いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【フランスの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(モデル品)とは? 0331 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、フランス軍の空挺迷彩スモックを分析します。

アルジェリアやインドシナで使用された、有名なリザード迷彩空挺スモックのモデル品です。

僅かな問題点もありますが、普段使いにピッタリですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  フランス陸軍空挺迷彩スモック(モデル品)とは?

フランス軍の通称「リザード(トカゲ)迷彩」生地を用いた迷彩服は、世界的に有名で多くのコレクターがいます。

独特の迷彩パターンもさることながら、その殆どがイスラエルに供与されて、中東戦争で酷使されたり、インドシナ戦争で消耗したりと数が少ないのが人気の原因です。

また、ベトナム戦争当時に南ベトナム軍やアメリカ軍が使用した通称「タイガーストライプ迷彩」のルーツともされていることも一因のようですね。

中でも空挺スモックはさらに貴重で、日本でも高額で取引されています。

一部のリッチなマニアは、財力にものを言わせて当時のデッドストックを買い漁っている(それも海外から)方もいると聞いていますが、一般的かつ善良な(?)マニアは、なかなかそうはいきませんね。

…そんなマニアの心情を察してか、空挺迷彩スモックも世界中で多くのモデル品(レプリカ)が製造されていますよ。

(中にはそのまま軍が使用している国もあるようです。)

今回のモデルも。アジアの某国で製造されたモデル品になります。

このモデル品製造国は、以前よりフランス軍のリザード迷彩のみならず、数々の迷彩服を製造し輸出している事で有名です。

さて、どんなモデル品空挺迷彩スモックなのでしょうか?

リザード迷彩服初心者の貴方と、早速確認していきましょう!

2  フランス陸軍空挺迷彩スモック(モデル品)全体及び細部写真

前面

一見、それらしい造りになっていますね。

迷彩生地には、若干の違和感がありますが…。

f:id:akmuzifal6489:20200226170619j:image

 

背面

迷彩の違和感は、整い過ぎているところにあるようです。
f:id:akmuzifal6489:20200226170628j:image

 

前面裏側

ぽけっとの生地に違和感が…。
f:id:akmuzifal6489:20200226170603j:image

 

背面裏側

生地は厚めで、裏側には殆ど透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20200226170615j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。

裾のドローコードも再現
f:id:akmuzifal6489:20200226170655j:image

 

タグ

英語表記です。
f:id:akmuzifal6489:20200226170606j:image

 

エポレット

テーパー無しのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20200226170549j:image

 

右胸ポケット

ダットファスナーで開閉

上下二列の  ダットファスナーもちゃんと再現!
f:id:akmuzifal6489:20200226170702j:image
f:id:akmuzifal6489:20200226170638j:image

 

腰ポケット

胸ポケットと同様です。

各ポケットとも、ポケット内部底面のリネン(麻)製補強生地は省略されています。
f:id:akmuzifal6489:20200226170541j:image
f:id:akmuzifal6489:20200226170658j:image

 

左胸ポケット

表面のパッチポケットは再現されていますが、内部のペン用ストラップは省略されています。

しかし、垂直ジッパー  で開く隠しポケットは再現!

f:id:akmuzifal6489:20200226170611j:imagef:id:akmuzifal6489:20200226170645j:image

 

袖口はボタンで開放

しかし、ボタンが表面に露出しています。

惜しいですね。

袖口はゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20200226170634j:image
f:id:akmuzifal6489:20200226170553j:imagef:id:akmuzifal6489:20200226170545j:image

 

内ポケット

こちら側にありましたっけ?

黒の四角は、アイロンで接着するテープのようですが、何故貼られているのか不明です。
f:id:akmuzifal6489:20200226170651j:image

 

隠しポケット用の生地
f:id:akmuzifal6489:20200226170706j:image

 

ジッパーの刻印は「ROSE」これは…韓国のフライトジャケットに使用されているジッパーメーカーと同じです。
f:id:akmuzifal6489:20200226170559j:image

 

ボタンはODのプラスティック製で、イギリス軍タイプです。

惜しいですね。プラスティックなら、自由に着色できるのでは?
f:id:akmuzifal6489:20200226170641j:image

 

ダットファスナーの表面は、反射防止加工あり。

官給品では見たことないですね。
f:id:akmuzifal6489:20200226170631j:image

 

襟裏のフード用ボタンも再現
f:id:akmuzifal6489:20200226170538j:image

 

タグにはとても小さい文字で何か書いてありますよ。

製造国でしょうか?(判読不能)
f:id:akmuzifal6489:20200226170624j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  フランス陸軍空挺迷彩スモック(モデル品)の特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンの生地に、レッドブラウン、ダークグリーンで履け目のパターンを描いています。

でも、フランス軍官給品リザード迷彩に見られる「荒々しさ」や「迫力」は感じられません。

(僅かながら、製造者の妥協が感じられますね。)

とは言え、雰囲気はなかなかですよ。

生地はやや厚めのコットンツイルで、ヘリンボーン(杉綾織)ではありません。

デザインは、後期の空挺スモックをよく再現しています。

細部では、エポレットの形、右胸隠しポケット付近のレイアウト、内ポケット、袖のボタンが官給品と違っています。

(ここも妥協を感じますね。)

全体的には、雰囲気は良好ですが、細部は違っている箇所があるモデル品と言えます。 

4  フランス陸軍空挺迷彩スモック(モデル品)製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2000年代(?)

 ・製造場所                   韓国

 ・契約会社                   韓国

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                120

                              (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約75センチ

                                    肩幅  約56センチ

                                    身幅  約64センチ

                                    袖丈  約64センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  フランス陸軍空挺迷彩スモック(モデル品)まとめ

当時の官給品と比較すると、どうしても違っている箇所に目がいきますね。

逆に、再現度がやや低いということで、より気軽に。割り切って着用できるモデルではないでしょうか?

違和感ある迷彩も、フィールドでは気になりません。

ヒストリカルゲームなどの、忠実性を追求されるイベントはともかく、サバイバルゲーム  、狩猟、釣りでは普通に使えそうですよ。

ポケットがたくさんあるのも、魅力ですね。

ところで、リザード迷彩空挺スモックといえば、1980年代に、日本の大手ミリタリーショップがプロデュースしたモデル品が販売されたことがありました。

これは、全体的にとてもよくできていましたね。

しかし、現在ではそのモデルもは言うに及ばず、今回のモデルも出回っている数が減ってきましたね。

元々生産数が少なく、多くの人が普段使いに購入するので、相対的に品薄になっているのでしょう。

でも今回のモデルは、現代の…それも最近に製造されたモデル品ですので、探せば見つかるかもしれません。

購入する場合は、大手SHOP又は老舗SHOPを廻ってみることをおすすめします。

(気長に待っていただければ、このモデルをヤフオクに出品しますよ!)

 

今回は、アジア製のフランス軍の空挺迷彩スモックモデル品を分析しました。

次回は、イギリス軍のレインジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のフランス軍空挺迷彩スモックのモデル品はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

フランス軍空挺迷彩スモック官給品はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

今年は閏年で、昨日は2月ながら29日までありました。

娘の生まれた日でもあって、思い出深いのですが…私の会社でシステムのエラーが発生しました。

朝の9時以降、システムの一部が誤作動を起こし、入力や送信ができなくなりました。

どうやら29日を28日と認識していたようです。

恥ずかしいですね。

システム開発業者は、さるところが落札した業者だったのですが、「安かろー悪かろー」のお気楽システムだったようです。

何でも安く、簡単に済まそうとするのは、後に問題が発生する場合が多いですね。

物づくりでは世界をリードしていた日本ですが、いつの間にか「終わりの始まり」状態になっているようです。

なんとか食い止めたいですね!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク