いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【フランスの軍服】陸軍迷彩ジャケットT3(CCE迷彩)とは? 0688 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、2000年代のフランス軍迷彩ジャケットを分析します。

以前分析した陸軍迷彩ジャケットT4の一つ前の型ですね。

それまでのフランス軍戦闘服のデザインを継承しつつ、発展させたデザインが特徴ですよ。

なかなか凝った作りで驚きました。でも…

残念ポイントもありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  フランス陸軍迷彩ジャケットT3(CCE迷彩)とは?

M64シリーズから始まったフランス軍近代戦闘服ですが、いずれも他国とは一線を画すデザインでとても斬新でしたね。

(さすがファッションの国(?))

 

戦闘服では、概ねM64からF2まで僅かな改良はありましたが、概ね共通したデザインでした。

 

しかし2000年頃、従来の戦闘服をさらに発展させた戦闘服が採用されましたよ。

 

それが今回のモデルです。

 

正確な名称は、諸説ありますが今回は通称の「T3」(T4の一つ前の型という意味で)を用いてみました。

 

どちらかというと、イギリス系の戦闘服(スモック)に影響を受けたような印象がありますね。

 

さてさて、それはどんな迷彩ジャケットなのでしょうか?

 

今回は、フランス軍装備マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  フランス陸軍迷彩ジャケットT3(CCE迷彩)の全体及び細部写真

前面

とうとうこのモデルから、胸にフラップ付きパッチポケットが追加されました。

f:id:akmuzifal6489:20210310105908j:image

 

背面

それまでのモデルにはなかったアクションプリーツと裾の大型ポケットに注意。
f:id:akmuzifal6489:20210310105934j:image

 

前面裏側

内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20210310105944j:image

 

背面裏側

f:id:akmuzifal6489:20210310185414j:image

 

前合わせは、ジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20210310105801j:image

 

タグ

このモデルからは、記載事項が増えて使い易くなりましたね。
f:id:akmuzifal6489:20210310110043j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210310105752j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます…が、何故かヨレヨレですね。
f:id:akmuzifal6489:20210310110021j:image

 


f:id:akmuzifal6489:20210310113029j:image

 

襟下に
f:id:akmuzifal6489:20210310110110j:image

 

ネムタグ用マジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20210310105810j:image

 

胸ポケット①

垂直のジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210310110027j:image

 

今回のモデルは、右胸ジッパーのプルタブを紛失していました。😞

(ここから紛失?どんな使い方をしたらこんな紛失するのでしょうか?)

f:id:akmuzifal6489:20210310105903j:image

 

胸ポケット②

角度が付いていて、ボタンで開閉。

ボタンは全てカナディアンタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20210310105847j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105858j:image

 

ポケット内には謎のループが。
f:id:akmuzifal6489:20210310110105j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉

腰ポケットにもループが。

ループはいずれもナイロン製
f:id:akmuzifal6489:20210310105853j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105913j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310110014j:image

 

テーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20210310105820j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105756j:image

 

肘の補強生地

厚いナイロン製でマジックテープで開閉

中に各種パットを入れられます。
f:id:akmuzifal6489:20210310110049j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105836j:image

 

左袖ポケット

オープンタイプですが、マジックテープ付き
f:id:akmuzifal6489:20210310110004j:image

 

袖ポケットの中には、謎のストラップあり。
f:id:akmuzifal6489:20210310110009j:image

 

脇の通気孔

ダブルジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210310105805j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105955j:image

 

ジッパーを開けるとメッシュの生地がありました。
f:id:akmuzifal6489:20210310105939j:image

 

裏側から見るとこんな感じです。
f:id:akmuzifal6489:20210310105815j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105949j:image

 

背面裾の大型ポケット

コンパートメンとは2つ。

左右で大きさが違っていますね。

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210310110038j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310110033j:image

 

この大型ポケットは、なんと左・右側にジッパーがあって、ポケットフラップを開けなくても内容物を取り出せます。
f:id:akmuzifal6489:20210310110054j:imagef:id:akmuzifal6489:20210310105918j:image

 

背中のアクションプリーツ
f:id:akmuzifal6489:20210310105831j:image

 

裾のドローコード

プラスティックのロック付き
f:id:akmuzifal6489:20210310110100j:image

 

裾前面裏側には予備のボタン付き
f:id:akmuzifal6489:20210310105923j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20210310105929j:image

 

ジッパーは上下から開くダブルジッパーです。

イギリス軍のスモックに使用されているジッパーと同じメーカーですね。
f:id:akmuzifal6489:20210310105841j:image

 

襟の裏側には、ジッパー(の片方)が縫い付けられています。

専用のフード取り付けようですね。
f:id:akmuzifal6489:20210310105825j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  フランス陸軍迷彩ジャケットT3(CCE迷彩)の特徴とは?

迷彩は、通称CCE(中央ヨーロッパ)迷彩と呼ばれるもので、タンの生地に、ダークグリーン、ブラウン、ブラックを用いて、大雑把で長い雲形を描いています。

 

通常、パターンが横に流れる方向に使用されます。

 

生地は、やや厚いコットンサテンで、それまでのF2と同じ生地のようです。

(サテンのリップストップモデルもあり。)

 

デザインは、F2をベースにポケットを増強しているようなイメージです。

 

構成は、エポレットなし、胸ポケット×4、腰ポケット×2、袖ポケット、裾大型ポケットです。

 

それまでのフランス軍戦闘服の胸ポケットは、垂直ジッパーで開閉するものでしたが、今回のモデルではその他にポケットフラップ付きのパッチポケットが追加されています。

(これで外観がイギリス軍の末期DPMスモックに似てきましたね。)

 

また、背面裾に大きなポケットもツッカされていて、ジャケット単体の収納能力を向上させていますよ。

 

面白いのは、各pっ地ポケットにナイロン製のループが、袖ポケットにはストラップが内蔵されているところです。

 

用途不明ですが、紛失防止のためかもしれませんね。

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、さすがフランス製といえます。 

4  フランス陸軍迷彩ジャケットT3(CCE迷彩)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 2009年

・製造場所     ベルギー

・契約会社     フランス

・製造会社     ベルギー

・表記サイズ    3M

          (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約74センチ

          肩幅 約50センチ

          身幅 約63センチ

          袖丈 約59センチ

・状態       中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     大阪の専門店

・入手難易度    2

         (やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  フランス陸軍迷彩ジャケットT3(CCE迷彩)まとめ

いやー、イギリス軍も真っ青の(ある意味P68スモックを軽く凌駕しているような)豪華な装備ですね。

(ジャケットの製造単価が知りたいところです。)

 

ポケット容量があるので、バッグやバックパックを背負わずに行動したいあなたにはベストなジャケットかもしれませんね。

 

反面、大型バックパックを担いだり、防弾・防破片ベストやベスト型ウェブを装着した場合には、胸ポケット、裾ポケットが一切使えなくなってしまうのも、ある意味問題点ではありますね。

(そのせいか、次期モデルのT4では、またまた大幅な改良がなされていますよ。)

 

それはともかく、このポケット容量は魅力ですね。

 

日帰りのサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、登山、キャンプなどでは、煩わしいバッグ等を持ち歩かなくてもなんとかなりそうです。

 

生地は夏向きではありませんが、夏以外のスリーシーズンでは問題は少ないでしょう。

 

ただ今回のモデルは製造数が少なかったようで、最新のT4より出回っている数が少ないですね。

 

それでも、じっくり探せば見つかるでしょう。

(平均的に実店舗よりネットショップやオークションの方が安価に入手できる場合が多いようです。)

 

本日現在、大きいサイズですがデッドストックが大手通販サイトで販売されていますよ!

(少々お高いです…。😓)

 

私は専用のトラウザースを探してみたいと思います。

 

今回は、フランス軍の比較的新しい迷彩服T3を分析しました。

次回は、ドイツ軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:歴代フランス軍の戦闘服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました!

自分を見ているようで辛いです。

 

でも、いつかスムーズな着陸ができるように、少しずつでも進歩したいですね。

 

昨日よりも「一歩前進」で!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


フランス軍 FELIN カモフラージュ ジャケット / ミリタリー デッドストック サテンリップストップモデル  


フランス軍 FELIN T3 ジャケット カモフラージュ シミ【中古】

スポンサーリンク

愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)

愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
愛を教えてくれた君へ

愛を教えてくれた君へ

  • クアイフ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes