いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ドイツの軍服 海軍ジップアップセーターとは? 0231 🇩🇪 ミリタリー

こんにちは!

今回は、前回に引き続き、ドイツ海軍の装備を分析します。

今回はセーターですが、いわゆるコマンドセーターではない、ゴージャスなセーターですよ!

士官用でしょうか?

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ドイツの軍服 海軍ジップアップセーターとは?

以前、このブログでもドイツ陸軍のセーターを分析しました。

じつは海軍にも、そのセーターとほぼ同様のデザイン(クルーネック、肩、肘にパッチ)のものが支給されています。

しかし、今回のセーターは、全く違うコンセプトで造られたセーターですよ。

驚くべき機能が隠されていました。

どんな機能でしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  セーターの全体及び細部写真

前面

(相変わらず細部のわからない写真で申し訳ありません。)

f:id:akmuzifal6489:20191121164340j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191121164314j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191121164248j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191121164230j:image

 

前合わせはジッパーのみで、ストームフラップはありません。
f:id:akmuzifal6489:20191121164237j:image

 

タグ①
f:id:akmuzifal6489:20191121164251j:imagef:id:akmuzifal6489:20191121164234j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20191121164328j:image

 

エポレットはテーパーなしのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20191121164347j:image

 

胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20191121164245j:image

 

ポケットフラップにペン用のスリットがあります。

ポケット内にペンポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20191121164306j:image

 

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191121164336j:image

 

腰ポケット

内側のにっとは、真横に伸びています。
f:id:akmuzifal6489:20191121164302j:image

 

腰ポケット内部のニット

ポケットとしては特殊な形状ですね。

どうやらハンドウォーマーのようです。

f:id:akmuzifal6489:20191121164344j:image

 

袖口

折り曲げて使用することを前提として縫製されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191121164332j:image

 

伸ばして使用すると、ニットの縫い目があらわになって見苦しいです。
f:id:akmuzifal6489:20191121164241j:image

 

肘の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20191121164324j:image

 

襟はジッパーでスタンドカラーになります。

そのまま折り曲げるとタートルネックに早変わり(?)
f:id:akmuzifal6489:20191121164258j:image

 

肩の補強生地は、後ろ側までありますね。
f:id:akmuzifal6489:20191121164319j:image

 

ジッパーは頑に「OPTI」
f:id:akmuzifal6489:20191121164310j:image

 

国籍マーク
f:id:akmuzifal6489:20191121164255j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず一番目につくのは、前見頃がジッパーで全開できるところですね。

スイス陸軍のセーターで、前見頃の胸くらいまでジッパーのセーターは見た事があります。

でも軍用でこの形式のセーターは初めて見ました。

(カナダのカウチンセーターみたいですね。)

また、腰左右にポケット(容量は少ない)があるのも変わっています。

私が最も驚いたのは、材質がポリアミド(難燃繊維の一種)とウールの混紡だというところです。

インナーとして使用されることの多いセーターにも、難燃性の機能を付加するドイツ軍に驚きました。

これは、より実戦的な装備ですね。

今後は世界的に、この材質へ替わっていくのでしょうか?

楽しみですね。

因みにジッパーは襟の上端まであって、引き上げればタートルネックにもなります。

リッチで暖かく汎用性のあるセーターと言えます。 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2000年頃

 ・製造場所                   ドイツ

 ・契約会社                   ドイツ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          ポリアミド

                                      ウール

 ・表記サイズ                

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約59センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約55センチ

                                    袖丈  約64センチ                                          

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品(?)

 ・入手場所                 大阪の専門店

 スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

5  まとめ

実際にこのセーターを着用してみると暖かいのは当然ですが、前見頃がジッパーで全開にできるので、より広い温度帯で使用できますね。

着脱が容易なのも便利で良いです。

(場合によっては、ジャケット替わりに使えそうですね。)

最大限に防寒効果を発揮しようと思えば、ジッパーを上げてタートルネックにすれば、とても暖かいです。

そしてセーターの上にジャケットやコートを羽織れば、真冬でも万全ですね。

インナーとして使用するなら、サバイバルゲームや野鳥観測、狩猟にも使えそうです。

またカラーがネイビーブルーであることから、ボトムも合わせ易いのでシティユースもファッショナブルに着こなせそうですね。

難点は、腰ポケットの容量が小さいことですが、これは元々ハンドウォーマーなのかもしれませんね。

また、一般的なコマンドセーターより高価で、出回っている数が極端に少ないです。

(試作品でしょうか?私も偶然入手できました。)

購入される方は、諦めず気長に探してみましょう!

 

今回は、ドイツ海軍の小粋なセーターを分析しました。

次回は、ウクライナ軍の迷彩服を分析します。

有名な、あの迷彩ではありませんよ!

お楽しみに!

参考:各国軍のセーターに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

きみのうた

きみのうた

  • 安田 レイ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes