いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 空軍フライトジャケットL–2Bとは? 0170 🇺🇸

こんにちは!

今回は、アメリカ軍のフライトジャケットを分析します。

「あれ?これってMA–1じゃないの?」と思われた方!

もしかしてマニアさんですか?

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服  空軍フライトジャケットL–2Bとは?

あまり知られていませんが、アメリカ軍は第二次大戦中からナイロンを素材としたフライトジャケットを陸軍航空隊に支給していました。

…ですので、映画「バルジ大作戦」(キングタイガー役がM47というのは、どうしても、どうしても納得できなかったですね!)で、ヘンリーフォンダが、偵察機でドイツ戦車を撮影するシーンに着用していたナイロンジャケットは、あながち間違いではないんですね。

話を元に戻して、その当時に支給されたジャケットが「L–2」というモデルでした。

今回のモデルは、その子孫に当たります。

さて、どんなジャケットでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190916144013j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190916144021j:image

 

前面裏側

アセテートが艶々ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190916144000j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916144034j:image

 

タグ

メーカー出荷時から契約番号には線が引かれていたようです。
f:id:akmuzifal6489:20190916144044j:image

 

腰ポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190916144004j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916143957j:image

 

ジッパーは「 IDEAL」
f:id:akmuzifal6489:20190916144040j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916144027j:image

 

スライダーは引き手が二枚あります。

必要性はあるのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190916144024j:image

 

左袖のシガレットポケット
f:id:akmuzifal6489:20190916144055j:image

 

シガレットポケットのジッパー
f:id:akmuzifal6489:20190916144031j:image

 

シガレットポケットにはペンポケットがあって、中にはペン先を保護するキャップ(プラスティック製)が入っています。
f:id:akmuzifal6489:20190916144058j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916144037j:image

 

袖口  

柔らかいウールのニットです。
f:id:akmuzifal6489:20190916144046j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916144052j:image

 

裾の同色のニットです。
f:id:akmuzifal6489:20190916144018j:image

 

ウールなのでとても弱く、使っているあいだに破損することが多いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190916144049j:image

 

背面肩付近には、例の縫い目が。
f:id:akmuzifal6489:20190916144007j:image 

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

ナイロンのシェルは、セージグリーンというよりは、OG(オリーブグリーン)に近いですね。

ライニングはアセテートと呼ばれる艶のある美しい繊維で織られた生地が張られています。

そのため、Yシャツの上に着用すると、ライニングの滑りが心地よいですよ。

ライニングとシェルの間に、中綿はありません。

これは、使用する温度帯がライトゾーン限定だからなんですね。

(因みにMA–1は、インターミディエイトゾーンになります。)

デザインでは、昔のモデルにあったエポレット、酸素マスク用タブ、前身頃の三角フラップは1970年代までに全て廃止されました。

これにより、外観はMA–1とそっくりになっていますね。

(でも内ポケットはないですよ。)

襟、袖、裾は、グレイのウールニットになっています。

勿論、左袖にはシガレットポケットが付いていますよ。

定番ですね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1994年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          ナイロン

                                      アセテート

 ・表記サイズ                M

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約60センチ

                                    肩幅  約48センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約60センチ                                          

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品(?)

 ・入手場所                 ヤフオク

5  まとめ

若干のマイナーチェンジはあったものの、このデザインは1940年代に確立されたものです。

現代では、オーソドックスなファッション系ブルゾンにも採用されていますが、じつは大昔のデザインなんですね。

アメリカ軍衣料の先進性を如実に表した一品と言えるでしょう。

以降、軽量で引っ張り強度に優れているナイロンは、フライトジャケット等の航空関係の装備品に欠かせないものとなりました。

しかし航空機が被弾等で火災になった場合、ナイロンは高温度で溶けてパイロットに深刻な火傷を負わせることが実戦でわかってきました。

そのため、ベトナム戦争中から次第に難燃繊維のフライトジャケットに変更されていったのです。

今回のモデルも、じつはパイロット以外のエアクルーが着用するためのものかもしれませんね。

さて今回のモデルは、じつは航空自衛隊の幹部の方が実際に部隊で着用していたものになります。

お話を伺うと、航空自衛隊では幹部自衛官にこの種のジャケット(ジャンパー)は支給されなかったそうですね。

そのため私費で官給品の類似品を購入するか、空曹から昇任した隊員は、支給されたジャケットを返納せずに持ち歩いていたようですよ。

なんで支給しなかったのでしょうね。ユニフォームなのに。

これは航空自衛隊の作業服が、まだグリーンだった頃の話ですが…。

L–2Bは、軽量ながら防風性能も高く、ある程度の保温力もあることから、まさにこれからの季節(秋〜冬)にうってつけのジャケットと言えます。

また、下にセーターを着込めば、初冬も乗り切れそうですよ。

今回のモデルは、まだ新しいサブタイプ「K」で、一時期日本にはエドウィンが未使用品を輸入していました。

(どうやらこの商品は、軍への納入がキャセルされたか、SPECが変更されたなどの理由でお蔵入りになっていた在庫のようです。)

そのため、たまに見かけることがあります。

むしろミリタリーショップより、カジュアルショップを回った方が見つかるかもしれませんね。

とても着やすいジャケットですが、くれぐれもニットの取り扱いには十分注意してくださいね。

 

今回は、アメリカ軍の気軽に着用できるフライトジャケットを分析しました。

次回は、旧東ドイツ軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

 

参考:各国のフライトジャケットに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

                      ✳︎                 ✳︎                 ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク