いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

フランスの軍服 陸軍迷彩ジャケット(T4)とは? 0228 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、フランス軍の新しい迷彩服を分析します。

伝統的なデザインを残しつつ、大幅な改良がなされていますよ!

フランスもやりますね!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  フランスの軍服 陸軍迷彩ジャケット(T4)とは?

かつて1950年代にリザード迷彩を世に送り出したフランスですが、1980年代に採用されたCCE迷彩には、本当にガッカリさせられましたね。

例えると、日本刀と木刀くらいの差があるように思いました。

(極端な偏見です!)

迷彩の効果は、おそらくCCE迷彩の方が高いと思われますが、何か納得できないものがありました。

でも戦闘服全体のデザインは、1960年代に採用されたM64以降、他国にはない洗練されたものでしたね。

全く、フランスもよくわかりません。

政治的な絡みもあって、迷彩服の採用では他国に大きく遅れたフランスですが、最近また新しい迷彩服を採用しましたよ。

残念ながら、迷彩はCCEのままですが、デザインは大きく変更されています。

あまりの変更に、特殊な部隊向けの装備ではないか?

…なんて思ってしまいました。

では、どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  迷彩ジャケットの全体及び細部写真

前面

全体的なレイアウトは、袖のポケットが追加されたくらいですが…。

f:id:akmuzifal6489:20191115133927j:image

 

背面

なんと背中にはアクションプリーツが!

これまでのフランス軍戦闘服には無いデザインです。
f:id:akmuzifal6489:20191115133939j:image

 

前面裏側

ライニングと内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20191115133943j:image

 

背面裏側

アクションプリーツはゴムで繋がっていて、常にテンションが掛かっています。
f:id:akmuzifal6489:20191115134010j:image

 

前合わせはジッパーとマジックテープです。
f:id:akmuzifal6489:20191115134003j:image

 

タグ①

これまでに無い精密なタグです。

驚くことにNSNや適正温度帯まで付されていますよ。

フランス軍物ではないようですね。

f:id:akmuzifal6489:20191115133948j:image

 

アクションプリーツのゴム

中央で迷彩生地のループを通っています。

これでゴムが引っかかることも少ないですね。
f:id:akmuzifal6489:20191115134027j:image

 

タグ②

ウエスト部にありました。四桁の数字のみ手書きで記入。
f:id:akmuzifal6489:20191115133907j:image

 

襟はマジックテープでスタンドカラーになります。
f:id:akmuzifal6489:20191115133910j:image

 

エポレットは、テーパー付きのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20191115133956j:image

 

胸ポケットのジッパー

スライダーは硬質ゴムカバー付き

前合わせのジッパー付近からこの位置に移動
f:id:akmuzifal6489:20191115134030j:image

 

腰ポケっと

マチ付きでポケット入口は折り返して留めるタイプです。

ボタンは、とうとうカナディアンタイプを採用
f:id:akmuzifal6489:20191115133855j:imagef:id:akmuzifal6489:20191115133931j:image

 

袖ポケット

左右にあります。

マジックテープで開閉

ポケットとフラップにもマジックテープが。

f:id:akmuzifal6489:20191115133847j:imagef:id:akmuzifal6489:20191115133914j:image

 

袖ポケットの中には、ゴム製の連なったループが!

(左右にアリ。)

用途はなんでしょう?
f:id:akmuzifal6489:20191115134018j:image

 

袖ポケットフラップのスリット

ペン差しですね。
f:id:akmuzifal6489:20191115133918j:image

 

肘の補強生地

大面積です。
f:id:akmuzifal6489:20191115133935j:image

 

袖口

マジックテープで開閉

調整タブ固定用とサイズ調整用のマジックテープあり。
f:id:akmuzifal6489:20191115133922j:imagef:id:akmuzifal6489:20191115134007j:imagef:id:akmuzifal6489:20191115133903j:image

 

背中のアクションプリーツ

切れ込みが深く長いです。
f:id:akmuzifal6489:20191115133959j:image

 

ポケットの底には、水抜き穴が。
f:id:akmuzifal6489:20191115133900j:image

 

アクションプリーツ裏側の生地

かなりの面積です。重量増加に拍車をかけているように思うのですが…。

f:id:akmuzifal6489:20191115133851j:image

 

裾のドローコード

ロックを格納してあります。

プラプラしなくて便利ですが…。
f:id:akmuzifal6489:20191115134023j:imagef:id:akmuzifal6489:20191115133952j:image

 

ウエストのドローコード。

こちらのロックも、ストラップで留められています。
f:id:akmuzifal6489:20191115134015j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、CCEのままですね、

カーキをベースに、オリーブグリーン、ブラウン、ブラックグレイで帯状や雲型のパターンを描いています。

生地は、これまでの戦闘服に用いられていたものではなく、比較的太い糸で織られた独特のもので、しかもリップストップです。

とても頑丈そうな反面、通気性がやや悪く、生地自体も少し重いようです。

ライナーは装着できません。

デザインは、一時期廃止されていた腰ポケットが復活しています。

また、背中にはアクションプリーツが採用されていて、裏側にはゴムでテンションが掛かっています。

アメリカ軍のフライトジャケットのようですね。

細いところでは、胸の中心付近にあったポケットのジッパーが、肩周辺に移動されています。

これなら、ベスト型ボディアーマーなどを着用していても、普通にポケットが使えそうですね。

あと、まだ確認できていませんが、裾の後ろに大きなポケットが付いたモデルもあるようです。

さらに実用的になってきていますね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2011年

 ・製造場所                   フランス

 ・契約会社                   フランス

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン                      

 ・表記サイズ               89/96 M

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約81センチ

                                    肩幅  約45センチ

                                    身幅  約58センチ

                                    袖丈  約67センチ                                          

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 兵庫県の専門店

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

実際に着用みると、サイズの割には余裕があって、前作までのタイトな感じが無くなっていますね。

(前作までの89/96Mなら、胸のボタンが止められませんでしたが、今回のジャケットは余裕がありました。サイズの見直しも行われているようです。)

生地も厚く安心感がある反面、夏は少々暑そうですね。

でも使い勝手はさらに良くなっていますよ。

サバイバルゲームや野鳥観測は勿論のこと、狩猟にも向いているのではないでしょうか?

生地が厚いので、少々の引っ掛かりでは破れませんし、リップストップなので破れても、それ以上破れ目が拡がっていかないです。

また、狩猟用のオレンジベストなどを着用していても胸ポケットが使えますよ。

(CCE迷彩は、猪さんや鹿さんにどう見えるのか知りたいですね。)

今回のモデルは、比較的新しい製品ですので、これからも輸入されされそうです。

まだまだ入手可能みたいですね。

サイズも豊富ですし、何より中古なら数千円で購入できるのも魅力です。

(勿論、未使用品も入手可能ですよ。)

汎用性の高い、素晴らしいジャケットを皆さんも着てみませんか?

 

今回は、フランス軍の新型迷彩服を分析しました。

次回は、フランス語つながり…で、カナダの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

参考:フランス軍伝説(?)のリザード迷彩服に関する記事はこちらです。⬇︎

フランス軍のCCE迷彩を用いた他戦闘服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

「第二回WBSCプレミアム12」での侍ジャパン優勝おめでとうございます!🎊

一時はどうなるかと思いましたが、やっと日本らしい勝利を得ることができました。

この時期に韓国に二回も勝利したのは大きいですね。

勝負は時の運とか言いますけど、今回の戦いで得た教訓などを、ぜひ形に残して次回へ繋げて欲しいですね。

本当に嬉しいです!

侍ジャパンの皆さん、お疲れ様でした!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ワールドサープラス フランス軍 T4 コンバットジャケット

スポンサーリンク

Enter Enter MISSION!

Enter Enter MISSION!

  • あんこうチーム
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes