いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

フランスの軍服 陸軍防寒シャツとは? 0237 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、フランス軍の防寒(サーマル) シャツを分析します。

ヒー◯テックが安価に入手できる我が国では、必要のない装備かもしれません。

でもなんか、着ていて嬉しいシャツですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  フランスの軍服 陸軍防寒シャツとは?

フランス軍が支給していたM64以降の戦闘服は、そのデザイン性や使い勝手の良さから、世界でも有数の戦闘服でした。

しかし、ヨーロッパの国としては広い国土を持つフランスは、南部は比較的温暖ですが、北部は寒冷であることから、薄い戦闘服では不都合が生じました。

真冬なら着込めば良いのですが、春秋又は高地の部隊では、支給されている戦闘服は明かに防寒能力に不足していました。

そこでフランスは、戦闘服と同じ色調の防寒装備を開発、支給したのです。

今回のモデルは、そうして開発された防寒シャツ(OD)です。

いわゆる「ちょっとした」装備ですが、兵士の事を考えて造られています。

さて、どんなシャツでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  シャツの全体及び細部写真

前面

生地の白い斑点は、膝や手をついた跡です。

(カ◯ではありませんよ!)

f:id:akmuzifal6489:20191127123025j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191127123006j:image

 

前面裏側

ポケットはなく、とてもシンプルなデザインです。
f:id:akmuzifal6489:20191127123018j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191127122958j:image

 

ジッパーでタートルネックになります。

これは嬉しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191127122949j:imagef:id:akmuzifal6489:20191127123029j:image

 

ジッパー

金具のカラーがAMX13〜30戦車の色調にそっくりですね。
f:id:akmuzifal6489:20191127123002j:imagef:id:akmuzifal6489:20191127122952j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20191127123010j:image

 

袖口

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191127123021j:imagef:id:akmuzifal6489:20191127123014j:image

 

生地のアップ
f:id:akmuzifal6489:20191127122955j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地のカラーはグレイがかったOD(オリーブドラブ)で、フランス軍独特のものです。

生地は、例えれば高級なポロシャツみたいなもので、僅かながら伸縮性があり、保温性と吸湿性に優れています。

適正サイズなら日本人の私のもピッタリで、ヨーロッパ物によくある、身幅をあわせると、袖がめちゃ長い…などということはありません。

プルオーバーで、ジッパーで開閉しますが、ジッパーは襟の先端まであって、簡単にタートルネックになります。

(考えてみれば、M64以降の戦闘服は、通常の状態で首元が大きく開いていましたね。)

これで首元も安心です。

ポケット類は一切なく、あくまで戦闘服の下に着用するアンダーウェアです。 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1994年

 ・製造場所                   フランス

 ・契約会社                   フランス

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                104

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約77センチ

                                    肩幅  約45センチ

                                    身幅  約53センチ

                                    袖丈  約65センチ                                          

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

 スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

5  まとめ

約30年前に、愛知県のミリタリーショップで初めて目にした時から、一目惚れして即購入。

以来、何着か着つぶして毎年着用しています。

特に、汗もかきますが気温が下がってくる秋には重宝しますね。

実際に着てみると、あまりヨーロッパものという感じがしません。

バリバリ日本人体型の私でも、普通に着用できます。

でも、ジッパーでタートルネックになる辺りは、国産物にはない処理で斬新でした。

(ちょうどその頃から、国内アウトドアメーカーでも同様のシャツを販売し始めましたね。)

じつは、CCE迷彩バージョンもあるんですよ。

フランスもお気に入りのようです。

注意点は、コットンですので汗や水で完全に濡れてしまうと、なかなか乾かないというところです。

着用する場合は、なるべく濡れないようにしましょう。

用途はいくらでも考えられますね。

カラーも落ち着いているのが助かりますね。

普段着でも、サバイバルゲームでも、ちょっと肌寒い時期にもう一枚、でもセーターを着込む程ではない…そんな時におすすめですよ!

 

今回は、フランス軍の、本当に使える防寒シャツを分析しました。

次回は、同じ用途のスウェーデン軍シャツを分析します。

お楽しみに!

参考:他のフランス陸軍装備関連の記事はこちらです。⬇︎

 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

きみのうた

きみのうた

  • 安田 レイ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes