いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

自衛隊装備品 陸上自衛隊防寒外被(防寒外衣)専用ライナーとは? 0310 🇯🇵 ミリタリー

こんにちは!

今回は、陸上自衛隊のリバーシブル防寒外被(防寒外衣)専用のライナーを分析します。

本来なら防寒外被(防寒外衣)とセットで記事にするところですが、とても長くなるので今回は見送りました。

今回のモデルは、なんとデッドストックです!

…ということは?

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  自衛隊装備品 陸上自衛隊防寒外被(防寒外衣)専用ライナーとは?

以前、陸上自衛隊リバーシブル防寒外被(防寒外衣)を分析しました。

www.military-spec-an.com

しかし、防寒という名称が付いていながら、リバーシブルパーカーだけでは、さしたる防寒能力もないものでしたね。

これを補うのが専用のライナーでした。

1960年代に開発された防寒外被(防寒外衣)ですが、当初からライナーはセットで開発されました。

以降、材質を変えながら、1990年代まで使用されましたよ。

陸上自衛隊のリバーシブル防寒外被(防寒外衣)は、アメリカ軍リバーシブルスキーパーカーの現代版といった感じですが、ライナーは全くのオリジナルデザインのようです。

さて、どんなライナーなのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  陸上自衛隊防寒外被(防寒外衣)専用ライナーの全体及び細部写真

前面

ほぼ前面がキルトになっています。

古いモデルは、コットンのシェルに中綿が入っていて重量がありましたが、このモデルはナイロンとポリエステルで軽量です。

単体で着用できるのが嬉しいですね。

f:id:akmuzifal6489:20200208183634j:image

 

背面

色調は、これも陸上自衛隊独特のラクダ…もとい、キャメルカラーです。
f:id:akmuzifal6489:20200208183606j:image

 

前面裏側

表裏で色調が違っていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200208183654j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200208183628j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200208183650j:image

 

タグ

1996年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20200208192917j:image

 

襟はニットで、ジッパーで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200208183613j:image
f:id:akmuzifal6489:20200208183658j:image

 

胸ポケット

ナイロン製です。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200208183647j:image
f:id:akmuzifal6489:20200208183620j:image

 

袖のニット

少々硬くて丈夫な織り方です。
f:id:akmuzifal6489:20200208183617j:image

 

腰ニット

こちらも同様です。
f:id:akmuzifal6489:20200208183703j:image

 

ジッパーは世界の「YKK」です。

f:id:akmuzifal6489:20200208183707j:imagef:id:akmuzifal6489:20200208183624j:image

 

着用例
f:id:akmuzifal6489:20200208183609j:image

 

丈の感じ

同じサイズの防寒外被と比べると、ライナーが少し短いですね。
f:id:akmuzifal6489:20200208183631j:image

 

キャメルカラーが目立ちます。
f:id:akmuzifal6489:20200208183638j:image
 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルのカラーは、当時の自衛隊防寒装備独特の 「ラクダ色」(キャメルカラー)です。

昭和生まれの中には、こんな色のシャツや股引(ももひき:ズボン下、パッチ)を着ていた方が居るかも知れませんね。

デザインは、ほぼ前面がキルト製で、中綿があることから保温力が高いです。

襟、袖、腰にはニットを採用。

前身頃にジッパーがあって、ライナー単体で着用可能です。

左胸には、シンプルなポケットがありますよ。

記憶では、たしか下衣があったと思ったのですが…。

ちょっと調べてみます。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1996年

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                   日本

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          ポリエステル

                                      ナイロン

 ・表記サイズ                2号

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                    着丈  約75センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約57センチ

                                    袖丈  約61センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 神奈川県のイベント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

じつは、このライナーの前の型もコレクションしていますが、それに比べると今回のモデルはとても軽量ですね。

デザインは大きく変わりませんが、材質は改良されているようです。

でも、どう考えてもわからないのは、この色調です。

何故この色なのか…と考えると、夜も眠れません!

(ウソです。彼女に振られても、ぐっすり眠れるタイプです!←鈍感?)

それはともかく軽くて暖かく、しかも単体で着られるライナーは使い勝手が良いですね。

(諸外国では、ドイツ、イギリスなどで単体着用可能なライナーを装備していますね。アメリカ軍も最近はフリース製の同じようなライナーを開発していますよ。でも一番早く採用したのは、陸上自衛隊かも知れませんね。)

今回のモデルは、残念ながらネットでもなかなか見かけることがありません。

(そもそも、人気がないですね。マニア以外には認知されていない感じです。)

でも日本人の体型に合致したデザインであることから、各国の各種迷彩スモックなどと合わせると、あらゆるシチュエーションで使用できるライナーと言えます。

独特のキャメルカラーも、森林から砂漠まで、なんとか使えそうですね。

今回のモデルは、デッドストックですが、もしかしたら一連のリバーシブル防寒外被関連は、用途廃止になったのかもしれませんね。

だとしたら、今後沢山出てくるかもしれませんね。

サイズが適正で程度が良いものを見つけたら、取り敢えず入手しておきましょう!

マニアの方は、ぜひトータルでの入手を目指してみてくださいね!

 

今回は、カラーが謎の陸上自衛隊防寒外被(防寒外衣)専用ライナーを分析しました。

次回は、再度陸上自衛隊のリバーシブル防寒外被(防寒外衣)を分析します。

お楽しみに!

参考:陸上自衛隊の防寒装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

今日は久しぶりの休日(それも連休)だったのでバイクで自宅へ帰りました。

帰り着くと、自宅の前に野良ニャンコがいました💕

早速チュール(常時携帯してます💕)をあげようとしたら、ダッシュで逃げてしまいました。😞

(オフロードバイク用フルフェイスヘルメット、アメリカ軍ゴアテックスパーカー、F–1Bフライトトラウザース、コンバットブーツというごく普通の格好だったのですが…。)

なんとか全てのニャンコと仲良くなりたいですね。

…次回は、ニャンコ用のオモチャも準備して臨もうと思います!

(…取り敢えず格好から直した方が近道ね!…と、またも奥(神)様から突っ込みが!😠…負けないもんね!)

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク