いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【フランスの軍服】海軍防寒デッキジャケット(カーキ・N–1タイプ)とは? 0527 🇫🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、フランス軍の防寒デッキジャケットを分析します。

以前分析したモデル(フランス海軍デッキジャケット)の一つ前のモデルになります。

やはり、ある国のジャケットが原型のようですね。

破損の多いことで有名なジャケットですが、今回のモデルは良品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  フランス海軍防寒デッキジャケット  (カーキ・N–1タイプ)とは?

フランス軍は本当に面白いですね。

 

第一次大戦では、水色の上着、赤いズボンで参戦し、ドイツ兵の格好の的になりました。

 

また第二次大戦では、高性能の航空機、戦車を持っていながら、性能の劣る兵器が大半だったドイツ軍に敗北しています。

 

お洒落で民主的な国民性や兵器の質が、必ずしも戦争の勝敗に直結するとは限らないのですね。

 

そんなフランスが第二次大戦で痛感したのは、敵国ドイツ及びフランスを支援したアメリカの合理的な装備品でした。

 

ドイツはともかく、軍事的に格下と見下していたアメリカの兵器や個人装備は、それまで自慢だったフランス軍の装備を一瞬で過去の遺物に変えてしまったようですね。

 

以降フランスは、アメリカ製装備を参考とし、自国の装備を整えていきました。

 

今回のモデルは、そんなフランスが海軍水兵のために開発した防寒着になります。

 

その形状から、アメリカ軍が第二次大戦で使用したN–1デッキジャケットを原型としているようです。

 

でもフランス独自の工夫もありますよ。

 

さてさて、それはどんな防寒デッキジャケットなのでしょうか?

今回は、フランス軍マニアのみならず、暖かい防寒着を探しているあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  フランス海軍防寒デッキジャケット  (カーキ・N–1タイプ)の全体及び細部写真

前面

襟の内側にはアクリルのボア付きです。

f:id:akmuzifal6489:20200927163950j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200927163843j:image

 

前面裏側

ラインングもアクリル製のボアがほぼ全面にあり。
f:id:akmuzifal6489:20200927163938j:image

 

背面裏側

ボアの色や毛羽立ちから、ゴリラのぬいぐるみを連想させますね。
f:id:akmuzifal6489:20200927164048j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20200927163849j:image

 

タグ①
f:id:akmuzifal6489:20200927164055j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20200927163908j:image

 

襟周り
f:id:akmuzifal6489:20200927163915j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200927163902j:image

 

チンストラップの調整は2段回で、タブの縁は別生地で補強されていますね。

ボタンは、陸軍とは違うオリーブグリーンのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20200927164135j:image

 

胸ポケット

ポケット内側の生地は、やや薄いコットンです。
f:id:akmuzifal6489:20200927164102j:imagef:id:akmuzifal6489:20200927163837j:image

 

ジッパー

刻印は「ECLAIR」
f:id:akmuzifal6489:20200927164031j:imagef:id:akmuzifal6489:20200927164011j:image

 

僅かにテーパーあり。
f:id:akmuzifal6489:20200927163922j:image

 

袖の先端は、別のHBT(ヘリンボーンツイル)生地で補強されています。

これは助かりますね。
f:id:akmuzifal6489:20200927164121j:image

 

勿論、袖は二重になっていて、内側の袖はブラウンのニットです。
f:id:akmuzifal6489:20200927164108j:imagef:id:akmuzifal6489:20200927163957j:image

 

脇の通気孔

金属製のハトメ付きで片側2個です。
f:id:akmuzifal6489:20200927164115j:image

 

内ポケット

これはアメリカ軍N–1デッキジャケットには無かったですね。

ファー側にボタンがありますが、留めるためのボタンホールやループはありませんでした。
f:id:akmuzifal6489:20200927163818j:imagef:id:akmuzifal6489:20200927165144j:image

 

脇の内側には、用途不明のループがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200927164129j:image

 

襟裏のチンストラップの状況
f:id:akmuzifal6489:20200927164148j:image

 

襟の裏にはジッパーが!

これは?
f:id:akmuzifal6489:20200927164041j:image

 

襟裏のジッパーには専用のフードを取り付けることができます。

左右
f:id:akmuzifal6489:20200927163930j:imagef:id:akmuzifal6489:20200927164024j:image

 

左右内側

フード内にもボアがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200927164142j:imagef:id:akmuzifal6489:20200927164004j:image

 

フードのジッパー
f:id:akmuzifal6489:20200927163944j:image

 

前縁のドローコードはナイロン製

付け根には金属製のハトメ付き
f:id:akmuzifal6489:20200927163855j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  フランス海軍防寒デッキジャケット  (カーキ・N–1タイプ)の特徴とは?

生地はカーキのジャングルクロスと呼ばれる、独特の織り方をしたコットン製です。

これはアメリカ軍のN–1デッキジャケットの生地を忠実に再現していますね。

(なんとカラーも再現!)

 

この生地は防風性能が高く、ある程度の防水効果もありますが、コットンなので擦り切れに弱いという欠点もありました。

 

デザインは、これもほぼ完全にN–1をコピーしていますね。

構成は、丸襟、エポレットなし、腰ポケット×2ですが、今回のモデルには内ポケットと、襟裏にフードが付けられるようにジッパーが追加されています。

また、両袖口には丈夫なHBT(ヘリンボーンツイル:杉綾織)の生地で補強がしてありますよ。

 

加えてライニングはアクリルのボアで、N–1のアルパカウールから変更されています。

 

この辺りがフランス独特の改良(?)ですね。

 

全体的な縫製は、丁寧で強度もあり、さすがフランスといったところです。

4  フランス海軍防寒デッキジャケット  (カーキ・N–1タイプ))の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1970年代

 ・製造場所                   フランス

 ・契約会社                   フランス

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

            アクリル 

 ・表記サイズ                不明 

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                    着丈  約73センチ

                                    肩幅  約53センチ

                                    身幅  約66センチ

                                    袖丈  約61センチ

 ・状態                        中古良品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  フランス海軍防寒デッキジャケット  (カーキ・N–1タイプ)まとめ

シェル(外皮)は風を通さず、ライニングはボアなので着用すると暖かいジャケットです。

 

気温が下がってくるこれからの季節にぴったりです。

 

気象庁の寒候期予想では、西日本、東日本では平年より気温が低くなると予想していますよ。

まさに今回のモデルの独壇場になるかもしれませんね。

 

それはともかく、ライニングを化繊に変更したため、洗濯機で丸洗いできるのが嬉しいですね。

 

ただ、やはり袖口、肘、ポケットなどは擦り切れやすいようです。

また、フードがあるものの容積が小さく(私の頭も大きいのですが…)、冠れないのも難点です。

 

とはいえ、今後も使えるジャケットに変わりありません。

 

幸にして今回のモデルは日本でも大人気で、たくさん輸入されています。

(楽天などでも官給品が入手可能です。…ただし中古品なのに高額です。)

 

また、再現性は「まあまあ」のモデル品も販売されていますよ。

(迫力は到底官給品に及びませんが…。)

 

あなたの財政事情やこだわりに合わせて、選べるところが良いですね。

 

今回は、暖かいフランス軍の防寒デッキジャケットを分析しました。

次回は、国籍不明+用途不明の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:フランスが参考にしたアメリカ軍N–1デッキジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 今回のモデルの後継デッキジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 その他のフランス海軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

他のフランス軍単色衣料品はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

 【今週のお題】好きなおやつは何ですか?

 

私の場合は「ミレービスケット」です。

(昔は「ミレーフライ」という商品名だったと思いましたが…。)

 

塩味の素朴でシンプルなクッキーですが、ずっと味を変えずに製造しているロングセラーですね。

 

小学生の頃から大好きで、個人的には傑作ビスケットだと思っています。

(コーヒー、紅茶、ワイン、ウイスキーにめちゃ合いますよ!)

 

ひとつ欠点があります。

それは、食べ始めると美味しすぎて止まらなくなることです。👍

(これマジです😱)

 

最近、大手量販店、コンビニ、ネットSHOPでも見かけるようになって、ずいぶんお求めやすくなりましたね。

(昔は西日本でしか入手できなかったような気もします。)

 

最近コーヒー味もできましたが、個人的にはプレーンがおすすめですね。

 

まずは、コンビニなどで売ってる小袋から試してみてはいかがでしょうか?

 

そうそう、くれぐれも食べ過ぎにご注意ください💕

 

 

スポンサーリンク


野村煎豆加工店 ミレーピローギフト 1kg(1000g)

スポンサーリンク

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


60年代製 フランス軍 デッキジャケット N-1 海軍 パイロット フード L位 ECLAIRジップ カーキ ヴィンテージ 古着【メンズ】【LARGE】【中古】

新品 フランス海軍デッキジャケット TAN WAIPER.inc【WP23】ミリタリー 軍物【クーポン対象外】

スポンサーリンク

シェリーに口づけ

シェリーに口づけ

  • ミッシェル・ポルナレフ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes