いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

旧東ドイツの軍服 陸軍迷彩ジャケット(アフガンタイプ)とは? 0212 NVA ミリタリー

こんにちは!

今回は、旧東ドイツ軍の迷彩服ジャケットを分析します。

東ドイツ軍戦闘服としては、末期のタイプです。

勿論、今回もデッドストックですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  旧東ドイツの軍服 陸軍迷彩ジャケット(アフガンタイプ)とは?

旧東ドイツ軍は、1970年代に、それまで使用していたブルメン迷彩をレインドロップ迷彩に替えました。

それに合わせて、陸軍の戦闘服も一新しました。

それまで使用していた旧ドイツ軍のような制服+迷彩スモックではなく、戦闘専用の服を採用したのですね。

この戦闘服は、当初ソ連系でもなく、西側寄りでもなかった独自のデザインでした。

(この頃の戦闘服は4ポケットでしたが、腰ポケットがスラッシュポケットでした。)

しかしドイツが再統一される頃には、また新しいデザインの戦闘服が支給されていましたよ。

今回のモデルは、その新しい戦闘服になります。

どんな特徴があるのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  迷彩ジャケットの全体及び細部写真

前面

前合わせは、ボタンのみです。

f:id:akmuzifal6489:20190920131945j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190920132018j:image

 

前面裏側

胸から肩にかけてライニング(裏地)があります。

内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190920131942j:image

 

背面裏側

肩から背中上部かけて裏地がありますね。

背中の裏地は、生地の色調が違っています。

襟裏と同じものでしょうか?

(まさかテント生地とか?)
f:id:akmuzifal6489:20190920131951j:image

 

襟周り
f:id:akmuzifal6489:20190920131948j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20190920132024j:image

 

胸ポケット

2個のボタンで開閉

ポケットフラップの裏側は、グレイのナイロン生地
f:id:akmuzifal6489:20190920131953j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920132037j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190920132015j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920132030j:image

 

左袖のボタンで開放できるループ。用途は?
f:id:akmuzifal6489:20190920132001j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920131928j:image

 

左袖ポケット

なんとスラッシュポケットです!

嵩張る物を入れたら、腕に違和感が残りそうです。
f:id:akmuzifal6489:20190920131931j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920132022j:image

 

袖口

ボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20190920132034j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920132005j:image

 

内側には、謎のスタンプが。
f:id:akmuzifal6489:20190920131937j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920132040j:image

 

ウエストのドローコード

コードの格納場所にもグレイのナイロン生地が。
f:id:akmuzifal6489:20190920131933j:image

 

ナイロン生地は、袖口の裏側にも使用されていました。

「力」の掛かる場所、擦れる場所に、この生地を縫い付けてあるのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190920132013j:image

 

メインスタンプ

これが、暗号化されている契約、納入年度でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190920132027j:image

 

袖ポケット内の生地
f:id:akmuzifal6489:20190920132007j:image

 

脇の縫製

意図的にズラしてあるのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190920131958j:image

 

襟の裏

生地の色調が濃いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920131939j:image

 

官給品ボタン

パンツァーグラウ?のプラスティック製です。
f:id:akmuzifal6489:20190920132010j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、東ドイツ軍のオーソドックスな迷彩で、通称「レインドロップ」パターンと呼ばれているものです。

オリーブグレイにブラウンで少し長めの破線を描いてありますね。

この破線は、大戦中のドイツ国防軍や、少し前のポーランド、旧チェコスロバキアの迷彩などにも使用例が見られます。

どんな効果があるのでしょうね。

生地はやや厚めです。

デザインは、旧ソ連軍がアフガン紛争から使用している戦闘服やアメリカ軍の標準的なBDUを参考にしているようです。

面白いのは、袖ポケットで、スラッシュポケットになっていますよ。

 (そういえば、ブルメン迷彩のスモックもそうでした!) 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1980年代

 ・製造場所                   東ドイツ

 ・契約会社                   東ドイツ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                g 52

                            (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約78センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約62センチ                                          

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

5  まとめ

ポケットが旧ソ連のアフガンタイプ(又はアメリカ軍のBDUタイプ)になって、より使いやすくなりましたね。

実際にこの迷彩服を着用してみると、袖のポケットが気になりました。

ここへは、薄くて軽いものしか入れられないようです。

また生地の厚さから、日本の夏は少々暑そうですね。

(秋、春には丁度良いようです。)

サバイバルゲーマーの後輩から、迷彩パターンは日本でも効果ありとの報告が寄せられています。

実際に、確認してみたいですね。

ところでドイツ再統一以降、不要になった旧東ドイツ軍装備は民間に払い下げられ、一部を除き日本へも大量に輸入されました。

また、とても安価に販売されたことから、一時期ミリタリー市場を席巻しましたね。

(投げ売り状態(?)でした。)

軍装備品でしたが、一般に使えるアイテムも多かったことから、ミリタリーマニア以外にも大人気でしたよ。

しかし令和になった現在、さすがに数が減ってきましたね。

その昔、大量に存在しても、数が減ってくると価格が上がるのがコレクターズアイテムです。

ましてや、もう存在しない国の装備は、本当に貴重です。

そろそろ買っておいた方が良いかもしれませんよ。

ところで東ドイツ軍には、当然ながら防寒装備もありました。

こちらもぜひ入手したいですね。いえ、入手します!

 

今回は、旧東ドイツ軍末期の迷彩戦闘服を分析しました。

次回は、イギリス軍の標準的なウールシャツを分析します。

お楽しみに!

参考:他の東ドイツ軍迷彩服に関する記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎              ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Over the Sky (Angel Feather version)

Over the Sky (Angel Feather version)

  • Hitomi
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes