いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【インドネシアの軍服】陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)とは? 0529 🇮🇩 ミリタリー

こんにちは!

今回は、インドネシア軍の迷彩フィールドジャケットを分析します。

比較的新しいDPMのモデルになります。

(現在は、デジタル迷彩にモデルチェンジしているようですね。)

今回のアイテムもデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  インドネシア陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)とは?

太平洋戦争前はオランダ領だったインドネシア。

 

中国韓国合同放送局支社であるNHK制作の「映像の世紀」では、当時のスカルノ大統領は、良い意味で日本を利用して、国家の近代化を図ったようですね。

(オランダからの独立戦争では、旧日本軍の将兵も参加しました。まずそれを番組にしてほしいですね!😠)

 

そんなインドネシア軍は、戦後はアメリカ系の武器を使用していましたが、国内のイザコザ(人権問題)でアメリカの禁輸措置を受けてからは、ソ連/ロシアに接近して武器を調達していました。

(現在、禁輸措置が解除されているようですが…。)

 

そのため、なんと空軍の戦闘機は、ソ連/ロシア製のスホーイSu–27/30とアメリ製のF–16が混在しているという面白い配備になっていますよ。

(陸軍の戦車は、ドイツからレオパルドを輸入予定だとか!…強力な軍隊になりそうですね。)

 

そんなインドネシア陸軍の個人装備は、基本アメリカ系なのですが「独立した国は宗主国の軍装を採用する」との法則通り、一部でオランダ軍と似た迷彩服を採用していますね。

 

今回のモデルはそのうち、DPM生地を用いたフィールドジャケットになります。

 

素人考えでは赤道直下の国であり、フィールドジャケットは必要無いように思われますね。

 

でも、本格的な造りで驚きました。

 

さてさて、それはどんなフィールドジャケットなのでしょうか?

今回は、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  インドネシア陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)の全体及び細部写真

前面

南国らしい鮮やかなカラーのDPMですね。

f:id:akmuzifal6489:20200930200327j:image

 

背面

DPMは、オランダ軍と同様、細かい斑点による「ボカシ」を省略していますね。
f:id:akmuzifal6489:20200930200220j:image

 

前面裏側

ほぼ全面にODのライニングがあります。

ライナー用のボタンやジッパーはありません。
f:id:akmuzifal6489:20200930200212j:image

 

背面裏側

ライニングの下端は縫い付けられていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200930200251j:image

 

前合わせはジッパーとマジックテープです。

f:id:akmuzifal6489:20200930200103j:image

 

タグ

2004年度契約品です。

TNIとは、インドネシア語で「インドネシアの軍隊」の意

サイズは…どちらでしょう?

f:id:akmuzifal6489:20200930200235j:image

 

襟はジッパーで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200930200136j:image

 

エポレットはテーパーなしのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20200930200019j:image

 

胸ポケット

中央にプリーツがあって、ダットファスナーで開閉

ポケットの上にあるグレイのテープは、ネイムタグ用のマジックテープです。

f:id:akmuzifal6489:20200930200119j:imagef:id:akmuzifal6489:20200930200335j:image

 

腰ポケット

こちらも胸ポケットと同様です。

f:id:akmuzifal6489:20200930200244j:imagef:id:akmuzifal6489:20200930200031j:image

 

ストレートですね。
f:id:akmuzifal6489:20200930200155j:imagef:id:akmuzifal6489:20200930200127j:image

 

袖口はマジックテープで開閉

M65のような三角生地もありますよ!
f:id:akmuzifal6489:20200930200205j:image

 

背中には短いアクションプリーツが。
f:id:akmuzifal6489:20200930200039j:image

 

ウエストのドローコード

丸いプラスティックのロック付き

コードはいずれもナイロン製です。
f:id:akmuzifal6489:20200930200146j:image

 

裾のドローコード

コードが長いですね。
f:id:akmuzifal6489:20200930200228j:image

 

内ポケット

左右にあります。

作り込みが凄い!
f:id:akmuzifal6489:20200930200319j:image

 

襟裏にジッパーがあって、中(背中まで通じています。)にはナイロンのフードが。

(フードの色調がやや違っていますね。)

前縁のドローコードやロックは、ウエストや裾と同じです。
f:id:akmuzifal6489:20200930200048j:imagef:id:akmuzifal6489:20200930200056j:image

 

フードにはフェイスベールもありました。

スナイパー仕様でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20200930200259j:image

 

ODのプラスティック製ボタン

アメリカ軍型です。
f:id:akmuzifal6489:20200930200110j:image

 

ジッパー

ここにもTNIの文字が!

f:id:akmuzifal6489:20200930200307j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  インドネシア陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)の特徴とは?

迷彩は、オランダ軍型DPMなのですが、カラーが「熱帯」していますよ。

オレンジ、グリーン、ダークブラウン、ブラックを用いて、刷毛で小さく丸く塗ったようなパターンを描いています。

 

タンではなくオレンジというのが、派手な印象の素ですね。

 

生地は、独特の織り方をしたもので(正式にはなんていう織り方なのでしょう?)、表面がザラザラです。

(もしかしたらたい赤外線用生地なのかもしれませんね。)

おそらく通気性は良いのですが、フィールドジャケットなので立派なライニングが付いています。

でも、現地では暑そうですね?

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2、袖ポケット×2、内ポケット×2です。

袖口には三角形の生地があって、アメリカ軍のM65フィールドジャケットのようです。

 

また襟内には簡易フードがあって、これもM65に似ていますね。

 

全体的な仕立ては良好で、強度も十分ですね。

東南アジアの製品としては、平均以上の上質な仕立てといえます。 

4  インドネシア陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2004年

 ・製造場所                   インドネシア

 ・契約会社                   インドネシア

 ・製造会社                           〃

 ・材質                         コットン

             ポリエステル

 ・表記サイズ                K(?)

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約76センチ

                                    肩幅  約51センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約56センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 沖縄の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  インドネシア陸軍迷彩フィールドジャケット(DPM)まとめ

最初、このフィールドジャケットを見たときに、軽い衝撃を受けました。

 

思い出したのはイギリス軍のトロピカルDPMです。

とても派手な色調でしたが、今回のモデルはそれを上回るビビットな色調ですね。

(一説にはデジタル迷彩も、かなりビビットな色調のようです。)

 

ちょっと日本のフィールドでは持て余してしまいそうですね。

(それでも、狩猟などには使えるのかも。)

 

この鮮やかさを利用して、冬のファッショに使用してみるのも面白いかもしれませんよ。

 

上述したとおり、インドネシア本国では新型デジタル迷彩に交換されつつあります。

そのため、今回のモデルも含めたDPMモデルはこれから入手が容易になるかもしれませんね。

 

やはりこのモデルも大阪の「C店」やネットオークション、ネットフリマなどに網を張って気長に待ってみましょう!

(入手は比較的簡単かもしれませんね。)

 

私は、通常のシャツやトラウザースと新型デジタル迷彩のアイテムを探してみます。

 

今回は、珍しいインドネシア軍の迷彩フィールドジャケットを分析しました。

次回は、ちょっと趣向を変えて大戦中のアメリカ軍戦闘機用照準器を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:宗主国であったオランダ軍のDPM迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com 他の東南アジア国の装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

今度はちゃんと手に着地していますね😃

可愛い💕

 

ちゃんと管理すれば、長生きするそうですよ👍

 

いつか飼ってみたいです😍

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スラバヤ通りの妹へ

スラバヤ通りの妹へ

  • 松任谷由実
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes