いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【旧西ドイツ】国境警備隊(BGS)迷彩トラウザースとは? 0566 🇩🇪 ミリタリー

こんにちは!

今回は、軍隊ではなく警察組織である旧西ドイツ国境警備隊(BGS)の迷彩服トラウザースを分析します。

既にいくつか同じ国境警備隊の装備を分析してきましたね。

でも今回のアイテムは、極端に現存数の少ないモデルになります。

程度は良くないですが、デザインは注目するべき箇所がありましたよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  旧西ドイツ国境警備隊(BGS)迷彩トラウザースとは?

第二次大戦終了後も頑なに、旧ドイツ軍と類似した装備を使用し続けたドイツ国境警備隊(BGS)。

 

同時期のドイツ軍と一線を画した装備は、日本のドイツ軍マニアにも大いに歓迎されましたね。

 

何故なら大戦中のドイツ軍装備の代替品として、好都合だったからです。

(特にヒストリカルゲームでは、重宝されましたね。)

 

しかし、どうしても入手が困難であったのが今回のトラウザースです。

(世の軍装品もそうですが、トラウザースはジャケットに比べて数が少ないですよね。)

 

今回のモデルは、やはり(というか当然というか)大戦中のトラウザースの特徴を色濃く残していましたよ!

 

さてさて、それはどんなトラウザースなのでしょうか?

 

今回は、BGSマニアのみならず、ドイツ軍迷彩服コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  旧西ドイツ国境警備隊(BGS)迷彩トラウザースの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20201105164603j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20201105164119j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201105164527j:image

 

背面裏側

左足に長いステッチがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20201105164134j:image

 

前合わせはボタンです。

(上から3番目のボタンが最初からなかったです。😞)
f:id:akmuzifal6489:20201105164050j:image

 

製造会社、納入時期、所属スタンプ

f:id:akmuzifal6489:20201105173317j:image

 

背面裏側上部(写真が上下反転しています。)

スタンプ

生地の製造所でしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20201105173309j:image

 

右側面レイアウt
f:id:akmuzifal6489:20201105164535j:image

 

ウエストのサイズ調整タブ

ボタンで調整

でも調整量は僅かですね。
f:id:akmuzifal6489:20201105164450j:image

 

腰スラントポケット

四角い(正確には六角形)ポケットフラップ

2個のボタンで開閉

裏地やポケット内側の生地はブルーグレイ。
f:id:akmuzifal6489:20201105164127j:imagef:id:akmuzifal6489:20201105164043j:image

 

ヒップポケット

こちらは五角形のポケットフラップ

1個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201105164515j:imagef:id:akmuzifal6489:20201105164549j:image

 

膝ポケット

四角のポケットフラップ

2個のボタンで開閉

向かって左斜め下のステッチに注意
f:id:akmuzifal6489:20201105164521j:imagef:id:akmuzifal6489:20201105164443j:image

 

なんとポケットの中に小ポケットが!

膝ポケットは、そこの記事のみブルーグレイ。
f:id:akmuzifal6489:20201105164140j:image

 

膝の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20201105164508j:image

 

ゴムを内蔵

f:id:akmuzifal6489:20201105173206j:image

 

左足のステッチ

大きく裂けていますが、製造当時に補修されています。

(糸やミシンも当時の物のようです。)

ですので、左右の幅に違いはありません。

f:id:akmuzifal6489:20201105164110j:image

 

前合わせ裏側

金具は全数ありますね。

f:id:akmuzifal6489:20201105164556j:image

 

おそらくサスペンダー用と思われるタブ

本来は付いていたはずのボタン(合計4個)は最初から欠損。
f:id:akmuzifal6489:20201105165743j:image

 

ポケットボタン

刻印は「PILOT」…なぜ英語?
f:id:akmuzifal6489:20201105164104j:image

 

前合わせのボタン

刻印は「HERKULES☆」
f:id:akmuzifal6489:20201105164058j:image

 

実際の着用例(Twitterより引用)

 

このtweetでは、実際に迷彩トラウザースを使用している例は少ないようですね。

 

それにしても、モロ、旧ドイツ軍風なのがすごいです!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  旧西ドイツ国境警備隊(BGS)迷彩トラウザースの特徴とは?

迷彩は、タンをベースにオリーブグレイで雲形や破片を描き、所々にレッドブラウンで斑点を加えてあります。

両色の境目は細かいダットでボカされていますが、接触はしていません。

 

またその上から、オリーブドラブで垂直の、やや長い破線を描いてありますね。

(いわゆる、レインドロップですね。)

 

一見、大戦中のドイツ国防軍が使用した、通称「ウォーターパターン」に似ていますが、色調やパターンが違っているようです。

 

生地はコットンのサテンに似たもので、緻密で重量があります。

 

デザインは、大戦中のM36などの制服のトラウザースに似ていますが、サイドの膝ポケットが新しいですね。

 

構成は、腰スラントポケット×2、ヒップポケット×2、膝ポケット×2で、ウエストにはサイズを調整するタブがあります。

 

膝や臀部には補強生地があったり、膝ポケットなどは、明らかに他国の影響を受けているようです。

 

全体的な縫製は、ドイツらしく正確で強度も十分ですが、少し凝りすぎの感があって製造コストが高そうです。

(ドイツらしいですが……)

4  旧西ドイツ国境警備隊(BGS)迷彩トラウザースの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1950年代

 ・製造場所                   西ドイツ

 ・契約会社                   西ドイツ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ               不明

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                             ウエスト  約46センチ

                                    股上  約35センチ

                                    股下  約78センチ

                                    裾幅  約12センチ

                                    着丈  約110センチ

 ・状態                        中古並品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  旧西ドイツ国境警備隊(BGS)迷彩トラウザースまとめ

今回の迷彩はその色調から、日本では使用できる季節や場所が限定されそうですね。

 

でもジャケットやスモックにグリーン系のものを使用すれば、このトラウザースも秋冬でなんとか使えそうです。

 

しかし先のTweetを観てもわかりますが、実際に当時の西ドイツ国境警備隊(BGS)では、迷彩ジャケットはともかく、トラウザースは使用頻度が少なかったようですね。

 (もしかしたら、製造数も少なかったのかもしれません。)

 

ジャケットすら数が減って、トラウザースは全く見かけないことを考えると、運良く見つけて購入しても、実用というよりはコレクションとして保管しておいた方が良さそうです。

 

ところで、かつてはデザインの違うモデル品がドイツから販売されていました。

(こちらなら、存分に使えますよ!)

 

モデル品を探しているあなたは、東京上野御徒町の老舗SHOPを覗いてみましょう。

(もしかしたら店内の隅の方に売れ残っているかも?)

 

当時の官給品は、一時期大阪の老舗「M店」に入荷していました。

 

念のためにチェックしましょう!

 

私は、デッドストックを探してみたいと思います。

 

今回は、希少な旧西ドイツ国境警備隊(BGS)の迷彩トラウザースを分析しました。

次回は、趣向を変えて、鳥取県米子市にある航空機用掩体壕(シェルター)を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の旧西ドイツ国境警備隊(BGS)の装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

戦後まもなくにドイツ軍が採用した迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

    ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

 私も多くの動物と仲良くなりたいです!💕

(特に大きいネコ!😍…タヌキさんなら自宅にいて、ご飯作ってくれるんですが…💕)

 

動物園へ行きたーい!😃

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【割引クーポン対象品】実物 新品 ドイツBGS(連邦国境警備隊) ウォーターカモ マテリアルロール 生地ミリタリー 軍物   【Sx】

【あす楽】実物 ドイツBGS(連邦国境警備隊) MODEL 1 GORE-TEX ジャケット W/LINER USED WIP メンズ ミリタリー アウトドア 【クーポン対象外】 プレゼント

ドイツ軍実品 ドイツ連邦国境警備隊 ウォーターカモパーカー フィールドパーカー モッズコート メンズL /eaa060416 【中古】 【201107】

スポンサーリンク

パンツァー・リート

パンツァー・リート

  • 浜口史郎
  • アニメ
  •  
  • provided courtesy of iTunes
Enter Enter MISSION!

Enter Enter MISSION!

  • あんこうチーム
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes