いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ドイツの装備品】合理的かつ機能性重視!陸軍フラッシュライト(ボックスタイプ)とは? 0735 🇩🇪 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210425223800p:plain

今回は、1990年代のドイツ軍フラッシュライトを分析します。

以前分析した、チェコ軍のフラッシュライトに似ていますが、そこはドイツ軍。

とても合理的な造りになっていますね。

中古品で残念ポイントもありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

1  ドイツ陸軍フラッシュライト(ボックスタイプ)とは?

日本でフラッシュライト(懐中電灯)といえば、ストレート型ライトが主流ですね。

(日本のみならず、諸外国でも最も普及しているタイプです。)

 

ストレート型ライト

f:id:akmuzifal6489:20210426093259j:image

 

でも、このタイプは手首に負担がかかったり、片手が塞がってしまう欠点がありました。

 

特に武器を使用する軍隊にとっては致命的で、手放し(ハンズフリー)で扱えるフラッシュライトが考案されました。

 

その一つが、L型ライト

f:id:akmuzifal6489:20210426092849j:image

 

そしてもう一つが今回のボックス型ライトです。

 

主にヨーロッパの軍隊で使用されることが多いですね。

 

当ブログでは、以前チェコ軍のライトを分析しました。

 

【チェコ軍装備品】レトロ可愛い!陸軍フラッシュライト

 

なかなか凝ったライトでしたが、今回はドイツ軍の装備品になります。

 

同じタイプのフラッシュライトながら、また違ったデザインがとても興味深いですよ!

 

さてさて、それはどんなフラッシュライトなのでしょうか?

 

今回は、ドイツ軍装備マニアのみならず、キャンプなどでも使える優しいライトをお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ドイツ陸軍フラッシュライト(ボックスタイプ)の全体及び細部写真

前面

フィルターノブ(プラスティック製)の形状が全て違っていますね。

これは暗闇でも手探りで適切なフィルターを操作できるようにとの配慮から。

f:id:akmuzifal6489:20210425192653j:image

 

背面

クリップがリベットで取り付けられています。

以前のモデルは、ボタンホール付きのストラップとバックルが装備されていました。
f:id:akmuzifal6489:20210425193033j:image

 

左側面
f:id:akmuzifal6489:20210425192824j:image

 

右側面
f:id:akmuzifal6489:20210425192814j:image

 

上面

菱形のものはスイッチです。

プラスティック製で、気温が氷点下の場合でも凍傷になりませんね。

しかも分厚い手袋をつけていても操作は容易です!
f:id:akmuzifal6489:20210425192801j:image

 

底面

 

元ユーザー(勿論兵士)が落としたのか、底面に大きな凹みが!😞

(でも無問題で作動しますよ!)
f:id:akmuzifal6489:20210425192924j:image

 

電池ボックス内部

単一電池×二を使用します。

予備の電球もありますね。

よく見ると、単純な構造ですが、最初から作れ!…と言われると難しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20210425193108j:image

 

レンズと電球部
f:id:akmuzifal6489:20210425192744j:image

 

今回のモデルは電球部分のねじ込み部が外れます。

(チェコ軍モデルは反射板ごと外れるタイプでしたね。)
f:id:akmuzifal6489:20210425192724j:image

 

上面のスイッチ

刻印は「WIETEK」

OFFモード
f:id:akmuzifal6489:20210425193019j:image

 

右に45°捻ると、モールスモード

この状態でスイッチを下に押し込むとモールス信号が打てます。

スイッチのキレは最高レベルで、思い通りのモールス信号が打てますよ。
f:id:akmuzifal6489:20210425193050j:image

 

さらに45°捻ると、ライト点灯モードになります。

スイッチはこの一つです。

合理的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210425192903j:image

 

NSNと官給品マークがプレスされていました。
f:id:akmuzifal6489:20210425192838j:image

 

点灯状況

ノーマル

昔ながらの優しい温かみのある光です。

心なしか目にも優しいような…。
f:id:akmuzifal6489:20210425192934j:image

 

グリーンフィルター使用時
f:id:akmuzifal6489:20210425193000j:image

 

オレンジフィルター使用時
f:id:akmuzifal6489:20210425192703j:image

 

灯火管制(光の量を大きく制限する)モード

レンズは意外に傷が付いていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210425193142j:image

 

光の当たるところは極端に制限されます。

ドイツらしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20210425192914j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ドイツ陸軍フラッシュライト(ボックスタイプ)の特徴とは?

本体は艶消しダークグリーンのスチール製で、強固な焼き付け塗装がされていますね。

(このカラーは珍しいです。多くはODですね。)

 

背面にはクリップがリベット留めされていて、ジャケットのポケットや、ベルトにライト本体を装着することができます。

 

レンズは平板で一枚ですが、フィルターが3枚(オレンジ、グリーン、光量制限)付属していますよ。

 

スイッチは上部に一個のみで、驚くことにこのスイッチだけで、ライトのオンオフ、モールス信号まで全て制御しています。

(とても合理的ですね。)

 

電池は単一電池×2を縦に使用するタイプで、電球はフィラメント式です。

(電球は日本でも入手可能ですよ。)

 

特筆すべきは、スイッチやフィルターのノブが全てプラスティック製なところです。

 

これで気温が氷点下でも指がスイッチに張り付いたり、凍傷にならなくて済みますね。

 

また、ドイツ軍独特の光量を制限しているフィルターを装備しているところも面白いです。

(まるで大戦中のドイツ軍車両ヘッドライトのようですよ。)

 

全体的な造りは質実剛健で、頑丈ですね。

 

今回のモデルは中古品で、元オーナーが落としたりして各部がへこんでいますが、問題なく使用できますよ。

4  ドイツ陸軍フラッシュライト(ボックスタイプ)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     ドイツ

・契約会社     ドイツ

・製造会社      〃

・材  質     鉄、銅、紙

          プラスティック

・各部のサイズ   縦 約125ミリ

          横 約68ミリ

         奥行 約47ミリ

・電  源     単一電池×2

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     沖縄の専門店

・入手難易度    2(やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ドイツ陸軍フラッシュライト(ボックスタイプ)まとめ

フィラメント式の豆電球は、長時間光らせようとすると、どうしても重い電池が必要ですね。

 

今回のモデルもライト本体の全体的な重量は、現在流通しているLEDライトのように軽量ではありません。

(むしろ持ち慣れていない人にはかなり重い!😓)

 

でも、どこか安心感のある重さですね。

 

光量は、これも最新式の集束式LEDやクリプトン球には遠く及びませんが、温かい暖色系で落ち着きますよ。

(目に優しい?)

 

ボックスタイプなので、テーブルの上でも転がることがありません。

 

身体に装着すると、ハンズフリーになるので便利ですよ!

(チェコモデルより、レンズが出っ張っていないのも嵩張らなくて良いですね。)

 

実戦のみならずキャンプや普段使いでも十分使用できますよ。

(1990年代のドイツ軍を再現するヒストリカルゲームには必要不可欠な装備?)

 

ただ、かつては未使用品が数多く出回っていたこのモデルも、昨今は中古品すら見かけなくなりました。

 

おそらく小型軽量高性能のLEDライト普及に伴い需要が無くなったのではないでしょうか?

 

じつはかなり使えるライトなので、また沢山輸入されれば良いですね。

 

今回は、使えるドイツ軍のボックス型フラッシュライトを分析しました。

次回は、ロシアの腕時計を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のフラッシュライトはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

災害時にも使える装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎    ✳︎    ✳︎ 

面白くて、ためになるブログを見つけました!

ameblo.jp

とても面白いミリタリー系ブログです!

(勉強になりましたよ!)

 

ぜひあなたもご覧ください!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ドイツ軍放出品 シグナルライト 懐中電灯 カラーフィルター付き クリップ留め仕様 [ レンズカバーあり / Aランク ] ドイツ連邦軍 西ドイツ軍 実物 フラッシュライト マーカーライト 装備品 ミリタリー 軍物 軍払い下げ品 その他ライト 通販 通信販売 ミリタリーサープラス

ドイツ軍放出品 フラッシュライトポーチ フレックタン迷彩 ドイツ連邦軍 S95 システム95 パーツ フレクター迷彩 ミリタリー サバゲー装備品 ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ 懐中電灯ポーチ ライト収納ポーチ

スポンサーリンク

パンツァー・リート

パンツァー・リート

  • 浜口史郎
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes