いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 陸軍ユーティリティジャケット(初期型)とは? 0179 🇺🇸

こんにちは!

今回は、アメリカ軍のユーティリティ(汎用)ジャケットを分析します。

ある映画で、主人公を含む大勢が着用していたタイプですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1 アメリカの軍服 陸軍ユーティリティジャケット(初期型)とは?

フランスのベトナム敗北後、共産主義者からの侵略を阻止すべく、ベトナムに展開したアメリカ軍。

当初は間接的な支援のみでしたが、次第に兵力を増強していきます。

その被服といえば、アメリカ本国で使用していた、ごく一般的なものがメインでしたね。

まだまだアメリカ軍のトロピカル装備がなかった時代でした。

今回のモデルは、その当時のジャケットになります。

どんなジャケットでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190916142425j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190916142407j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916142404j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916142418j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190916142348j:image

 

サイズタグ

FSNの時代です。(懐かしいですね!)
f:id:akmuzifal6489:20190916142345j:image

 

データタグ
f:id:akmuzifal6489:20190916142350j:image

 

パッチ(ワッペン)の配置

サブデュード前の華やかな時代でしたね。

両袖にある一等軍曹の階級章が目立ちますね。
f:id:akmuzifal6489:20190916142401j:image

 

胸ポケット 

ボタンで開閉

ポケット下端はカットタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190916142338j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916142327j:image

 

袖口

ただの筒です。めちゃシンプルですね。
f:id:akmuzifal6489:20190916142358j:image

 

パナマのジャングルで訓練したのでしょうか?

(何故サンタマリア?)
f:id:akmuzifal6489:20190916142330j:image

 

左胸ポケット

中にペンポケットがあります。

でもポケットフラップにスリットはありません。

f:id:akmuzifal6489:20190916142421j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916142411j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916142342j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地はOGのコットンサテンで、厚みがあります。

通気性が今ひとつで、日本の夏でも少々暑そうです。

ベトナムでは、かなり暑かったのではないでしょうか?

(でも日本の冬は、下に何か着ないと寒そうです。よくあることですよね。)

最初はゴワゴワな固めの生地なのですが、洗濯を重ねるにつれソフトになっていきますよ。

デザインはシンプルで、2ポケットのシャツタイプです。

エポレットや内ポケットもなくて、必要最小限ですね。

この頃の各種記章は、原色を用いた派手なもので、第二次大戦や朝鮮戦争でも用いられたものになります。

注目すべきは、右胸ポケットのパッチ(ワッペン)で、元のオーナーはジャングル戦の訓練を受けていたようです。

(後にベトナムへ派兵されたかもしれませんね。)

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1963年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                M

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約73センチ

                                    肩幅  約49センチ

                                    身幅  約59センチ

                                    袖丈  約59センチ                                          

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 愛知県の専門店

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

ところで、メル・ギブソン主演の「ワンスアンドフォーエバー  」という映画を観たことがありますか?

初期のベトナム戦争を描いた傑作戦争映画でした!

敵、味方、前線、後方…その全てが丁寧に描かれていましたね。

特にギブソン演じる主人公ムーア大佐は、素晴らしかったです。

一番最初に戦場へ降り立ち、自ら戦闘に参加するとともに、死傷した兵全員をアメリカへ返したあと、一番最後に戦場を離れたそうです。

これが実話というのも凄いですね。

(自衛隊もこんな指揮官ばかりなら、今よりもっと良くなっていたかもしれませんね。)

その映画の中で、多くの兵士が着用していたのが、今回のジャケットです。

(映画は衣装だったかもしれません。あきらかに数が多すぎます。)

映画はともかく、意気揚々とベトナムに行ったアメリカ軍でしたが、すぐさまその装備の欠点に気付かされます。

厚いコットンサテンは通気性が悪く、大汗をかきました。

(洗濯してもなかなか乾かなかったそうですよ。)

また、原色の記章は、敵狙撃兵の恰好の的になったようですね。

その後、アメリカは戦訓を取り入れてベトナム専用ともいえるトロピカル装備の開発を進め、記章をサブデュード(低視認性)に変更していきます。

そうして、開発されたのがトロピカルコンバットジャケット(通称ジャングルファーティーグ)なんですね。

アメリカ軍 ジャングルファーティーグに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

さて、今回のジャケットですが、パッチ付きはともかく、プレーンは普段着にもってこいです。

コットンなので肌触りが良く、サテンなので丈夫ですよ。

真夏はキツいですが、初夏や秋は問題無く着用できそうです。

ただ、これも数が少ないですね。

プレーンの未使用は、まず諦めた方が良いでしょう!

自分のサイズに合った中古の極上品を狙っていきましょう!

 

今回は、アメリカ軍の過渡期に位置したジャケットを分析しました。

次回は、オランダの「何処かで見た」迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

     ✳︎               ✳︎               ✳︎

今朝のウォーキングでは、久しぶりにブク君(仮名)に会えました!

元気そうで一安心です。

心なしかフォルムが丸くなったような…。

これからも、もっと丸くなったら良いですね!

(お腹が可愛いです💕 何故かいつもゴロンゴロンしてくれますよ!)

f:id:akmuzifal6489:20190928063457j:image

読んでいただき、ありがとうございました。