いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【台湾の軍服】陸軍迷彩ジャケット(リーフパターン)とは? 0163 🇹🇼ミリタリー

こんにちは! 

今回は、台湾軍の迷彩服を分析します。

現用迷彩服のひとつ前のモデルになりますよ。

   目次

スポンサーリンク 

 スポンサーリンク

1  台湾陸軍迷彩ジャケット(リーフパターン) とは?

その昔、中国本土の都からは「化外の地」とされ、中国にとってどうでもよい島だった台湾本島。

(そうです。中国本土は「中華思想」一辺倒だったんですね。)

 

でも日清戦争に勝利した日本が統治し、インフラ整備や教育環境を整えた結果、島民の生活や民度は進歩的に向上しました。

 

その後、太平洋戦争の敗戦で日本人が去った後に、中共内戦で敗北した蒋介石率いる国民党軍が台湾へ逃亡してきました。

 

同胞の帰還に、当初台湾の人たちは大喜びしましたが、逃げてきた国民党軍を見てガッカリしたそうです。

 

まるで、乞食かルンペンのような見すぼらしい隊容だったらしいですね。

 

敗戦で去っていった日本兵が、最後まで厳正、厳格な隊容を保っていたのと対照的だったそうですよ。

 

以来日本人の素晴らしさを再認識した台湾は、日本人の教えや考え方を実践し、アジアでも有数の親日国になったんですね。

 

日本で発生した災害にも、多くの支援をしてくれたのは、記憶に新しいところです。

 

今では、日本人がずっと前に無くしてしまった大切なものが、台湾ではまだ生きていると言われていますね。

 

そんな台湾ですが、軍の装備は、やはりアメリカ軍、そしてなんと自衛隊の影響を受けていました。

 

今回のモデルは、1980年代にそれまでのOD戦闘服からモデルチェンジしたものです。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう! 

2  台湾陸軍迷彩ジャケット(リーフパターン)の全体及び細部写真

前面

迷彩は、アメリカ軍のグリーンリーフパターンに似ています。

エポレットはありませんが、付いているモデルもありますね。

f:id:akmuzifal6489:20190908121856j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190908121940j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190908121833j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190908121903j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190908121912j:image

 

タグ①
f:id:akmuzifal6489:20190908121837j:image

 

タグ②サイズ詳細  

読むとなんとなく意味がわかりますね。

驚くことに、対赤外線処理が施されているようです。
f:id:akmuzifal6489:20190908121848j:image

 

タグ③  製造メーカーでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190908121934j:image

 

タグ④  洗濯時の注意点ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190908121824j:image

 

タグ④裏側
f:id:akmuzifal6489:20190908121829j:image

 

パッチ(ワッペン)の配置
f:id:akmuzifal6489:20190908121953j:image

 

胸ポケット  

アメリカ軍のジャングルファーティーグに似ていますが、角度が水平でプリーツがないですね。

ポケットは角度の付いたバージョンもあります。

ボタン2個で開閉
f:id:akmuzifal6489:20190908121927j:image
f:id:akmuzifal6489:20190908121900j:image

 

腰ポケット   こちらも同様です。

f:id:akmuzifal6489:20190911112551j:image

f:id:akmuzifal6489:20190911112507j:image

左胸ポケットにはペン差しが。

この刺繍の意味は?
f:id:akmuzifal6489:20190908121930j:image

 

でも中にはペンポケットがありませんでした。
f:id:akmuzifal6489:20190908121906j:image

 

袖  

用途不明の四角いマジックテープがいくつかあります。

袖口は、ボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20190908121853j:imagef:id:akmuzifal6489:20190908121955j:image

 

所属(?)パッチ
f:id:akmuzifal6489:20190908121945j:image

 

使命パッチ
f:id:akmuzifal6489:20190908121839j:image

 

部隊パッチ(?)
f:id:akmuzifal6489:20190908121958j:image

 

階級章

自衛隊と似ていますね。

花は桜でしょうか?梅でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190908121826j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  台湾陸軍迷彩ジャケット(リーフパターン)の特徴とは?

迷彩は、濃淡2色のグリーンとブラウン、ブラックで細い雲形を描いています。

 

一見アメリカ軍のグリーンリーフパターンに似ていますが、全くの別物です。

 

アメリカ軍グリーンリーフ迷彩服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 

グリーンリーフは、ドイツのライバーマスター迷彩をベースに開発されましたが、台湾のパターンはそのグリーンリーフをベースに開発されたような印象があります。

 

生地は、薄く柔らかい特殊な織り方で織られていますよ。

 

デザインは、エポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット×2のジャケットタイプです。

 

ポケットの形やウエストのタブなどに、アメリカ軍の影響が見て取れますね。

 

わからないのは、両袖に用途不明のマジックテープがいくつか縫い付けられているところです。

 

袖まくり用でしょうか?

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、良質の仕立てです。

4  台湾陸軍迷彩ジャケット(リーフパターン)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     台湾

・契約会社     台湾

・製造会社      〃

・材質       コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    35M

         (日本人のM)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約70センチ

          肩幅 約44センチ

          身幅 約52センチ

          袖丈 約56センチ

・状態       中古上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  台湾陸軍迷彩ジャケット(リーフパターン)まとめ

アメリカ軍のグリーンリーフ迷彩同様、森林で効果を発揮しそうな迷彩ですね。

 

日本のフィールドでも十分に効果が期待できそうです。

 

現在の台湾軍は、新しい迷彩服が採用されていて、逐次交換しているようですよ。

 

今回のモデルは、退役が進んでいる筈ですが、日本ではあまり見かけないですね。

(何故でしょう?民間に払い下げる…という処理がないのでしょうか?)

 

この迷彩服には、エポレット付きでアメリカ軍ジャングルファーティーグのように、ポケットに角度の付いたモデルもあります。

 

次はそれを入手したいですね。

 

かつてアメリカが、台湾にF–16戦闘機を売る約束をして、売らなかったことがありました。

でもフランスから即刻ミラージュ戦闘機を購入しましたね。

 

凄いのは、そのあとアメリカが再度F–16戦闘機を売ると意思表示したら、それも買ってしまった事です。

 

基本的にお金持ちなのですね。

(補給は大丈夫なのでしょうか?)

 

そんな逞しい台湾とは、これからも友好関係を維持していきたいですね。

 

今回は、親日国のひとつである台湾の迷彩服を分析しました。

(台湾加油!)

次回は、陸上自衛隊の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:同じく台湾軍の他の迷彩服関連記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎    ✳︎    ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

きみのうた

きみのうた

  • 安田 レイ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes