いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【自衛隊装備品】航空自衛隊パイロットスーツ(56式航空服2型)とは? 0600 🇯🇵 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ブログ記事アップ600回を記念(?)して、航空自衛隊の古いパイロットスーツを分析します。

(なんの関連もないのですが…。)

なんと、オレンジ色になる前のモデルですね。

現在、航空自衛隊美保基地の広報官に展示してある中古並品と同じものです。

でも今回のアイテムは、デッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  航空自衛隊パイロットスーツ(56式航空服2型)とは?

第二次大戦後の1951年、当初「警察予備隊」として発足、その後「保安隊」を経て「自衛隊」になりましたが、航空自衛隊の運用開始はそれからやや遅れた1954年でした。

 

旧軍からのバックボーンを持たない航空自衛隊は、全てアメリカ空軍を手本とし装備を整えてきましたね。

 

航空機は言うに及ばす、レーダー、新兵器の地対空ミサイルそして個人装備も概ねアメリカ空軍の指導の下に整えてきました。

 

勿論パイロット装備も同様です。

 

今回のモデルは、その航空自衛隊黎明期に開発されたパイロットスーツになります。

 

「56式」とあるように、1956年(昭和31年)採用ですね。

 

デザインは…どこかで見たデザインですよ!

 

さてさて、それはどんなパイロットスーツなのでしょうか?

 

今回は、コアな航空自衛隊マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  航空自衛隊パイロットスーツ(56式航空服2型)の全体及び細部写真

全体前面

当時のアメリカ空軍K–2B(初期型)に似ていますね。

f:id:akmuzifal6489:20201210161517j:image

 

前面上半身
f:id:akmuzifal6489:20201210161550j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20201210161559j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20201210161445j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20201210161436j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20201210161541j:image

 

前面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201210161520j:image

 

前面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201210161553j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201210161419j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20201210161410j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20201210161534j:image

 

タグ

昭和36年度(1961年度)契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20201210161433j:image

 

胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20201210161509j:image

 

ウエストのサイズ調整タブ

何故かダットファスナーはブルーです。
f:id:akmuzifal6489:20201210161428j:image

 

ジッパーは上下から解放できるダブルジッパーです。

でもスライダーのプルタブは形が違っていますね。
f:id:akmuzifal6489:20201210161504j:image

 

右膝ポケット

水平ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201210161453j:image

 

左膝ポケットとクリップ

垂直のジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201210161546j:image

 

クリップ

現行のものと縫い方が違っているような?
f:id:akmuzifal6489:20201210161441j:image

 

右ふくらはぎポケットと足首ジッパー

ポケットは水平のジッパーで開閉

底部には合成皮革による補強あり。

表面にはペンポケット付き
f:id:akmuzifal6489:20201210161538j:image

 

左ふくらはぎポケットも同じデザインですが、表面のペンポケットの位置が違っています。
f:id:akmuzifal6489:20201210161512j:image

 

ふくらはぎポケット全体
f:id:akmuzifal6489:20201210161449j:image

 

足首ジッパーを開けるとマチがありました。
f:id:akmuzifal6489:20201210161529j:image

 

左袖には小ポケットあり。

袖口はダットファスナーで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20201210161422j:imagef:id:akmuzifal6489:20201210161525j:image

 

腰左右にはジッパーで開閉するスリットあり。
f:id:akmuzifal6489:20201210161459j:imagef:id:akmuzifal6489:20201210161415j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  航空自衛隊パイロットスーツ(56式航空服2型)の特徴とは?

生地は、オリーブグレイ(?)で、アメリカ軍の様にセージグリーンではありません。

 

他国でもあまり例のない色調ですね。

 

デザインは当時のアメリカ空軍パイロットスーツK–2Bとよく似ていますね。

(クリップ付きの初期型に特に似ています。)

 

構成は、エポレットなし、胸ポケット×2、膝ポケット×2、ふくらはぎポケット×2、左袖ポケットです。

 

このうち、ふくらはぎポケットの下部は人口皮革で補強されています。

(これは独特の改良でしょうか?)

 

K–2Bにある、左内腿のナイフポケットはありませんが、書類用のクリップがあります。

 

デザイン比較

今回のモデル

f:id:akmuzifal6489:20201210193510j:image

 

アメリカ軍K–2B(一般型)

f:id:akmuzifal6489:20201210193848j:image

左内股のナイフポケットと左膝ポケット上のクリップの有無が違っていますが、全体的にはよく似ていますね。

(K–2B初期型にはクリップ付きもあったようです。)

 

全体的な縫製は正確かつ丁寧で、品質の高さを感じます。

 

同年代の陸上自衛隊や航空自衛隊の作業服(M43タイプ)に比べて、仕立てが段違いに良いですね。

 

やはりいつの時代もパイロットは優遇されているようです。

4  航空自衛隊パイロットスーツ(56式航空服2型)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1961年

 ・製造場所                   日本

 ・契約会社                   日本

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          不明

 ・表記サイズ                5

                                   (日本人のM)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約148センチ

                                    肩幅  約43センチ

                                    身幅  約53センチ

                                    袖丈  約54センチ

                             ウエスト  約50センチ

                                    股下  約69センチ

                                    裾幅  約16センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  航空自衛隊パイロットスーツ(56式航空服2型)まとめ

今回のモデルは、国内のオークションで発見、落札しました。

 

ライバルが多く、とても高額になると予想したのですが、平均的なアメリカ軍CWU–27Pより安価に落札できましたよ。

(おそらく、小さいサイズだったので着られないことから諦めたのでしょう。)

 

とにかく入手できて幸運でした。

 

こうなってくると、このパイロットスーツの上に、どんなフライトジャケットを着用したのか気になりますね。

 

調査して、いつかフライトジャケットも入手したいです。

 

温故知新」という言葉があります。

 

古きを温ねて新しきを知る…という意味ですが、今回のモデルがあったからこそ、現在のモデルがあるのですね。

 

それまでの基盤がなく、手探り状態で発達してきた航空自衛隊。

 

現在のデジタル迷彩作業外被のような大失敗もありますが、「勇猛果敢、支離滅裂」も、ある意味仕方がなかったのかもしれませんね。

 

でも今後は「何が必要なのか?」「どうすれば良くなるのか?」…を今よりももっと高い位置から考えて欲しいものです。

(口だけ達者、ふんぞり返って感情を顕に怒鳴り散らすだけでは、何も前へ進めませんね。もしかして航空自衛隊の常識は、世界の非常識なのかもしれませんよ!)

 

今後の航空自衛隊の正しい発展に期待したいですね!

 

今回は、航空自衛隊黎明期の貴重なパイロットスーツを分析しました。

次回は、自衛隊つながりで、海上自衛隊のパイロットスーツを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の航空自衛隊装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

 Twitterで見つけました。

大きいニャンコ可愛いですね!😍

 

冬とか一緒に布団に入ると、めちゃ暖かいかも💕

 

でも甘えん坊だったら、抱っこが筋トレになるかも!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

行進曲《輝く銀嶺》

行進曲《輝く銀嶺》

  • 航空自衛隊 航空中央音楽隊 & 進藤潤
  • クラシック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes