレットはテーパーなしのクサビタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190902170131j:image

 

胸ポケット  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190902170142j:imagef:id:akmuzifal6489:20190902170004j:image

 

腰ポケット  こちらもダットファスナーで開閉

ポケット口とポケットフラップ内側は、色の薄い別生地で縫製されています。
f:id:akmuzifal6489:20190902170021j:imagef:id:akmuzifal6489:20190902170124j:image

 

ジッパーは「General」製の文字通りゴツいタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190902170113j:image

 

襟裏にはいつものジッパーが。
f:id:akmuzifal6489:20190902170049j:image

 

こちらのジッパーも「General」です。
f:id:akmuzifal6489:20190902170138j:image

 

ジッパーを開けると、簡易フードが内蔵されていました

ものの本によると、「簡易フードは、襟に収納される」とあります。

ですが実際にフードを襟に収納すると襟がパンパンになって見苦しいです。

そのため普通は、フードを折りたたんで背中に格納します。
f:id:akmuzifal6489:20190902170100j:imagef:id:akmuzifal6489:20190902170016j:image

 

簡易フードのつなぎ目は、伸縮性を持った生地です。
f:id:akmuzifal6489:20190902170045j:image

 

背中にはアクションプリーツがあります。これもM65から採用されました。
f:id:akmuzifal6489:20190902170054j:image

 

ライニングはコットンポプリンです。

裾のドローコードが欠品でした。
f:id:akmuzifal6489:20190902170105j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

M51からの大きな変更点は、襟と袖です。

M65では、スタンドカラーにした時に、完全に首を囲えるようなデザインになりました。

逆に襟を開襟にすると、左右非対称で形の悪い襟になってしまいましたね。

また襟には内側に簡易フードが装備され、フードを取り出すためのジッパーが追加されました。

袖はボタンからマジックテープに変更、マチも最初期型から初期型までは残っていましたが、中期型からは省略されています。

そして袖口には、例の三角形生地(手甲?)が追加されています。

細かい所では、シェルのカラーがOD(オリーブドラブ)からOGに変更されています。

また写真は準備していませんが、ウール製だった専用ライナーが、ポリエステルとナイロン製に変更されました。これで、ライナー装着時の大幅な軽量化が果たせています。

軽量化といえば、この中期型からシェルがコットンとナイロンの混紡になり、若干の軽量化が図られていますよ。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1977年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ナイロン

 ・表記サイズ                M–R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約81センチ

                                    肩幅  約52センチ

                                    身幅  約62センチ

                                    袖丈  約63センチ                                          

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 愛媛県の専門店

5  まとめ

M51からM65への改造で、それまで通常型衣料の延長線上にあったフィールドジャケットが、一気に戦闘と防寒に特化したものに変更されました。

私より先輩の皆様は、一様にアメリカ軍フィールドジャケットの頂点をM51に置いていますね。

おそらくエレガントな外観(特に襟のデザイン)がお気に入りなのでしょう。

アメリカ軍M51フィールドジャケットの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

一方私の年齢以下のマニアは、戦闘服としての機能を評価している人が多いようです。

特にスタンドカラー時のカッコ良さ、防寒性能の高さは、それまでのフィールドジャケットを凌駕していると思うのですが…。

皆さんは如何でしょうか?

M65はこの中期型で、シェルのカラーをウッドランドに変更(一部民生品でブラウンリーフ迷彩もあり。)されます。

その後、ジッパーをYKKのプラスティックに変更されました。

YKKジッパーのウッドランド迷彩M65フィールドジャケットの記事はこちらです。

⬇︎ 

www.military-spec-an.com 

その後もM65は、新たな進化を遂げるのですが、これはまた後日分析します。

ところで、このブログの一番最初の記事(0000)でも紹介しましたが、このOGM65フィールドジャケットは、よくTVドラマにも使用されていますね。

一番最初の記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

また、アメリカのベトナム戦争を扱った映画には欠かせないアイテムになっています。

(ランボー、フォレスト・ガンプ、タクシードライバー等々)

ぜひ俳優さんの着こなしをチェックしてみてください。

 

今回は、代表的なアメリカ軍のフィールドジャケットを分析しました。

次回も、アメリカ軍のフィールドジャケットを分析します。

お楽しみに!

 

参考:アメリカ軍M43フィールドジャケットの記事はこちらです。⬇︎

参考:アメリカ軍M50フィールドジャケットの記事はこちらです。 

www.military-spec-an.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしで参加できます。)

 

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭(石川県)

      (ブルーインパルス参加予定)

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭(青森県)

9/25   陸上自衛隊

          仙台駐屯地(宮城県)

          東北方面隊創隊59周年記念行事

9/28〜29  広島地本

           広島市外貿埠頭

           練習艦「やまゆき」一般公開

10/6   陸上自衛隊

          伊丹駐屯地 (兵庫県)

          中部方面隊創設59周年記念行事

10/20  航空自衛隊

           浜松基地(静岡県)

           エアフェスタ浜松2019

       (ブルーインパルス参加予定)