いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

真贋不明!【ドイツの軍服】武装親衛隊迷彩スモック(レッドブラウンタイプ)とは? 0356 🇩🇪 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220108094025p:plain

今回は、1940年代のドイツ武装親衛隊迷彩スモックを分析します。

俗に言う「レッドブラウンタイプ」で、数が少なく稀少品とされていますね。

ただ、当時ものかどうか識別に迷う一品です。

今回は偶然入手した極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  ドイツ武装親衛隊迷彩スモック(レッドブラウンタイプ)とは?

1936年に開発され、大戦の期間を通じて使用されたドイツ武装親衛隊の迷彩スモック。

 

有名な迷彩服ですが、多くのバリエーションがあることでも有名ですね。

 

製造方法も、初期と後期では変わっていますし、デザインは大きく3タイプに分かれています。

 

また、その迷彩生地もパターンと色調が何種類もありましたよ。

 

今回のモデルはその中でも、通称「レッドブラウンタイプ」と呼ばれる、全体的に赤味の強いスモックになります。

 

1980年代に国内の専門誌で、初めて紹介されました。

 

さてさて、それはどんな迷彩スモックなのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクターのみならず、ドイツ軍装備コレクター初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

春夏側前面

ベースの代赭色がかなり赤味がかっていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200322084712j:image

 

春夏側背面
f:id:akmuzifal6489:20200322084754j:image

 

秋冬側前面
f:id:akmuzifal6489:20200322084724j:image

 

秋冬側背面
f:id:akmuzifal6489:20200322084717j:image

 

背面などの細い生地は、偽装用ループです。

f:id:akmuzifal6489:20200322084708j:imagef:id:akmuzifal6489:20200322084704j:image

 

袖は、手首にゴムを内蔵

袖口先端は、処理されていません。
f:id:akmuzifal6489:20200322084759j:image
f:id:akmuzifal6489:20200322084735j:image

 

ポケット内側の生地は、太い糸で織られた独特の記事
f:id:akmuzifal6489:20200322084731j:image

 

ボタンは制服用の金属製で、反射防止加工が施されたタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200322084721j:image

 

前合わせは専用のコードですが、現代のナイロン製の物が付いていました。

コードを通す部分の補強縫いに注意
f:id:akmuzifal6489:20200322084728j:image

 

ウエストに内蔵されているゴムは、左右脇腹の部分にはありません。
f:id:akmuzifal6489:20200322084739j:image

 

細部を見ると、一部にプリントミスによる染め残しがありました。(白色部分)
f:id:akmuzifal6489:20200322084747j:image

 

脇の通気用スリット
f:id:akmuzifal6489:20200322084751j:image

 

袖と裾の端末比較

スモックの裾(向かって右側)は、ちゃんと春夏側が秋冬側に回り込んでいます。

f:id:akmuzifal6489:20200322084742j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、代赭色(レッドブラウン)をベースに、春夏側が濃淡三色のグリーンと2色のブラウンで、秋冬型は四色のブラウンで、葉や斑点を描いていますね。

 

パターンはオーソドックな通称「F型」のようです。

 

ただ、代赭色の色調が、とても赤味の強いものになっていますよ。

 

デザインは、通称「Ⅲ」型で、左右腰にポケットがあり、所々に偽装用ループが付いたタイプになります。

 

勿論プルオーバー(頭から被る)で、手首、ウエストにはゴムが内蔵されていますね。

 

全体的な縫製は、意外に正確で丁寧です。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 不明

・製造場所     不明

・契約会社     不明

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    不明

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約75センチ

          肩幅 約53センチ

          身幅 約64センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     不明

・入手場所     東京の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

今回のモデルは、あるショップで「当時の実物」として販売されていたものです。

 

まだブームになる前だったので、然程高価ではなく、なんとか私でも購入できたましたね。

 

でも、のちに発売されたモデル品と大きく色調が違っていたので「モデル品かな?」と疑問に思っていました。

(何しろ、今から約40年前までは、田舎者を騙すのが都会の常とう手段でしたからね〜。今でも?)

 

でも先の専門誌で紹介されているのを観て、もしかしたら当時の官給品なのかもしれないと思い始めています。

 

また別の情報では、同じ色調のスモックが海外のオークションに出品されていたらしいです。

(コレクター情報。私は未確認ですが…。)

 

同じ物だとすると、やはりモデル品の可能性もありますね。

 

悩ましいスモックです。

 

まだ判別がつかないので、しばらく調査を「ケイゾク」してみます。

 

もし入手を計画されている方は、海外のオークションで網を張ってみましょう。

 

また、今回のモデルも後日ヤフオクに出品予定です。

 

探しているあなたは、それまで気長にお待ち下さい。

 

今回は、モデル品なのか官給品なのか、判別のつかないドイツ武装親衛隊のスモックを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他のドイツ武装親衛隊の迷彩スモックはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

第二次大戦中の各国迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいた木、ありがとうございました。
(この記事は、2020年3月に掲載したものをリライトしました。)

スポンサーリンク


ドイツ武装親衛隊軍装ガイド (ミリタリー・ユニフォーム)


Waffen-Ss Commanders: The Army, Corps and Divisional Leaders of a Legend : Kruger to Zimmermann (Schiffer Military History)


武装親衛隊の装備・戦術
 


親衛隊のドイツ黄金十字章受拝者 Vol.5 German Cross in Gold, Vol. 5- Holders of The SS and Police


Epic Militaria レプリカ 第二次世界大戦 ドイツM42 ソフトエッジ 迷彩スモック US サイズ: Large (42-44 Inch) カラー: グリーン

スポンサーリンク

パンツァー・リート

パンツァー・リート

  • 浜口史郎
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes