いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

日本でも効果的な迷彩?【ウクライナの軍服】陸軍新型迷彩ユニフォーム(デジタルタイプ)とは?0232 🇺🇦 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220127153910p:plain

今回は、2010年代のウクライナ軍の迷彩ユニフォームを分析します。

諸事情で急遽製造されたとされていますが、以前から研究はされていたようですね。

勿論、ブタン迷彩ではありません。

偶然入手できたデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ウクライナ陸軍新型デジタル迷彩ユニフォームとは?

旧ソ連邦でありながら、ヨーロッパ有数の親日国であるウクライナ。

 

日本の力士「大鵬」のお父さんの出身地ということでも有名ですね。

 

第二次大戦中は、独ソ戦の主戦場となり、ウクライナ国内も両陣営に分かれて戦いました。

 

紆余曲折を経て旧ソ連邦に組み込まれましたが、ソ連崩壊後の1991年に独立しています。

 

しかし2014年のウクライナ騒乱で、ロシア寄り政権が倒れると、即刻ロシアはウクライナ侵攻を決定。

 

クリミアへ侵攻しました。

(ロシアは容赦ないですね。以前から仲は悪かったようですが…。)

 

ところが、どちらの軍も一部でよく似た迷彩服を着用していました。

 

これが、いわゆるブタン迷彩だったそうです。

(この迷彩は、ウクライナ起源という説もあります。)

 

そこでウクライナは友軍相撃を避けるためと、それまでの軍を一新する目的で、新しい迷彩服を導入しました。

 

今回のモデルは、その新型迷彩服になります。

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

ジャケット

前面
何となくですが、迷彩が全体的に斜めに流れているように見えますね。
f:id:akmuzifal6489:20191118153515j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191118153456j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191118153512j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191118153605j:image

 

前合わせはジッパーとマジックテープです。
f:id:akmuzifal6489:20191118153550j:image

 

胸パッチポケット

ジッパーで開閉
フランス軍T4戦闘服のように、ポケット口がかなり身体の外側にあります。
やはりアーマーベストなどの使用を考慮したのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191118153436j:imagef:id:akmuzifal6489:20191118153555j:image

 

でも、このポケットの裏に、隠しスラッシュポケットが!

左右で4ポケットになります。
f:id:akmuzifal6489:20191118153503j:image

 

前見頃中方には、階級章を付けるための生地とマジックテープが標準装備です。
f:id:akmuzifal6489:20191118153439j:imagef:id:akmuzifal6489:20191118153623j:image

 

左右袖にもポケットがあって、ジッパーで開閉します。
f:id:akmuzifal6489:20191118153500j:imagef:id:akmuzifal6489:20191118153650j:image

 

袖の補強生地は、下部にマジックテープで開閉できるスリットがあります。
ウレタンなどのパットを入れるためのものです。
f:id:akmuzifal6489:20191118153631j:imagef:id:akmuzifal6489:20191118153529j:image

 

袖口

マジックテープで開閉・調整
とてもシンプルですね。
f:id:akmuzifal6489:20191118153446j:imagef:id:akmuzifal6489:20191118153608j:image

 

脇にはボタンホールのような通気孔が。
f:id:akmuzifal6489:20191118153449j:image

 

背中には、アクションプリーツがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191118153525j:image

 

ジャケットのタグは、入手当初から切り取られていました。
f:id:akmuzifal6489:20191118153613j:image

 

内ポケット

このポケットも強力なマジックテープで開閉します。
f:id:akmuzifal6489:20191118153539j:image

 

胸の隠しポケット裏側の記事
f:id:akmuzifal6489:20191118153657j:image

 

肘の補強生地は台形ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191118153453j:image

 

タグはなかったですが、商品用のタグは残っていました。
f:id:akmuzifal6489:20191118153442j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20191118153646j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191118153701j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191118153522j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191118153600j:image

 

前合わせはジッパーと上部のボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20191118153643j:image

 

ウエスト側面

ベルトループが太くて、自衛隊の作業服や戦闘服のようですね。

f:id:akmuzifal6489:20191118153620j:image

 

膝ポケット

二重のプリーツ付き。
マジックテープで開閉。
ポケットフラップの前端は縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20191118153638j:imagef:id:akmuzifal6489:20191118153705j:image

 

膝カーゴポケット下にも、、小さなポケットが。
f:id:akmuzifal6489:20191118153546j:image

 

裾はマジックテープで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20191118153532j:image
f:id:akmuzifal6489:20191118153506j:image

 

ウエスト背部

左右にウエストをマジックテープで調整するタブがあります。
自衛隊作業服のように、太いベルトループが特徴的ですね。
股の補強生地にも注意。
f:id:akmuzifal6489:20191118153627j:image

 

膝の補強生地内にもパットが挿入できます。
f:id:akmuzifal6489:20191118153616j:image
f:id:akmuzifal6489:20191118153543j:image

 

股の裁断

独特のデザインです。
f:id:akmuzifal6489:20191118153635j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず迷彩ですが、ベージュをベースにライトグリーングレイ、グレイ、オリーブグレイ、ブラックグレイの小さいダットで雲型を描いています。

 

ベージュの影響でしょうか?全体的にやや黄色っぽく見えますね。

(デザート(砂漠)系の迷彩にも見えます。)

 

生地は薄いコットンと化繊のリップストップです。

(感触から、もしかして難燃繊維との混紡かもしれません。)

 

デザインは、近年の戦闘服同様、シャツは胸ポケット×2、袖ポケット×2。

 

トラウザースは、サイドのスラントポケット×2、膝のカーゴポケット×2ですが、カーゴポケットの下にも小さなポケット×2が設けられています。

 

また、ヒップポケットはありません。

 

珍しいですね。

 

今回のモデルも肘や膝にパットが挿入できるように工夫されていますよ。

 

これは有難いです。 

 

サイズ感は、アメリカ軍の「M」または「40インチ」で表記サイズよりゆったりしていますよ。

 

全体的な縫製は、丁寧かつ正確で、強度も十分です。

 

高い技術で仕立てられていますね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 2017年

・製造場所     ウクライナ

・契約会社     ウクライナ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ナイロン(?)

・表記サイズ    48/4

         (日本人のM〜L)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約75センチ

          肩幅 約48センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約62センチ

           トラウザース

        ウエスト 約43センチ

          着丈 約105センチ

          股上 約28センチ

          股下 約80センチ

          裾幅 約22センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品(?)

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

 スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

よく似たデジタル迷彩といえば、アメリカ軍のACUがありますね。

 

でも今回のモデルはACUに比べてメリハリが効いていて、迷彩効果は高いように見えます。(私見)

 

また、その色調からマルチカムカム的な位置づけにある迷彩服ではないでしょうか?

(以前の各種ブタン迷彩から較べると、正反対の迷彩に思えますね。)

 

ぜひ、日本でも効果を確認してみたい迷彩服です。

 

さて、今回のモデルも偶然入手できたもので、まだ市場には出回っていないようです。

 

現時点では、入手困難なアイテムと言えるでしょう。

 

しかし新しい迷彩服ですので、暫く待っていたら輸入される…と思っていましたが、今回の緊張でそれも難しいようです。

 

「稀少品」を売りにした高価な商品には手を出さず、気長に待ってみましょう!

 

今回は、ウクライナの新しい迷彩ユニフォームを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220128更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:各国のデジタル迷彩服関連記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

アメリカ軍のマルチカム迷彩服に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

ウクライナ軍ではありませんが、旧ソ連軍ブタン迷彩装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com    ✳︎     ✳︎     ✳︎

ウクライナのある兵士のニュースです。

https://twitter.com/rata19841009/status/1486631721370263556?s=21

少年兵が今回のモデル(と思われる迷彩ユニフォーム)を着用していますね。

 

なんとかロシア軍の自重による平和的な解決を望むところですが…これは遠い異国のことではありません。

 

日本を狙っているヤクザ国が我が国の周辺には存在します。

 

ヨーロッパの状況もさることながら、近隣のヤクザ国の動向にも細心の注意を払いましょう!

 

マインドは「恐れず、侮らず」でいきましょう!


読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ウクライナ軍放出品 迷彩服 マルチカム BDU上下セット コンバットジャケット リップストップ生地 [ 180cm ] UKR 軍用戦闘服 コンバットユニフォーム 迷彩ジャケット ミリタリージャケット ミリタリーパンツ タクティカル バトルユニフォーム 軍服 払い下げ 軍物


ウクライナ軍放出品 迷彩服 マルチカム BDU上下セット コンバットシャツ リップストップ生地 [ 170cm ] UKR 軍用戦闘服 コンバットユニフォーム 迷彩シャツ ミリタリーシャツ ミリタリーパンツ タクティカル バトルユニフォーム 軍服 払い下げ 軍物 ミリタリーサープラス

スポンサーリンク

ウクライナ国歌

ウクライナ国歌

  • 新日本フィルハーモニー交響楽団 & 小澤征爾
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes