いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

完全版です!【旧東ドイツの軍服】陸軍スナイパー用ユニフォーム(ブルメン迷彩)とは?0963 DDR ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220122153129p:plain

今回は、1960年代の旧東ドイツ陸軍スナイパー用ユニフォームを分析します。

以前、欠品のあるスモックを分析しましたね。

でも今回は完全版で、しかもペアのトラウザーズも用意しました。

保管時の汚れはありますが、デッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  旧東ドイツ陸軍スナイパー用ユニフォーム(ブルメン迷彩)とは?

1990年代のドイツ再統一で、国が消滅した東ドイツ。

 

その当時使用されていた東ドイツ軍装備は、余剰(不要)となり、全て民間業者に払い下げられましたね。

日本にも大量に輸入されて、安価に販売されたのは記憶に新しい(?)ところです。

 

でも極一部の装備は、ほとんど流通することがありませんでした。

 

それは、各種光学機器(双眼鏡とか)や空挺装備、それに今回のブルメン迷彩装備です。

 

流通量が明らかに少なく、何かしら別の力が介入した…そんな印象を受けましたね。

(勿論、古い装備なので元々数が少なかったのでしょう。)

 

今回のモデルは、そんな希少品でもあるブルメン迷彩のスナイパーユニフォームになります。

 

2000年代に購入しましたが、上下セットでしかもデッドストックを入手できたのは奇跡と言えるかもしれません。

 

独特の迷彩やデザイン、それに迷彩生地にはある加工がされていましたよ!

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、旧東ドイツ軍装備マニアのみならず、将来を考えている迷彩服コレクターのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

スモック

前面
胴体にポケット類はありません。f:id:akmuzifal6489:20220122172233j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220122172137j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220122172225j:image

 

背面裏側
デッドストックなのですが、意外に汚れ
f:id:akmuzifal6489:20220122172345j:image

 

前合わせはボタンのみですが、三重になっていますね。
(内ポケット入口を撮影し忘れています。後日アップします。)
f:id:akmuzifal6489:20220122172323j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20220122172154j:image

 

データスタンプ
1964年1月〜3月契約日です。
f:id:akmuzifal6489:20220122172317j:image

 

生地番号
末尾はサイズのようです。
f:id:akmuzifal6489:20220122172236j:image

 


強いテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20220122172106j:imagef:id:akmuzifal6489:20220122172327j:image

 

袖口はボタンで開閉
ボタンはユーザーに合わせて調整できるように余分にボタンホールがあります。
f:id:akmuzifal6489:20220122172330j:image

 

袖ポケット
左右にあります。
ボタンで開閉f:id:akmuzifal6489:20220122172247j:imagef:id:akmuzifal6489:20220122172310j:image

 

エポレットはありませんが、階級章取付等のループと穴があります。
f:id:akmuzifal6489:20220122172141j:image

 

袖頂部には謎のループが!
f:id:akmuzifal6489:20220122172251j:image

 

フード上部裏側にはポケットがあって、中にフェイスベールがあります。
左右の金属製クリップは、ヘルメットの縁にフードを固定するためのもの。
f:id:akmuzifal6489:20220122172157j:imagef:id:akmuzifal6489:20220122172242j:image

 

フードが使用しない場合、ロールアップ後、専用ストラップで留めておくことができます。
f:id:akmuzifal6489:20220122172128j:imagef:id:akmuzifal6489:20220122172239j:image

 

内ポケット
ストラップでつながっています。
これはバタつき防止ですね。f:id:akmuzifal6489:20220122172135j:imagef:id:akmuzifal6489:20220122172111j:image

 

内ポケットは、前あわせフラップの手前に開口部があります。
オープンタイプですね。f:id:akmuzifal6489:20220208161650j:image

 

フードのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20220122172307j:image

 

ウエストのドローコード
ブラウングレイのHBT生地
右脇腹付近で調整
f:id:akmuzifal6489:20220122172304j:image

 

袖裏側
ライトブラウンの生地は、補強も兼ねていますが、ボタンのリングから下の衣類を保護する役目もあるようです。
f:id:akmuzifal6489:20220122172258j:imagef:id:akmuzifal6489:20220122172336j:image

 

脇の通気孔
f:id:akmuzifal6489:20220122172355j:image

 

袖ポケット内側生地
f:id:akmuzifal6489:20220122172148j:image

 

フード内側にはボタンがあってフェイスベールを固定しておくことができます。
f:id:akmuzifal6489:20220122172125j:image

 

表に出るプラスティックボタンは、糸ではなく金属製リングで留められています。
(大戦中のM36などとよく似た処理ですね。)f:id:akmuzifal6489:20220122172333j:image

f:id:akmuzifal6489:20220122172314j:image

 

ジャケットの一部には数本の偽装用ループが縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20220122172200j:image

 

肘の補強生地
ヘキサゴンタイプ
f:id:akmuzifal6489:20220122172229j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20220122172215j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220122172115j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220122172209j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220122172222j:image

 

前合わせはボタンのみ。
ウエスト内側のボタン、外側のDリングはサスペンダー用
f:id:akmuzifal6489:20220122172059j:image

 

サイズタグf:id:akmuzifal6489:20220122172352j:image

 

腰スラッシュポケット内側生地にあるデータスタンプ
記載内容はジャケットと合致していますね。
f:id:akmuzifal6489:20220122172349j:image

 

生地裏のパーツナンバー?
ジャケットとは違っていますね。
f:id:akmuzifal6489:20220122172144j:image

 

腰スラントポケットボタンとループで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220122172056j:image
f:id:akmuzifal6489:20220122172206j:image

 

腰スラッシュポケット
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220122172320j:image
f:id:akmuzifal6489:20220122172339j:image

 

膝ポケット
隠ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220122172037j:image
f:id:akmuzifal6489:20220122172102j:image

 

膝の補強生地
こちらもヘキサゴンタイプ
f:id:akmuzifal6489:20220122172121j:image

 

足首内側の補強生地
こちらは台形ですね。
f:id:akmuzifal6489:20220122172218j:image

 

ヒップの補強生地
f:id:akmuzifal6489:20220122172045j:image
f:id:akmuzifal6489:20220122172151j:image

 


僅かにテーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20220122172301j:image

 

ウエストのサイズ調整タブ
f:id:akmuzifal6489:20220122172041j:image

 

股間裏側の補強生地と通気孔
通気孔は刺繍で6個
f:id:akmuzifal6489:20220122172255j:image

 

裾のドローコード
折り返しの部分から出ています。
f:id:akmuzifal6489:20220122172049j:image

 

各種パーツ
フード関係のボタンDDRNVA旧東ドイツ陸軍スナイパー用ユニフォームのフード用ボタン



メインボタン
金属製で反射防止加工のプラスティックのカバー(?)付き。
f:id:akmuzifal6489:20220122172118j:image

 

トラウザーズのボタン
マホガニーブラウンのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20220122172052j:image

 

サスペンダー用Dリング
アルミ製
f:id:akmuzifal6489:20220122172203j:image

 

ジャケット裾の最右調整バックル
メッキされたスチール製
f:id:akmuzifal6489:20220122172342j:image

 

ジャケットとトラウザーズではベースとなるグレイの色調が僅かに違っていました。

左:ジャケット
右:トラウザーズ

f:id:akmuzifal6489:20220122172212j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトグレイの生地にグレイ、ブラウン、濃淡二色のグリーンを用いて、輪郭がギザギザの葉や雲型をプリントしてあります。

(濃いグリーンをターコイズブルーとしている資料もありますね。)

製造時期や製造所によって、僅かに色調にバリエーションがあります。

 

生地は厚いコットンの平織で、現時点では少々硬く、ボタンも掛けづらい状況です。

 

また、生地全体にパラフィン(蝋)のようなコーティングがなされていますね。

(おそらく防水コーティングだと思われます。)

 

デザインは、スモックがフード付き、エポレットなし、内ポケット、袖ポケット×2で、いかにも匍匐(ほふく:這いつくばって移動すること。)に向いているデザインですね。

 

フードには顔面を偽装するためのフェイスベールが装備されています。

 

トラウザーズは、腰スラントポケット×2(ポケットフラップ付き)、腰スラッシュポケット×2、腰サイドポケット×2で、ウエストにはサスペンダー用のDリングが3個付いています。

 

スモックの肘、トラウザーズの膝や臀部には補強生地が縫い付けられていて、ヘビーデューティーな造りでもあります。

 

全体的な縫製は、少々雑で不正確ですが、力が加わるところは重点的に補強されていますね。

 

ドイツ的合理主義に基づく仕立てですね!

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1964年

・製造場所     旧東ドイツ

・契約会社     旧東ドイツ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    3

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)

           スモック

          着丈 約76センチ

          肩幅 約51センチ

          身幅 約68センチ

          袖丈 約72センチ

           トラウザーズ

        ウエスト 約49センチ

          着丈 約115センチ

          股上 約36センチ

          股下 約81センチ

          裾幅 約24センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     海外の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

今回のモデルはデッドストック…ということで購入したのですが、裏側がとても汚れていました。😓

 

もしかしたら裏返して保管されていたのかもしれませんね。

 

独特の迷彩は、ある程度メリハリはありますが、後の西側迷彩のように所々にブラックを配して人体の輪郭を分裂させる効果は求めていないようです。

 

そもそもアメリカ軍のERDL迷彩やイギリス軍のDPMなども、大戦中のドイツ軍武装親衛隊の迷彩「ライバーマスター」を参考にしていますね。

 

でも同じドイツなのに、旧東ドイツは大戦中の面影が全く無い迷彩を採用しているのが面白いですね。

(当時の東ドイツ軍ヘルメットは、大戦末期に開発されていたモデル…との説もあるのですが…🤔)

 

旧東ドイツ国旗(イラスト)

 

それはともかく、先にも書いた通り今回のモデルと同じ迷彩のアイテムとしては、衣類、バックパック、水筒、テントなどがありましたが、現在ではどれも貴重ですね。

 

もしどこかで見つけたら、とりあえず購入しておくのは当然なのですが、状態が良ければ実用より大切に保管しておくのが良いようです。

(あくまで、できれば…の話ですが…)

 

そして、より程度の良いものを入手できたら、その時から使い始めましょう!

 

何故なら今後ブルメン迷彩装備は、その価格が上昇する可能性があるからです。

 

ましてや程度が良ければ、将来オーナーを助けてくれるかもしれませんよ。

 

勿論、骨董品のような高額になるにはある程度時間が掛かりますが、待つ価値はあると考えます。

 

今からでも遅くはありません。

 

ぜひ探してコレクションしておきましょう!

 

私は、違うタイプの衣類を探してみたいと思います。

 

今回は、希少な亡国東ドイツ軍のスナイパー用ユニフォーム完全版を分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

(20220208更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他の旧東ドイツ軍ブルメン迷彩装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他の旧東ドイツ軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

https://www.military-spec-an.com/archive/category/旧東ドイツ(East%20Germany・DDR)

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【送料無料】東ドイツ軍放出 テントシート レインドロップカモフラージュ 未使用 デットストック品 1枚


NVA 東ドイツ軍 テント シェルター タープ 設営セット


東ドイツ軍 アルミ飯盒 3ピース グレー デッドストック EE692NN NVA 飯ごう はんごう クッカー メスキット メスティン キャンプ用品 アウトドア レジャー ソロキャンプ 本物軍用放出品 軍モノ 軍物 雑貨


実物 新品 デッドストック 東ドイツ軍 ネックウォーマー OD 寒い季節の首元もこのアイテムで安心 ヘッドウォーマ、フェイスウォーマーでも利用可能 【ミリタリー】 WIP メンズ ミリタリー アウトドア 【クーポン対象外】【T】 WAIPER 楽天 バレンタイン


【送料無料】東ドイツ軍 NVA ウィンタージャケット 中綿入り【ヴィンテージ ビンテージ】【アメリカ古着】【中古 USED 古着】
 


ドイツ軍放出品 防寒手袋 ミトン 東ドイツ レインカモ [ S/Mサイズ ] NVA 国家人民軍 グローブ ミリタリー 装備品 軍物 防寒グローブ ウインターグローブ 耐寒手袋 耐寒グローブ ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ

スポンサーリンク

The Rumbling (From

The Rumbling (From "Attack on Titan")

  • PelleK
  • アニメ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
悪魔の子

悪魔の子

  • ヒグチアイ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes