いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 M65フィールドジャケット(1st:最初期型)とは?  0264 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回も、アメリカ軍の戦闘服を分析します。

歴史あるM65フィールドジャケットは、このモデルから始りました。

今回も状態は、あまり良くありませんが、識別点が判っていただいたら幸いです。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服 M65フィールドジャケット(1st:最初期型)とは?

前作M51フィールドジャケットで、ある意味戦闘服の頂点を極めたアメリカ軍。

でも朝鮮戦争でバトルプルーフを受けたM51は、前線から多くの問題点が指摘されました。

(詳しくは下のM51フィールドジャケットの記事をご覧ください。) 

朝鮮戦争終了後、早速アメリカ軍はM51フィールドジャケットの回収に乗り出します。

そしてベトナム戦争真っ盛りの1965年に、新しいフィールドジャケットM65を採用しました。

今回は、その一番最初のモデルになります。

これまで分析した中期型、最終型と、どう違うのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

(なお、官給品は当初OG(オリーブグリーン)しかありませんでした。迷彩は1980年代のウッドランド迷彩からになります。) 

2  フィールドジャケットの全体及び細部写真

前面

一見その後のモデルと大差ありませんが…。

f:id:akmuzifal6489:20191223163555j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191223163222j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191223163504j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191223163310j:image

 

前合わせはジッパーと  ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20191223163159j:image

 

サイズタグ

下は元オーナーの認識番号でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191223163245j:image

 

品名タグ

契約年度が示されていませんが、1966年頃の契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20191223163210j:image

 

後のモデルにあるエポレットとボタンがありません。
f:id:akmuzifal6489:20191223163529j:image

 

胸ポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191223163334j:image
f:id:akmuzifal6489:20191223163322j:image

 

腰ポケット

こちらも  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191223163358j:image
f:id:akmuzifal6489:20191223163644j:image

 

ネイムタグ

分厚いコットンデニムタグ
f:id:akmuzifal6489:20191223163620j:image

 

陸軍タグ

薄いODナイロン製
f:id:akmuzifal6489:20191223163608j:image

 

部隊マーク

両側にあります。そうでしたっけ?
f:id:akmuzifal6489:20191223163633j:image

 

立体裁断で、通常の状態では緩やかに曲がっています。
f:id:akmuzifal6489:20191223163411j:image
f:id:akmuzifal6489:20191223163436j:image

 

袖口はマジックテープで開閉

コットンポプリンのマチがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191223163543j:image

 

ジッパーは「CONMER」のアルミ製(スライダーとプルリングはブラス)
f:id:akmuzifal6489:20191223163124j:image

 

チンストラップは、シェルと同じ生地でしっかり作られています。
f:id:akmuzifal6489:20191223163700j:image
f:id:akmuzifal6489:20191223163136j:image

 

左襟に残っていた金属の階級章

上級曹長です。
f:id:akmuzifal6489:20191223163112j:image

 

背中のアクションプリーツも最初期型から。
f:id:akmuzifal6489:20191223163450j:image

 

データタグ  欠損でした。残念!
f:id:akmuzifal6489:20191223163515j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20191223163235j:image

 

腰ポケット内の生地は生成りです。

裾が不意にめくれると、目立ちます。

夜戦では7.62mm 54R弾が容赦なく飛んできるかもしれませんね。
f:id:akmuzifal6489:20191223163149j:image

 

勿論フードも最初期から装備
f:id:akmuzifal6489:20191223163346j:image
f:id:akmuzifal6489:20191223163259j:image

 

襟裏のジッパーもアルミです。

意外と目立ちますね。
f:id:akmuzifal6489:20191223163422j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず目につくのは、エポレットが廃止されているところです。

これが最初期型の一大特徴ですね。

その後エポレットはすぐに復活し(頭の硬い陸軍からクレームが入ったのでしょうか?)、以降ウッドランド迷彩のモデルまで継承されました。

その他では、ジッパーが全てアルミ製です。

スライダーもシルバーにメッキされていますね。

これで軽量が図られています。

でも実際は、アルミ合金であるため脆く、錆びると極端に変形してジッパーの開閉ができなくなる欠点がありました。

(M51系からアルミ合金が用いられていましたが、M65系は何故か錆が多いですね。)

また、襟を立てると結構目立ちますね。

結局1970年代の中期型からは、ブラスに変更されました。

本当の軽量化は、YKK製のプラスティックジッパーを採用した後期型まで待つことになります。

生地は、100パーセントコットンサテン‘で、ナイロン混紡ではありません。

(今回のモデルも褪色が甚だしいです。)

あと腰ポケット内の生地が生成りのコットンが使用されていますね。

M65は、ライニングの裾をシェルに縫い付けていないので、裾がめくり上げられると、とても目立ちます。

同じ理由で、タグがホワイトも目立ちますね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1966年頃

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                M–R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約78センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約61センチ

                                    袖丈  約61センチ                            

 ・状態                        中古並品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

1965年採用のM65フィールドジャケットですが、改良されつつアメリカ陸軍ではACU迷彩のモデルまで製造されました。

現在のマルチカムのモデルはまだ確認できていませんが、おそらく採用は見送られたのではないでしょうか?

もしそうでも、一国の軍隊で50年以上使用された息の長い戦闘服になりますね。

これはそのまま、M65フィールドジャケットの優秀さを示す物だと思います。

またその秀逸なデザインは、世界中で模倣され現在に至っています。

(敵も味方もM65…なんてこともあったかもしれませんね。)

 

さて、今回のモデルですが記念品的にマニアがコレクションするならともかく、一般の方は手を出さない方が良さそうです。

ただ、もしデッドストックでジッパーに錆のないモデルを見つけたら、購入しておいた方が良いかもしれません。

生産量が極端に少ない今回のモデルは、人気があって年々価格が上がっています。

良い状態のジャケットは、将来きっとオーナーを助けてくれるはずです。

そういえば、昨今国内外のモデル品メーカーが今回のモデルを復元したとの情報があります。

タグを加工し、使用感を加えた官給品もどきが出回るかもしれません。

呉々も騙されないようにしてくださいね。

 

正式は外れたかもしれませんが、M65フィールドジャケットはとても機能的なジャケットです。

ライナーや別装備のハードフードを取り付けることにより、防寒性能も各段に向上します。

サバイバルゲームは勿論、狩猟、野鳥観測、ツーリング、各種作業等々、全てのシーンで使えるジャケットと言えます。

市販品も多く、カラーやサイズも各種あることから、まさに老若男女誰もが使用できるジャケットですね。

この素晴らしいジャケットを、ぜひ皆さんも着用してみてください。

おすすめですよ!

 

今回は、M65フィールドジャケットの一番最初のモデルを分析しました。

次回は、ポルトガルの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

参考:M65の前身である、M51フィールドジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回のモデルの後に開発されたM65(OG)はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

アメリカ軍正式採用の迷彩生地M65フィールドジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

The Sound of Silence

The Sound of Silence

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
America

America

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
The Boxer

The Boxer

  • サイモン&ガーファンクル
  • フォーク
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
I Am a Rock

I Am a Rock

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes