いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

レアカラーです!【ドイツの軍服】空軍降下猟兵(空挺)用迷彩スモック(製造国不明・モデル品)とは?0946 🇩🇪 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220106125537p:plain

今回は、1940年代のドイツ空軍降下猟兵(空挺部隊)用迷彩スモックを分析します。

やはり国防軍のツェルトバーン(テント)パターンのモデル品ですね。

でも、今回のモデルは珍しい迷彩色調のモデルになります。

中古品で褪色がありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  ドイツ空軍降下猟兵(空挺)用迷彩スモック(製造国不明・モデル品)とは?

第二次大戦中に大活躍したドイツ降下猟兵(空挺部隊)。

でも所属は、何故か空軍でした。

(他国の空挺部隊は、圧倒的に陸軍所属が多いですね。)

 

一説には、ナチスドイツNo.2のゲーリングが、ゴリ押しして空軍所属にしたとか?
(…そういえば、空軍なのに「戦車突撃章」なども設けられていましたね。🤔)

 

それはともかく降下猟兵は精鋭で知られていて、装備も独特のものを支給されていましたよ。

 

特にその迷彩服(スモック)と戦闘能力から、連合軍から「緑の悪魔:グリーンデビルズ」と呼ばれていましたね。

 

当ブログでも、いくつか降下猟兵用の迷彩スモックを取り上げてきました。

(勿論、全てモデル品ですが…😊)

 

過去に取り上げた降下猟兵用迷彩スモック

(正規パターン)

第二次大戦ドイツ空軍降下猟兵用迷彩スモック(モデル品・正規パターン)

 

国防軍ツェルトバーン(テント)パターン

第二次大戦中のドイツ空軍降下猟兵用迷彩スモック(モデル品・国防軍テントパターン)


今回のモデルも、当時の官給品ではなく近代のモデル品なのですが、色調が他のモデルより少々違っているものになります。

 

元はもっとグリーン味があったと思われますが、経年変化でやや褪色してしまったようです。

 

しかもパターンは国防軍のツェルトバーン(テント)用で、製造国も特定できていません。😅

(ご存じの方がいたら教えてください!)

 

さてさて、それはどんな降下猟兵用迷彩スモックなのでしょうか?

 

今回はドイツ空軍降下猟兵装備マニアのみならず、寒候期の野鳥観測に適した迷彩服をお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面

ベース色がカーキというのが珍しいですね。

f:id:akmuzifal6489:20220105202854j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220105203039j:image

 

前面裏側

各部には、僅かに緑味が残っているので、やはり表側は褪色している様です。
f:id:akmuzifal6489:20220105203043j:image

 

背面裏側

背中や裾は、さらに褪色・変色して赤味が出てきていますね。
f:id:akmuzifal6489:20220105202847j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20220105203009j:image

 

前合わせはボタンのみ
f:id:akmuzifal6489:20220105203012j:image

 

前見頃裏側には、何やらスタンプが!
f:id:akmuzifal6489:20220105203032j:image

 

肩ポケット

ジッパーで開閉

この配置は、当時のパラシュートハーネスに干渉しない工夫ですね。

ポケットフラップは両端が縫い付けられています。

f:id:akmuzifal6489:20220105202908j:imagef:id:akmuzifal6489:20220105202850j:image

 

腰ポケット

こちらもジッパーで開閉

ポケットフラップは両端が縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20220105202950j:imagef:id:akmuzifal6489:20220105203036j:image

 

テーパー付きで袖口は別部品になっています。
f:id:akmuzifal6489:20220105202944j:imagef:id:akmuzifal6489:20220105202913j:image

 

袖口はマチなし、ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220105203046j:image

 

下半身左右は、スリット状になっています。

これは個人の装備に伴い、カバーできる容量を増やす工夫ですね。

ダットファスナーで開閉

用途不明のループもありますね。
f:id:akmuzifal6489:20220105202953j:imagef:id:akmuzifal6489:20220105202916j:imagef:id:akmuzifal6489:20220105202858j:image

 

右下半身背面には、信号銃用のホルスターあり。
f:id:akmuzifal6489:20220105202921j:image

 

脇の通気孔
f:id:akmuzifal6489:20220105202903j:image

 

ホルスター部分の補強生地

各部のライニングはウール製の薄い毛布のような生地ですね。
f:id:akmuzifal6489:20220105202929j:image

 

ループの補強生地
f:id:akmuzifal6489:20220105202925j:image

 

腰ポケット内側の生地
f:id:akmuzifal6489:20220105202935j:image

 

前見頃上部の生地
f:id:akmuzifal6489:20220105203020j:image

 

ウエストのドローコード

f:id:akmuzifal6489:20220105202959j:image

 

スワローテイルですが…
f:id:akmuzifal6489:20220105202940j:image

 

裾のダットファスナーを留めることで、ズボンのようにできます。
f:id:akmuzifal6489:20220105203006j:image

 

ホルスターのアルミボタン

国防軍のテントなどに使用されているタイプですね。
f:id:akmuzifal6489:20220105203025j:image

 

ダットファスナー

ブラックの艶あり塗装
f:id:akmuzifal6489:20220105203003j:image

 

ボタン

パンツァーグラウ(戦車グレイ)のプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20220105203028j:image

 

今回のモデルと色調が似ている当時の迷彩スモック(官給品)

(でもパターンは大きく違っていますね。)

https://pin.it/2TweqHp

pin.it

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、カーキの生地にダークブラウンとダークグリーンを用いてガラスの破片のようなパターンをプリントしています。

(いわゆるスプリンター(破片)パターンですね。)

 

加えて所々にデープグリーンで破線を描いています。

 

じつはこのパターンは、第二次大戦中のドイツ国防軍ツェルトバーン(テント)に使用されていたパターンですね。

 

このテントはリバーシブルで、一面はやや緑味の強い春夏用、もう一面はカーキ系の秋冬(無雪地帯)用と色調を変えたリバーシブルでした。

 

第二次大戦中のドイツ国防軍テント

(色調の違いに注意!)

https://pin.it/7KiKtBo

pin.it

今回のモデルは、この秋冬側(画像の左側)の色調を再現しているようです。

 

勿論、純粋なドイツ空軍のパターンとは全くの別パターンです。

 

デザインは、エポレットなし、肩ポケット×2、越ポケット×2、背面ホルスターで、着丈の長いコートタイプです。

 

本来なら袖は二重になっているのですが、今回のモデルは省略されています。

 

面白いのは裾で、ダットファスナーを用いて半ズボンのように足に巻き付けることができる所ですね。

 

これは、パラシュート降下時の裾捲りあがり防止が目的です。

 

全体的な縫製は、意外に丁寧で強度もそれなりにあります。

(もしかしたら国産品でしょうか?)

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代?

・製造場所     不明

・契約会社     不明

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ウール

・表記サイズ    不明

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約95センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約58センチ

          袖丈 約61センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     民生品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

残念ながら迷彩パターンと袖は違っていますが、他はよく再現していますね。

 

また迷彩の色調も、じつはいくつかバリエーションがあって、こんな色調のモデルもあったかもしれませんね。

 

戦争当時を再現するヒストリカルゲームでは忠実性に少々難がありますが、雰囲気を楽しむサバイバルゲームや、寒候期の野鳥観測では問題なく使用できそうですね。

 

ただし、このスモック単体では防風はともかく防寒性能はほとんどありませんので、重ね着する必要があります。

 

逆に防寒着の上に、文字通りスモック的に羽織るのもアリかもしれませんね。

https://pin.it/67Q5y3e

pin.it

…ところがモデル品にも関わらず、今回のモデルはおろか、他の降下猟兵用迷彩スモックは、何故か入手困難です。

 

不定期にモデル品は製造されてはいますが、製造数は少なくすぐに完売してしまうのと、武装親衛隊の迷彩スモックに比べると人気がないのが原因かもしれません。

 

探しているあなたは、次の販売を待つかオークションを覗いてみましょう。

(モデル品でも高価です。)

 

私は、資金を貯めて当時の官給品を購入…してみたいですね😅

(いま「希望かよ!」…って突っ込みました?😎)

 

今回は、製造国不明であまり見かけないカラーのドイツ空軍降下猟兵(空挺)用迷彩スモックを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他のドイツ軍降下猟兵用迷彩スモックに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他のドイツ軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

https://www.military-spec-an.com/archive/category/🇩🇪ドイツ(Duitsland)

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


第二次世界大戦 ドイツ軍 空軍 フィールド軍 Splinter B 破片迷彩 B型 降下猟兵地上用スモック野戦服-L
 


German Paratroopers Uniforms and Equipment 1936 - 1945: Volume 1: Uniforms

WW2 ドイツ軍 独国 空軍 空挺兵 K98小銃 バンダリア ウォーター迷彩 首に挂け 挿弾子袋 弾薬袋


WW2 ドイツ軍 独国 スモックウォーター迷彩 空挺兵パラシュート降下用 膝サポーター

スポンサーリンク

白い冬

白い冬

  • ふきのとう
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
さよなら

さよなら

  • オフコース
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes