いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

最初の単色スモックです!【イギリスの軍服】陸軍P60スモック(OG単色)とは? 0278 🇬🇧 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211122083917p:plain

今回は、1960年代のイギリス軍単色スモックを分析します。

まだイギリス軍内で迷彩服が限定使用だった頃のアイテムですね。

手の込んだ造りが魅力です。

中古品でかなりの使用感があります。

今回は閲覧注意でお願いします。

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  イギリス陸軍P60スモック(OG単色)とは?

第二次大戦中から通称「バトル・ブラウス」と呼ばれる、丈の短いウール製の戦闘服を主な装備として戦ったイギリス軍。

 

通常の制服を、より目立たない色調の生地で製作するという、第一次大戦以前の考え方を貫いていました。

 

いかにも保守的なイギリスらしいですね。

 

1950年から始まった朝鮮戦争で国連軍の一員として参加したときも、概ね大戦中の装備のままでしたよ。

 

でも、アメリカ軍の最新M51系装備を目のあたりにして、軍事的なカルチャーショックを受けます。

 

自分たちの装備が、あまりに旧式、旧態であることを認識したからです。

 

アメリカ軍のM51系装備は、ジッパーやダットファスナーを多用し、ジャケットやパーカーなどレイヤード(重ね着)システムを採用した革新的な装備だったのですね。

 

それまでもイギリス軍は、デニソンスモックという先進的な迷彩服を開発、空挺部隊や狙撃兵に支給していました。

 

迷彩ではないですが、デニソンスモック以上の被服を、アメリカ軍は末端の兵士にまで支給していたのです。

 

それまで、軍事的後進国と見下していたアメリカ軍が、自分たちより遥かに優れた装備を持っていたのは衝撃的だったようですね。

 

イギリスは直ちにサンプルを入手して、まずはM51フィールドジャケットを参考に、新しいスモックを開発しました。

 

そして1960年に採用されたのが、今回のモデルです。

 

その後、生地をDPMに変えたモデルも開発。並行して1970年頃まで使用されました。

 

さてさて、それはどんなスモックなのでしょうか?

 

今回は、コアなイギリス軍装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう! 

2  全体及び細部写真です!

前面

DPMでないので、細部がよくわかりますね。

ローデシア軍のスモックにも影響を与えているようです。

(かなりの使用感があります。) f:id:akmuzifal6489:20191226133645j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191226133648j:image

 

前面裏側

左右胸ポケットの裏側には、内ポケットがあります。

ライニングは上半身と袖です。これがハーフライン?
f:id:akmuzifal6489:20191226133527j:image

 

背面裏側

下部には大きなマップポケットが設けられています。
f:id:akmuzifal6489:20191226133638j:image

 

前合わせはジッパーとボタンですが、ジッパーは短いですね。
f:id:akmuzifal6489:20191226133547j:image

 

タグ

一まとめになっています。
f:id:akmuzifal6489:20191226133523j:image

 

エポレット

テーパー付きのラウンド型です。

階級章を取り付けた跡があります。
f:id:akmuzifal6489:20191226133559j:image

 

胸ポケット

角度が付いています。

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191226133631j:image
f:id:akmuzifal6489:20191226133552j:image

 

腰ポケット

こちらは垂直です。

プリーツ付き、ボタンで開閉

ポケット口にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191226133518j:image
f:id:akmuzifal6489:20191226133532j:image

 

ジッパーは「NZ」という刻印が。
f:id:akmuzifal6489:20191226133641j:image

 

ジッパー差込口には「FLASH」
f:id:akmuzifal6489:20191226133544j:image

 

襟は沢山のステッチがあります。

これで強度と形を維持しているのでしょうか?

この襟がP60の大きな識別点ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191226133510j:image

 

襟裏にはチンストラップがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191226133612j:image

 

背中にはタックが2本あります。

このため、自然にウエストが絞られているように見えますね。
f:id:akmuzifal6489:20191226133628j:image

 

マチ付きでボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20191226133514j:image
f:id:akmuzifal6489:20191226133536j:imagef:id:akmuzifal6489:20191226133603j:image

 

内ポケット

左右にあって、表側の胸ポケットと同じ角度になっています。

f:id:akmuzifal6489:20191226133634j:image

 

脇には通気孔が。
f:id:akmuzifal6489:20191226133507j:image

 

オプションのフード

(デッドストック)

右面
f:id:akmuzifal6489:20191226133540j:image

 

左面
f:id:akmuzifal6489:20191226133621j:image

 

右面内側
f:id:akmuzifal6489:20191226133556j:image

 

左面内側
f:id:akmuzifal6489:20191226133616j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20191226133607j:image

 

ダットファスナーとドローコード

ダットファスナーはでニソンスモックなどと同じメーカー。

丸いストッパーは木製です。
f:id:akmuzifal6489:20191226133652j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地は、OG(オリーブグリーン)のコットンサテンで、アメリカ軍のM43フィールドジャケットなどの生地に似ています。

 

とても緻密に編まれていて、防風性能が高そうですよ。

(また新品・未使用の状態なら撥水性もあったという情報もあります。)

 

デザインは、典型的な4ポケット+内ポケットのコートタイプですが、胸ポケットに角度が付いていたり、腰ポケット口にゴムを内蔵しているなど独特ですね。

(デニソンスモックの影響も受けてるようです。)

 

各ポケットは、  ダットファスナーではなく表出しのボタンです。

(その後も、現在のMTPに至るまで一般兵科のスモックはボタンを採用しています。修理が容易だからでしょうか?)

 

面白いのは襟で、何本ものステッチがありますよ。

 

古今東西の衣料品でも、あまり例のない処理ですね。

 

専用のフードはありますが、ライナーは装着できません。

 

あくまでスモックなんですね。 

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧でイギリス軍の上質な仕立てになっています。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1963年

・製造場所     イギリス

・契約会社     イギリス

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    2

         (日本人のM〜L)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約75センチ

          肩幅 約49センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古並品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

実際にこのスモックを着用すると、意外に腰ポケットが使いづらいです。

 

これはポケット口にゴムでテンションがかかっているのが原因ですね。

 

また、襟も固くて違和感があります。

 

もしかしたら、チンストラップでスタンドカラーにした場合に、襟自体の強度を得るためにこうしたのかもしれませんね。

 

設計者の意図がどのようなものであったのか、今では確認することはできませんが、全般的にオーバースペック感がありますよ。

 

量産品ですが、試作品的な意味合いもあったスモックだったのかもしれませんね。

(1950年代から試験的に導入されたという説もあります。)

 

さて、今回のモデルはかなり使用された中古品ですが、約20年前まではデッドストックが普通に、販売されていました。

 

ところが今では、どこにもありません。

 

それどころか、中古品でもとても高価になっていますね。

 

マニアの方は、もしデッドストックを発見したら、できる範囲で購入しておきましょう。

(世界中で数が減少しています。イギリス本国でも少なくなっているそうですよ。)

 

一方、一般の方は、あえて購入するほどのものではないようです。

 

未確認情報ですが、ある有名なファッションブランドが、モデル化していたことがあるようです。

 

実用には、そちらを購入するのが良いかもしれませんね。

 

今回は、イギリス軍近代スモックの始祖とも呼べるP–60スモックを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20211122更新)

参考:同じ時期の各国装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

DPM生地のP–60スモックはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

レット・イット・ビー

レット・イット・ビー

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
アイ・アム・ザ・ウォルラス

アイ・アム・ザ・ウォルラス

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ハロー・グッドバイ

ハロー・グッドバイ

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ゲット・バック

ゲット・バック

  • ビートルズ & ビリー・プレストン
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
イエロー・サブマリン

イエロー・サブマリン

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ペニー・レイン

ペニー・レイン

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes