いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ブルガリアの軍服 陸軍迷彩フィールドコートとは? 0183 🇧🇬

こんにちは!

今回は、ブルガリア軍のフィールドコートを分析します。

迷彩は例のスプリンターです。

でも、コートは珍しいですね!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ブルガリアの軍服 陸軍迷彩フィールドコートとは?

日本でブルガリアといえば、さるメーカーの影響でヨーグルトが有名です。

実際、ブルガリアでは乳製品も多く生産しているようですね。

でもEU最貧国という噂もあります。

そんなブルガリアの迷彩服は、1950年代から旧ドイツ軍のスプリンター迷彩の流れをくむ独特の迷彩を開発、装備しています。

歴史的には、枢軸国側だったこともあったようで、あるいはドイツとの交流があったのかもしれませんね。

さて過去にこのブログでも、戦闘服セットや空挺迷彩ジャケットを分析してきました。

今回は、フィールドコートともいえる迷彩服です。

どんな迷彩服でしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  コートの全体及び細部写真

前面

かなり着丈が長いですね。

f:id:akmuzifal6489:20190915182556j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190915182540j:image

 

前面裏側

特にライナーが装着できる装備はありません。

左腰に内ポケットがあります。珍しい配置ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190915182802j:image

 

背面裏側

前面にライニングがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190915182709j:image

 

前合わせはボタンのみです。

f:id:akmuzifal6489:20191002055257j:image

 

襟はボタンでスタンドカラーになります。
f:id:akmuzifal6489:20190915182616j:image

 

エポレットは、テーパーなしのクサビタイプです。

ボタンの色ってこんな感じでしたっけ?
f:id:akmuzifal6489:20190915182611j:image

 

胸スラッシュポケット

ジッパーで開閉します。

この辺りは、空挺ジャケットとよく似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190915182532j:image

 

腰スラッシュポケット

ポケット内の生地は、ライニングと同じです。
f:id:akmuzifal6489:20190915182811j:image
f:id:akmuzifal6489:20190915182651j:image

 

袖口

ジッパーとボタンで開閉・調整します。リッチです。

f:id:akmuzifal6489:20190915182626j:imagef:id:akmuzifal6489:20190915183040j:imagef:id:akmuzifal6489:20190915182552j:image

 

背中には、アクションプリーツがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190915182527j:image

 

襟裏にはジッパーが!
f:id:akmuzifal6489:20190915182523j:image

 

やはり簡易フードが入っていました。(ナイロン製)
f:id:akmuzifal6489:20190915182636j:image
f:id:akmuzifal6489:20190915182606j:image

 

タグ

相変わらず数字以外は読めません。
f:id:akmuzifal6489:20190915182807j:image
f:id:akmuzifal6489:20190915182646j:image

 

ライニングにもプリーツが。

この処理、諸外国にも多いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190915182630j:image

 

内ポケット

容量が大きいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190915182535j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190915182621j:image

 

用途不明のボタンホール
f:id:akmuzifal6489:20190915182641j:image

 

襟下のループ
f:id:akmuzifal6489:20190915182656j:image

 

ボタン2種前合わせのボタン
f:id:akmuzifal6489:20190915182547j:image

 

エポレットのボタン
f:id:akmuzifal6489:20190915182518j:image

 

胸のジッパー

マホガニーブラウンです。
f:id:akmuzifal6489:20190915182704j:image

 

部隊パッチ(ワッペン)でしょうか?

ソフトラバー製です。
f:id:akmuzifal6489:20190915182601j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、オリーブグリーンをベースにマホガニーブラウンとダークグリーンでガラスの破片のようなパターンを描き、ダークグリーンの波破線をオリーブグリーンに描いています。

色調から、1970年〜1980年くらいのモデルではないかと推測します。

生地は ごく普通のコットンとポリエステルの混紡で、シャツタイプの戦闘服よりやや厚い生地になります。

デザインは、胸に2ポケット、腰に2ポケットの標準的なBDUタイプではありますが、着丈が長く、コートのようです。

とは言え、前合わせはボタンのみで防寒を目的としたものではないようです。

特筆すべきは袖口で、なんとジッパーとボタンの併用です。

あと襟内に簡易フードが準備されていますね。

印象は雨衣(レインコート)と言った印象です。 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1980年代

 ・製造場所                   ブルガリア

 ・契約会社                   ブルガリア

 ・製造会社                          〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                176/100

                           (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約89センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約65センチ

                                    袖丈  約64センチ                                          

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

戦闘服上下セットは、最近よくネットオークションでも出品されるようになりました。

でも、このコートと空挺ジャケットは珍しいですね。

あまり見かけません。

おそらく、あまり支給されていないのかもしれませんね。

さて、この迷彩コートは、日本のフィールドでも効果が期待できます。

サバイバルゲームではセパレートの戦闘服が向いていると思いますが、野鳥観察にはこちらのコートが使えるかもしれませんね。

普段着で観察場所近くまで行って、実際の観察時にこのコートを羽織るようにすれば、汎用性も広がりそうです。

(人間のシルエットが隠せるのも魅力ですね。)

これからの季節にもピッタリですよ。

 

今回は、ブルガリア軍の 珍しいフィールドコートを分析しました。

次回は、イタリア軍のフィールドジャケットを分析します。

お楽しみに!

    ✳︎               ✳︎               ✳︎

女優の多部未華子さんが写真家の方と結婚されたそうですね。

おめでとうございます。🎊

じつは…密かにファンでした!

(UQのCMが楽しみでした。)

結婚してもお仕事は続けるということでした。

ファンとしては嬉しいことなのですが、少々複雑な気分です。

今日は会社休もうかな…とも思いましたが、頑張って出勤します!

多部さん、おしあわせに!

これからも応援しています。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 参考:過去のブルガリア軍迷彩服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com