いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

旧ソ連の軍服 陸軍VSR迷彩服セット(山岳兵用?)とは?  0287 USSR ミリタリー

jこんにちは!

今回は、またまた旧ソ連軍の迷彩服を分析します。

「いったい、何回同じ迷彩服を記事にすれば気が済むんだ!」

…お怒りはごもっともです。

でも、それには意味があるのです!

(根拠の薄い強気!)

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  旧ソ連の軍服 陸軍VSR迷彩服セット(山岳兵用)とは?

通称「VSR」又は「ショフィールド」と呼ばれている迷彩服ですが、じつは旧ソ連軍時代に開発され、ソ連崩壊後はロシア軍でも製造・使用された珍しい迷彩服なんですね。

でもその生地や仕立ては、ソ連製とロシア製では、大きく違っているのが特徴です。

当ブログでも、今回のモデルと同じくソ連時代とロシア時代のVSR迷彩服を分析しまた。

しかし今回のモデルは、それらとは僅かに違っている箇所がありましたよ。

(違いの判るあなたへ…。)

さて、どんな迷彩服なのでしょうか?

一部これまでのVSR迷彩服も加えて、確認していきましょう! 

2  VSR迷彩服セット(山岳兵用?)全体及び細部写真

前面

カーキが強い迷彩ですね。

f:id:akmuzifal6489:20191229170102j:image

 

背面

やはり斜めに流れている迷彩は珍しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191229170105j:image

 

前面裏側

青い裏地も旧ソ連製の特徴ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191229170129j:image

 

背面裏側

迷彩は微かに透けていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191229170054j:image

 

各種スタンプ

タグはなくてスタンプなのがソ連製の特徴です。
f:id:akmuzifal6489:20191229170125j:image

 

エポレットはテーパーなしのクサビ型です。

でも、普通の長さですね。
f:id:akmuzifal6489:20191229170047j:image

 

胸ポケット

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191229170033j:image

f:id:akmuzifal6489:20191229170026j:image

 

腰ポケット

こちらも2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191229170113j:image
f:id:akmuzifal6489:20191229170121j:image

 


f:id:akmuzifal6489:20191229165945j:image
f:id:akmuzifal6489:20191229170133j:image

 

ボタンホールの生地は、中央と両端でポケットフラップに縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20191229170042j:image

 

袖ポケット

こちらはマジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191229165949j:image
f:id:akmuzifal6489:20191229170109j:image

 

袖はタックとマチ付きで、ボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20191229170002j:image
f:id:akmuzifal6489:20191229170014j:image

 

肘の補強生地

小判型です。

面積は小さいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191229170038j:image

 

脇の通気孔はボタンホールタイプで、4個あります。
f:id:akmuzifal6489:20191229170030j:image

 

表裏のアクションプリーツ

ロシア製よりやや深いですね。
f:id:akmuzifal6489:20191229170118j:image
f:id:akmuzifal6489:20191229170058j:image

 

内ポケット

左右平行に設けられています。

(ロシア製は段違いでしたね。)
f:id:akmuzifal6489:20191229165952j:image

 

裏側のウエストと裾のドローコード

イエローのナイロン製

用途不明テープ(中段)はコットン製です。
f:id:akmuzifal6489:20191229170018j:image

 

迷彩パターンと色調の比較

左側:以前分析したソ連製一般タイプ(褪色後)

中央:今回のモデル

右側:ロシア製

ソ連製とロシア製では、迷彩の色調が変わっています。
f:id:akmuzifal6489:20191229170051j:image

 

ソ連製のみの比較

左側:一般タイプ(褪色後)

右側:今回のモデル

襟、前身頃、ポケットの縫製が違っていますね。

製造所で違うのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191229170021j:image

 

生地の比較

上:ソ連製一般タイプ

中:今回のモデル

下:ロシア製

ソ連製とロシア製では生地の細かさが違いますね。

色調も僅かに違っています。
f:id:akmuzifal6489:20191229170818j:image
f:id:akmuzifal6489:20191229170006j:imagef:id:akmuzifal6489:20191229170009j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、カーキの強い色調で、パターン以外は以前分析したソ連製モデルと変わりません。

VSR迷彩服には、以前分析した一般用と言われるグリーンの強いものと、今回のモデルのような山岳兵用がありました。

(ロシア製のVSR迷彩は、この山岳兵用と似ていますね。)

パターンは、ソ連製なので当然一般用と同じですが、ロシア製とは僅かに違っているようですね。

生地は、やはり粗末な目のやや粗いコットンツイルです。

ゴワゴワで、肌触りが良くありません。

また、僅かながら一般用と仕立てが違っていますよ。

デザインは、一般用やロシア製と大きく変わったところはありません。

いわゆる「アフガンタイプ」と呼ばれる、当時の西側BDUを模したデザインです。

でも、仕立ては同じソ連製でも違ったものになっていますよ。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   旧ソ連

 ・契約会社                   旧ソ連

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン                

 ・表記サイズ                170–100

                                 (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                    着丈  約72センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約56センチ                                                

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 大阪の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

以前分析したソ連製一般モデルは、顕著に褪色していましたが、ポケット内などに本来の色調が残っていました。

それと比較すると、今回のモデルはあきらかにベース色が違っていますね。

面白いです。

(勿論、ロシア製とも違っていますよ。)

またソ連末期の製品なので、生地はあまり良くないものが使用されていますよ。

国の盛衰は、こんなところにも顕著に出てくるのですね。

…とは言え、迷彩は素晴らしく、日本でも効果がありそうですよ。

ただし、ソ連製は極端に数が少ないです。

実用を考えている方は、ロシア製を選んだ方が無難ですよ。

(それも少なくなってきていますが…。)

将来の事を考えている方は、ぜひソ連製のフルパッチ(全ワッペン)付きで程度の良い中古若しくは、大きいサイズのデッドストックを購入しておきましょう。 

 

今回は、程度の良い旧ソ連製VSR迷彩服を分析しました。

次回は、陸上自衛隊の防寒着を分析します。

お楽しみに!

参考:過去のVSR迷彩服に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 旧ソ連軍の他の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes