いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 ウールフライトジャケット(A–1B)とは? 0190 🇺🇸

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の軍のフライトジャケットを分析します。

フライトジャケットとしては、かなり異色な存在ですよ。

アメリカ空軍が、独立したばかりの頃の装備になります。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服 空軍ウールフライトジャケット(A-1B)とは?

第二次大戦が終了して間もなくの1947年、それまで陸軍に属していた陸軍航空隊が、アメリカ空軍として独立しました。

ちょうど航空機は、レシプロ機からジェット機への過渡期でもあり、 第二次大戦の反動もあってか、独立した空軍は全てが一新されました。

航空機はピカピカの無塗装(アルミ合金そのまま)、パイロットやエアクルーの被服はシンボルカラーがエアフォースブルーに変更されましたね。

まさに、お気楽、極楽、アメリカ空軍でした。

(良い時代でした。)

しかし1950年からの朝鮮戦争勃発により、一部の装備がセージグリーンにまたまた変更されましたよ。

(当然ですね。フィールドでのブルー系装備は、とても目立ちますよね。)

今回のモデルは、そのセージグリーンに変更された当時のジャケットになります。

ちょっとエレガントなデザインは、当時の新星アメリカ空軍を代表するジャケットと言えます。

どんなジャケットなのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

一見制服のような造りですね。(上品な感じがしますね。)

でも、歴としたパイロット用ジャケットですよ。

よく見ると、右半身と左半身で生地の色が少し違っていますね。

(左右の袖も違っています。)だから…

f:id:akmuzifal6489:20191002151140j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191002151215j:image

 

前面裏側

より生地の色が違って見えますね。
f:id:akmuzifal6489:20191002151218j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191002151145j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191002151227j:image

 

一番上のボタンは2個あって、より首元が詰められるようになっています。
f:id:akmuzifal6489:20191002151225j:image

 

ボタン2個で開閉・調整

やはり、Yシャツみたいなデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20191002151235j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002151232j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉

ポケットフラップの裏地はレーヨンです。この意味は?
f:id:akmuzifal6489:20191002151142j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002151212j:image

 

腰ポケット

こちらも胸ポケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20191002151154j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002151200j:image

 

タグ

100パーセント残っています。まるで昨日作られたようです。

契約年度も記入されていない時代ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191002151222j:image

 

裏側生地内側の空軍マーク 殆ど消失
f:id:akmuzifal6489:20191002151150j:image

 

表側右胸の旧空軍マーク 殆ど消失 
f:id:akmuzifal6489:20191002151208j:image

 

襟裏もレーヨンで裏打ちして有ります。この意味は?
f:id:akmuzifal6489:20191002151237j:image

 

レーヨンは袖の裏側にも。
f:id:akmuzifal6489:20191002151156j:image

 

ボタンはグレイのプラスティック製です。
f:id:akmuzifal6489:20191002151206j:image

 

生地色の違い。紫外線による退色ではありません。
f:id:akmuzifal6489:20191002151148j:image

3  その特徴とは?

生地はセージグリーン(ハーブのセージ色)のウールです。

寒い日に肌に触れても、冷たく感じないのが良いですね。

デザインは4ポケットのジャケットタイプで、まるで制服のようです。

今回のモデルは、各パーツで2種類の生地が使用されていました。

見た目ツートーンなので、少々カッコ悪いです。

…だからこそ、この程度で残っていたのかもしれませんね。

(タグは完璧に残っていました。)

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1950年代

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          ウール

                                      レーヨン

 ・表記サイズ                M

                                (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約71センチ

                                    肩幅  約43センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約62センチ                                          

 ・状態                        中古並

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

5  まとめ

このジャケットの開発コンセプトは、やはり不明です。

しかしこの後、後継のモデルが開発されなかった事を考えると、あるいは失敗ジャケットだったのかもしれませんね。

そもそも、例えば戦闘機のような狭いコクピット内では、丈が長く使い難い感じですね。

かと言って、輸送機などのパイロットやロードマスターが使用するにも、何か違う感じがします。

(カッコよさを追求しているような。使い道がよくわからないですね。)

でも現役を離れ、過去の装備品になった今なら使い道があります。

普段着として使ってみるのは如何でしょうか?

材質もウールですし、寒候期のアウターに使えるのではないでしょうか?

勿論これだけでは保温力に問題がありますが、セーターやコートなどを合わせてみてはロードショーどうでしょう?

ところで、このフライトジャケットには、生地がブルーのタイプも存在します。

どちらも数が少ないですので、見つけたらすぐ保護してあげましょうね!

 

今回は、エレガント(?)なアメリカ空軍のフライトジャケットを分析しました。

次回は、イタリア軍の歴史的な迷彩服を分析します。

お楽しみに!

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

台風が心配ですね。

本日06時の台風19号進路予想図です。

コース、速度とも、昨日の予想と大きく変わっていません。

f:id:akmuzifal6489:20191009065935p:image

(気象庁ホームページより引用)

上空の偏西風の影響で、もう少し東寄りのコースを進む可能性もありますが、今後も進路には注意が必要です。

中心気圧は、13日03時予想では965hPaで、昨日の予想と同様、強い勢力を保ったまま北上してくる見込みです。

今から、災害に備えて準備をしましょう。

台風の影響で停電になった時には、忘れずにブレーカーをOFFにしましょう。

また念のため、それまで作動させていた家電(特に熱を発する調理器具など)のスイッチを切ったり、コンセントを抜いておきましょう。

家電などは使用中に停電になると、ついついそのままの場合が多いです。

しかし電気が復旧した場合、スイッチが入っていれば作動・発熱して思わぬ火災(通電火災)や漏電を引き起こす場合がありますので要注意です。

 

また水や食料は、一人3日分(水:一人3リットル/日、食料適宜)準備しましょう。

(赤ちゃん、ペットにも配慮しましょう。)

現在の日本では、3日間頑張れば必ず助けが来ます!

まずは自分自身で災害に備え(自助)、災害が発生したら地域で助け合い(共助)ながら、政府や自治体の支援(公助)を待ちましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました。 

スポンサーリンク