いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【韓国の軍服】陸軍迷彩ヘリクルージャケットとは? 0254 🇰🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、韓国軍の迷彩服を分析します。

一般兵科用ではなく、航空兵用のようです。

何処かで見たデザインですよ!

本日のテーマは「敵を知り、己を知らば百戦危うからず」です。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  韓国陸軍迷彩ヘリクルージャケットとは?

北朝鮮の奇襲南侵から始まった朝鮮戦争ですが、アメリカ軍を主体とする国連軍と、マッカーサーの奇跡的な作戦(仁川上陸)の成功により、韓国はなんとか首の皮一枚で共産主義化を免れました。

まさに奇跡でしたね。

以降軍事政権によるクーデターなどもありましたが、日本やアメリカの支援と、中国からの伝統であったパクリ文化やヤクザ政策で、経済発展を遂げましたね。

そんな韓国軍は、当然ながらアメリカ系の軍装を採用しています。

当初、迷彩装備は特殊部隊や海兵隊など一部の部隊のみが採用していましたが、1980年代から陸軍でも標準的に迷彩服を採用、支給するようになりました。

(アメリカ軍のウッドランド迷彩服支給に概ね連動した形です。)

今回のモデルは、その当時のヘリクルージャケットになります。

現行のデジタル迷彩服の一つ前の型になりますよ。

どんなジャケットなのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  韓国陸軍迷彩ヘリクルージャケットの全体及び細部写真

前面

MA–1とL–2を足して13で割ったようなデザインですね。

韓国軍の被服は、着丈が長いのが特徴です。

f:id:akmuzifal6489:20190908063355j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190908063423j:image

 

前面裏側

一見リバースブル風ですが、リバーシブルではありません。

全面にライニングがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190908063409j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190908063426j:image

 

前合わせはジッパーのみです。

ストームフラップはありません

f:id:akmuzifal6489:20190908063401j:image

 

エポレットが付いています。

細長くてテーパーなしのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20190908063343j:image

 

胸ポケット

初期のMA−1のように、直にポケット口に付けられたダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190908063420j:image

 

ポケットの中はホワイトの生地です
f:id:akmuzifal6489:20190908063350j:image

 

ポケットの容量は小さいです。
f:id:akmuzifal6489:20190908063404j:image

 

左袖のシガレットポケット
f:id:akmuzifal6489:20190908063434j:image

 

プラスティックジッパーです。
f:id:akmuzifal6489:20190908063345j:image

 

袖口

化繊のニットで二段織です。リッチですね。
f:id:akmuzifal6489:20190908063428j:image

 

裾ニット
f:id:akmuzifal6489:20190908063417j:image

 

襟ニット

首回りは、MA–1などよりタイトで、ニットも高いです。
f:id:akmuzifal6489:20190908063414j:image

 

背面肩付近には、ステッチが。

アメリカ系フライトジャケットによく見られる処理ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190908063411j:image

 

内ポケット

B–15やMA–1の処理と同じですね。
f:id:akmuzifal6489:20190908063358j:image

 

内ポケットも内側は白い生地です。
f:id:akmuzifal6489:20190908063431j:image

 

ジッパースライダー裏面の刻印
f:id:akmuzifal6489:20190908063348j:image

 

部隊マーク?
f:id:akmuzifal6489:20190908063406j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  韓国陸軍迷彩ヘリクルージャケットの特徴とは?

迷彩は、濃いダークイエローをベースにグリーン、ブラウン、ブラックで雲型を描いています。

一見、アメリカ軍のリーフパターンやウッドランドと同じような迷彩に見えますが、パターンも色調も全く違がっていますね。

参考にしながらも、それらしいパターンを描いたという感じです。

(おそらく、アメリカ軍のリーフパターンがどんな経緯で開発されたのかなんて、全く知らなかったのでしょう。)

とりあえず作ってみました感ありありの迷彩です。

色調がとても明るいのが特徴です。

生地は、コットンとポリエステルの混紡で、ライニングは、ポリエステル100%のようです。

デザインは、基本アメリカ軍MA–1ですが、エポレットがあったり、襟周りのタイトさがL–2のようです。

勿論、ポリエステルと思われる中綿も入っています。

寒い韓国では助かる装備ですね。 

4  韓国陸軍迷彩ヘリクルージャケットの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1980年代

 ・製造場所                   韓国

 ・契約会社                   韓国

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                不明

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約65センチ

                                    肩幅  約48センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約57センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

5  韓国陸軍迷彩ヘリクルージャケットまとめ

既に韓国軍では、この迷彩生地を用いた被服は用途廃止になっているようです。

そのため、日本でもよく目にするようになりました。

ほんの30年くらい前は、輸出禁止されていた(テロ防止等で)アイテムですが、大きく変わりましたね。

でも、この型のジャケットは珍しいですよ。

実際に着用してみると、胴長の私には着丈がちょうど良いです。

迷彩は、やや明るくて、メリハリが効いているので、日本でも効果がありそうです。

(むしろ韓国では明る過ぎたのでは?)

でも、敢えて購入するほどのものではなさそうです。

 

さて朝鮮戦争では、韓国を守る為に数多くのアメリカ軍兵士が、祖国を遠く離れた極寒の朝鮮半島で命を落としました。

にも関わらず文大統領率いる現政権は、北にすり寄っている気がしますね。

赤化統一に向かって進んでいるのでしょうか?

でも過去の歴史をみると、共産主義に飲み込まれた資本主義国は、大きな悲劇に見舞われました。

韓国の人々はそれがわかっているのでしょうか?

我が国においても、万葉の時代から、安全保障の対象であった韓半島。

なんとか、独立を保ってもらいたいですね。

それには、本当の歴史を知る必要があるようです。

よく韓国は日本のことを「歴史を忘れた民族に未来はない」と言います。

でも、本当に歴史を忘れているのは韓国ではないでしょうか?

一刻も早く本当の、そして正しい歴史を認識して、北朝鮮、中国、ロシアと対峙してもらいたいですね。

 

今回は、韓国軍の少し前の迷彩服を分析しました。

次回は、朝鮮戦争つながりで、ドイツの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:最新の韓国軍迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 今回のモデルが参考にしたアメリカ軍迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回のモデルが参考にしたアメリカ軍フライトジャケットのひとつはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク 

Scarborough Fair / Canticle

Scarborough Fair / Canticle

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes