いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【カナダの軍服】リベンジマッチ!陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)とは? 0720 🇨🇦 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210410192658p:plain

今回は、1980年代のカナダ陸軍空挺迷彩スモックを分析します。

以前も同じモデルを分析しましたが、欠品、汚れ、褪色そして使用感もあったりしましたね。

今回はリベンジ(?)ということで、デッドストックを準備しました。

とてもキレイな逸品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  カナダ陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)とは

イギリス軍空挺装備として、第二次大戦中に開発されたデニソンスモック。

 

戦後〜現代に至るまで多くの国でコピーされて使用されていますね。

 

勿論、カナダ軍もデニソンスモックのデザインを継承した空挺スモックを採用しています。

 

当初は、デニソンスモックをそのままコピーしたものでしたが、1970年代からは迷彩生地をDPMに変更、細部を改良(?)したモデルを開発しました。

 

今回のモデルは、そのカナダ軍改良型の空挺スモックです。

 

しかしテイルピース関連のボタンを、全て金属製のファスナーに変更した後期型モデルになります。

 

この金属製ファスナーは独特の形状をしていて、どちらかと言えばバッグやザックに使用されるが多いのですが、カナダ軍は衣類に使用しまっすね。

 

また、各国の空挺装備にはない、独特の装備もありましたよ。

 

さてさて、欠品のない空挺迷彩スモックとはそんなスモックなのでしょうか?

 

今回は、各国の空挺装備マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  カナダ陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)の全体及び細部写真

前面

迷彩が鮮やかで美しいですね。

(下は褪色が顕著な前回のモデル)

f:id:akmuzifal6489:20210408194706j:image

f:id:akmuzifal6489:20210411094629j:image

 

背面

テイルピースは外出しタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20210408194605j:image

f:id:akmuzifal6489:20210411094713j:image

 

前面裏側

前身頃にストームフラップ(ウインドシールド)があります。
f:id:akmuzifal6489:20210408194631j:image

 

背面裏側

面白い所にタグ(取扱説明用)がありますね。
f:id:akmuzifal6489:20210408194608j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210408194814j:image

 

襟はジッパーで立てることができますが、短いです。
f:id:akmuzifal6489:20210408194618j:image

 

前合わせはジッパーのみ。

f:id:akmuzifal6489:20210408194649j:image

 

タグ①

1989年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20210408194729j:image

 

タグ②

英語と仏語表記なのがカナダらしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20210408194817j:image

 

内ポケット

左右にあります。

マジックテープで開閉

開く範囲が面白いですね。
f:id:akmuzifal6489:20210408194714j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194639j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20210408194645j:image

 

テイルピース固定用用ファスナー
f:id:akmuzifal6489:20210408194805j:image

 

エポレット

僅かにテーパーの付いたクサビ型です。

ボタンはオリジナルの「カナディアンタイプ」です。
f:id:akmuzifal6489:20210408194753j:image

 

胸ポケット

ファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210408194623j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194627j:image

 

腰ポケット

ファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210408194612j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194719j:image

 

腰ポケットは、内容物に応じて2段階に調整可能

しかもポケット口にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20210408194736j:image

 

ジッパー

上下から開句ことができます。

刻印は「ACME」
f:id:akmuzifal6489:20210408194701j:image

 

テイルピース用ファスナー

デニソンスモックの方法が継承されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210408194723j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194653j:image

 

裾のサイズ調整タブ

独特な形状の金属製ファスナーに注意
f:id:akmuzifal6489:20210408194658j:image

 

強いテーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20210408194757j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194710j:image

 

肘の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20210408194749j:image

 

袖口もファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210408194744j:image

 

背面の大型ポケット

今回のモデルはジッパーがプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20210408194801j:image

 

テイルピースは、ファスナーのカシメが硬く無理に外すと生地が傷みそうだったので、外すのをやめました。

 

でも本来は股間に通して使用します。

(以前分析したモデル。)

f:id:akmuzifal6489:20210411095014j:imagef:id:akmuzifal6489:20210411095021j:image

 

大型ポケット用ジッパー

刻印は「OPTI 

f:id:akmuzifal6489:20210408194601j:image

 

勿論襟の下にはスリットがあって…
f:id:akmuzifal6489:20210408194635j:image

 

中にはフードがありました。

(前回は切り取られていましたね。)

フード内側は、マホガニーブラウンの生地と二枚合わせになってます。
f:id:akmuzifal6489:20210408194733j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194740j:imagef:id:akmuzifal6489:20210408194809j:image  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  カナダ陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)の特徴とは?

 迷彩は、ホワイトの生地にダークイエロー、ブラウン、グリーン、ブラックを用いて、刷毛で小さく丸く塗ったようなパターンを描いています。

 

これは、イギリス軍が1960年代に開発したDPMですが、カナダ軍のDPMは、標準的なイギリス軍タイプに比べて、色調が鮮やかなのが特徴です。

(特にダークエイローが見た目に大きな影響を与えているようです。)

 

生地はコットンとナイロンの混紡で、軽く丈夫です。

 

新しい生地には、艶があるのが特徴ですね。

 

デザインは、基本イギリス軍のデニソンスモックですが、外観上は袖口、背面裾、上述のファスナーが大きく違っていますね。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2、背面裾大型ポケット、内ポケット×2、で、定番のテイルピースも装備しています。

 

特筆すべきは、背面襟下にスリットがあって内部にはフードが内蔵されているところです。

(通常のモデルは、オプションのフードをボタンで取り付けるタイプでしたね。)

 

ただ、これでは雨や雪がスモック内に侵入するのでは?…なんて考えてしまいました。

 

全体的な縫製は、とても正確かつ丁寧で、強度も充分という上質の仕立てですよ。

 

ただ、金属製ファスナーの一部には、カシメがとても強く取り外せないものがありました。

(何回か取り付け取り外しを行うと、馴染んでくるかもしれませんが……)

 

いかにもカナダ軍らしいですね。

4  カナダ陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1989年

・製造場所     カナダ

・契約会社     カナダ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ナイロン

・表記サイズ    2(MS)

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)  

          着丈 約79センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約64センチ

          袖丈 約61センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     沖縄の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  カナダ陸軍空挺迷彩スモック(DPM・後期型デッドストック)まとめ

今回のモデルは、さすがにデッドストックなので、生地の美しさや、特徴あるフードの状況を写真に残すことができました。

(いやー、ブログって、本当に良いものですね!)

 

こうしてみると、各国の空挺スモックの中でも、特に使用する兵士のことを考えてデザインされているように思えますね。

 

ところで、カナダ軍のDPM装備というのは、この空挺スモックのみだったようですね。

 

また、このスモックを使用したくうて部隊も、トラウザースの開発までは至らなかったようです。

 

空挺迷彩スモック着用例

CanadianDPMPARAsmockPhoto

 (J.F.Borsarello著「CAMOUFLAGE  UNIFORMS of European and NATO Armies 1945 to the Present」より引用)
 

その後カナダ軍は、画期的なデジタル迷彩服を開発して、一般兵科にも支給していますが、空挺部隊も同じなのでしょうか?

 

それとも、新しいデザインの空挺スモックが支給されているのでしょうか?

 

いつか確認したいですね。

 

さて、今回のモデルですが、比較的新しいモデルにも関わらず、現在入手難です。

 

ましてや程度の良い中古品やデッドストックは皆無と言って良いくらいです。

 

原因は元々数が少ないところへ、払い下げられこと自体が少ないからですね。

 

まさに絶滅危惧種的な存在ですが、空挺装備マニアや迷彩服コレクターのあなたは、万難を廃して入手してみてください。

 

幸いにも本日現在、国内のオークションに出品されています。

 

ヤフオク! - 80s カナダ軍 パラシュート 空挺スモックジャケット

 

中古品で欠品もありますが、フードも付いていて程度はまあまあですよ! 

  

今回は、前回のリベンジで、カナダ軍空挺迷彩スモックのデッドストックを分析しました。

次回は、ドイツの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のカナダ軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

はてなブログでお馴染み!

種類の違うニャンコ三匹を飼ってらっしゃるsuzumeさんのブログです。

www.suzumeneko1.com

3ニャンの成長記録や生活ぶりが記録されています。 

 

個人的には、末っ子のてんちゃん(メインクーン)がママさんくらいに巨大化するのでは…と、(密かに)期待しています。😎

 

とても癒されるブログですよ!

 

あなたにおすすめです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


実物 新品 カナダ軍 ARMY L/S ワッフル Tシャツ カナダ製(S グリーン) 実物 ミリタリー 軍放出品 トップス メンズ

スポンサーリンク

カナダ国歌

カナダ国歌

  • 新日本フィルハーモニー交響楽団 & 小澤征爾
  • クラシック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
カナダからの手紙

カナダからの手紙

  • 平尾 昌晃/畑中 葉子
  • 歌謡曲
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes