いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

意外なメーカーがプロデュース!【アメリカの軍服】旧陸軍航空隊A–2レザーフライトジャケット(ハーレー社モデル)とは? 0256 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1940年代のアメリカ陸軍航空隊レザーフライトジャケットA–2のモデル品を分析します。

驚くことに、あの有名なバイクメーカープロデュースの製品ですよ。

恥ずかしながら、この製品の存在を知りませんでした。

(…反省!)

中古品ですが程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ旧陸軍航空隊A–2レザーフライトジャケット(モデル品その1)とは?

1990年代中期ごろでしたでしょうか?

 

日本のミリタリー雑誌で、あるフライトジャケットが紹介されました。

 

それは一部の志を持ったマニアが集まり、自分たちで大戦当時のフライトジャケットを忠実に再現し製品化したものでしたね。

 

その記事で、主に取り上げられたのがいわゆる「A–2」と呼ばれる大戦中のアメリカ軍レザーフライトジャケットです。

 

それまでも、同種のモデル品は存在しましたが、より詳細に分析し、原材料を厳選し、必要ならば当時の物を分解して型紙を作成するなど、製造には徹底的にこだわりました。

 

そうして完成したA–2は、まさに昔の写真通りの姿を再現していたことから、まずマニアが挙って購入、その後一般の方(マニアは一般ではない?)にも大ヒットしたのは記憶に新しいところですね。

 

外国では、イギリスやアメリカ製のモデル品は存在していましたが、それらも凌駕する完成度に海外でも話題になりましたよ。

 

以来、主に日本とアメリカでは、モデル品ブームが勃発!現在も続いています。

 

今回のモデルは、そんなブームを横目で見ていたアメリカの大御所が、重い腰を上げて製造したものになります。

 

さてさて、その再現度はどんなものなのでしょうか?

 

今回は、フライトジャケットコレクターのみならず、バイカーのあなたと一緒に、確認していきましょう! 

2  A–2レザーフライトジャケットの全体及び細部写真

前面

雰囲気はよく再現できています。

 f:id:akmuzifal6489:20191214095255j:image

 

背面

一枚革です。忠実ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191214095251j:image

 

前面裏側

薄いキルトのライニングです。

カラーが派手ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191214095242j:image

 

背面裏側

ん?このマークは?
f:id:akmuzifal6489:20191214095248j:image

 

なんと、ハーレー◯ビットソンでした!
f:id:akmuzifal6489:20191214095313j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191214095211j:image

 

ポレットは僅かにテーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20191214095215j:image

 

腹部のポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191214095227j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214095317j:image

 

ジッパーは「TARON」です。
f:id:akmuzifal6489:20191214095223j:image

 

にっとは数段にわたり織られています。
f:id:akmuzifal6489:20191214095259j:image

 

腰ニットも袖ニットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20191214095308j:image

 

背中上部にあるループのsステッチ
f:id:akmuzifal6489:20191214095235j:image

 

脇にはちゃんと通気孔が。
f:id:akmuzifal6489:20191214095218j:image

 

なんと内ポケットも装備

これはオリジナルにはない装備ですが、あれば便利ですよね。
f:id:akmuzifal6489:20191214095303j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214095207j:image

 

タグ

元々日本向けの製品なのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191214095203j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214095238j:image

 

製造は、革製品で定評のある韓国製です。
f:id:akmuzifal6489:20191214095231j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルは、分厚いけど柔らかく、しなやかなカウハイド(牛革)です。

 

現時点では、中古で購入しガンガン使用していたので、変色や擦れがありますね。

 

ライニングは、赤いポリエステルの薄いキルトが張ってありますよ。

 

大戦当時のパイロットも、ライニングを真っ赤なシルクに張り替えたり、ニットを赤に替えたりしてカスタム化していました。

 

あるいは、今回のモデルのような改造もあったかもしれませんね。

 

このライニングのおかげで、コットンポプリン一枚のオリジナリよりかなり暖かいです。

 

デザインは、意外にも中実にA–2を再現していますが、襟のダットファスナーによるボタンダウンは省略されています。

 

また、オリジナルには無かった、内ポケットが設けられていますよ。

 

これは有難い装備ですね。

 

全体的な縫製は、正確ですが少々強度が足りないようです。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     韓国

・契約会社     アメリカ

・製造会社     韓国

・材  質     カウハイド

          ポリエステル

          アクリル 

・表記サイズ    L

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約63センチ

          肩幅 約50センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約66センチ

・状  態     中古並品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

 スポンサーリンク

 

 

 

 スポンサーリンク

5  まとめ

今回のモデルを販売しているハーレー社は、じつは大戦中のアメリカ軍主要レザーフライトジャケットのモデル品を製造販売しています。

(確認しているのはB–3、B–6、D–1と今回のA–2です。)

 

勿論、日本製の高級精密モデル品に比べて、再現度はかなり低いです。

 

でもオリジナルに無かった工夫もされていて、むしろ実用にはこれらのモデル品が向いているかもしれませんね。

(バイクメーカーなので、やはりバイクでの使用を想定しているのでしょうか?)

 

実際に今回のモデルを使用してみると、サイズがピッタリだったので快適です。

 

風はまず通さないですし、ライニングのキルトも暖かいですね。

 

内ポケットには、携帯電話や免許証を入れることができて、バイクでも重宝しています。

 

さすがに真冬では少々防寒能力不足ですが、このジャケットの上にベルギー軍スモックなどを重ね着することで対処しています。

 

真冬のツーリングもこれでOKです!

(他人の目は気にしない!)

 

残念ながら。2020年を迎えようとしている現在では、なかなか目にする事がなくなりました。

(定番ではなく、一時的に販売した商品だったのかも?)

 

でも日本製高級レプリカの影で、売れ残っている場合もあると思います。

 

アメ横やバイク用品店辺りを一軒づつあたってみましょう。

 

もしかしたら(売れないので)、値引きに応じてくれるかもしれませんよ!

 

今回は、アメリカ有名バイクメーカープロデュースのモデル品A–2レザーフライトジャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ軍のレザージャケットはこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワイルドで行こう!

ワイルドで行こう!

  • ステッペンウルフ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes