いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 陸軍最新M65フィールドジャケット(ACU)とは? 0156 🇺🇸

こんにちは!

今回は、アメリカ陸軍の最新M65フィールドジャケットを分析します。

さすがに、この迷彩も目が慣れてきましたね。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服  陸軍最新M65フィールドジャケット(ACU)とは?

型式どおりなら、1965年から採用され、改良を重ね使用されてきたM65。

これまでは、アメリカ4軍(陸、海、空軍と海兵隊)共通の装備として使用されていました。

しかし現在では、陸軍を除いて採用を見送っています。

(原因はゴアテックス衣料の充実のようです。)

一方陸軍は、それまでのウッドランド迷彩をACUに変更するとともに、各部に改良を加えて現在も使用し続けています。

ウッドランド時代と何が変わったのでしょうか?

早速、確認していきましょう。 

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面  一見シルエットやデザインは大きく変わっていないように見えます。

f:id:akmuzifal6489:20190903185434j:image

 

背面

意外とこの迷彩が似合いますね。
f:id:akmuzifal6489:20190903185340j:image

 

前面裏側

ライニングは、ベース色をグレーに変更
f:id:akmuzifal6489:20190903185335j:image

 

背面裏側

f:id:akmuzifal6489:20190903185353j:image

 

タグ  UNISEX(男女共用)表示がされています。

f:id:akmuzifal6489:20190903185348j:image

 

前合わせは変わらずジッパーとダットファスナーです。

小物パーツが全てグレイですね。
f:id:akmuzifal6489:20190903185445j:image

 

襟はもちろんスタンドカラーに。
f:id:akmuzifal6489:20190903185440j:image

 

なんと、エポレットが廃止されていました!
f:id:akmuzifal6489:20190903185401j:image

 

胸ポケット  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190903185333j:imagef:id:akmuzifal6489:20190903185358j:image

 

腰ポケットも同様です。
f:id:akmuzifal6489:20190903185407j:imagef:id:akmuzifal6489:20190903185432j:image

 

上半身のマジックテープ配置

必要なマジックテープ+αが最初から準備されています。

前身頃中心のマジックテープは階級章用です。

(フランス軍みたいですね。)
f:id:akmuzifal6489:20190903185338j:image

 

袖の三角生地が廃止されました。
f:id:akmuzifal6489:20190903185450j:image

 

袖の大面積マジックテープ

パッチ(ワッペン)を付けるため…だけではなさそうですね。
f:id:akmuzifal6489:20190903185459j:image

 

背中のアクションプリーツは継承
f:id:akmuzifal6489:20190903185415j:image

 

ウエストと裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190903185437j:image

 

襟のジッパーも継承。中には…
f:id:akmuzifal6489:20190903185409j:image

 

勿論簡易フードが。
f:id:akmuzifal6489:20190903185453j:imagef:id:akmuzifal6489:20190903185424j:image

 

フード付け根の伸縮生地も継承
f:id:akmuzifal6489:20190903185418j:image

 

ジッパーはどちらも「YKK」
f:id:akmuzifal6489:20190903185457j:imagef:id:akmuzifal6489:20190903185405j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩生地がウッドランドからACU変更されているのはご覧の通りです。

デザインとしては、初期型から復活していたエポレットが、とうとう廃止されました。

昨今の装備は、各種ベスト類を多用する方向に移ってきていて、エポレットは使用しなくなってきたのですね。

また袖口にあった、手甲と思われる三角布も廃止されました。

元々、存在意味がよくわからなかったですね。

細かいところでは、マジックテープが、前身頃と袖にあらかじめ縫い付けられています。

4  製造とサイズのデータ 

 ・製造又は契約年度    2008年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ナイロン

 ・表記サイズ                M–R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約79センチ

                                    肩幅  約52センチ

                                    身幅  約61センチ

                                    袖丈  約64センチ                                          

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

5  まとめ

それまでグリーン系を基本としてきた装備の色調が、グレイ系に変わりつつあるのは、時代の流れですね。

中年マニアとしては、一抹の寂しさを感じるところです。

ACU迷彩の評価はともかく、よくこの時代までM65が生き残ってくれたなと思いますね。

(できれば、官給品でマルチカムのM65を採用してほしいものです。)

ACU迷彩は、日本のフィールドでの効果は限定的かもしれません。

でも、ここは割り切ってシティユースのみに使用してみてはどうでしょうか?

ボトムとかバッグ等の小物に注意を払ってコーディネートすると、斬新なファッションができそうですね。

(私は普通に着用しますが。)

まず着用する女性はいらっしゃらないと思いますが、アメリカ軍衣料はサイズが沢山準備されているので、根気よく探せばベストサイズに出会えそうですよ。

では今後のACU M65の推移を見守るとともに、海軍、空軍、海兵隊の再採用と、次の陸軍モデルに期待しましょう。

 

今回は、アメリカ陸軍の最新フィールドジャケットを分析しました。

次回は、フランスの防寒着を分析します。お楽しみに!

 

参考:他のACU迷彩装備の記事はこちらです。⬇︎

参考:その他のM65フィールドジャケットの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしで参加できます。)

 

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭(石川県)

      (ブルーインパルス参加予定)

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭(青森県)

9/25   陸上自衛隊

          仙台駐屯地(宮城県)

          東北方面隊創隊59周年記念行事

9/28〜29  広島地本

           広島市外貿埠頭

           練習艦「やまゆき」一般公開

10/6   陸上自衛隊

          伊丹駐屯地 (兵庫県)

          中部方面隊創設59周年記念行事

10/20  航空自衛隊

           浜松基地(静岡県)

           エアフェスタ浜松2019

       (ブルーインパルス参加予定)