いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

アフガニスタンでも使用中!【韓国の軍服】陸軍迷彩シャツ(ウッドランド迷彩)とは?0868 🇰🇷 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210913095558p:plain

今回は、1980年代の韓国軍迷彩シャツを分析します。

迷彩パターンはアメリカ軍を参考にしたものですね。

最近、ある団体が使用しているということで有名になりました。

中古品ですが、程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  韓国陸軍迷彩シャツ(ウッドランド迷彩)とは?

f:id:akmuzifal6489:20210913101604p:plain

自国で開発されたものではありませんが、韓国軍の迷彩服使用は、朝鮮戦争時代に遡ります。

 

1950年に北朝鮮軍の奇襲から始まった朝鮮戦争では、国連軍として多くの国が参加するとともに、多数の軍事物資が発足当時の韓国軍に供与されました。

 

中でもイギリス防風迷彩スモックは、余剰品ということもあり一定数が韓半島へ送られて韓国軍によって使用されています。

 

珍しいところでは、大戦中のドイツ武装親衛隊迷彩服もアメリカのミスで送られて使用されましたよ。

(当時のソ連から、アメリカ軍はドイツの武装親衛隊員を戦闘に投入しているとクレームがあったそうです。よほど武装親衛隊が怖かったのでしょうね。)

 

その後韓国軍は、ダックハンター類似迷彩を自国で開発、「ダイライハン」で有名なベトナム戦争に投入。

 

また韓国政府が国民の民主化運動を武力で阻止した「光州事件」では、ヌードルパターンと呼ばれる迷彩服を使用していましたね。

 

でも1980年代には、アメリカ軍のウッドランド迷彩採用に伴い、それに呼応するように類似の迷彩パターンを用いた一連の戦闘装備を開発しました。

 

それが今回のモデルです。

 

今回は、その中でも暖候期に使用する迷彩シャツになります。

 

一見アメリカ軍のウッドランド迷彩に似ていますが、色調、パターンとも違うものですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩シャツなのでしょうか?

 

今回は、韓国軍装備マニアのみならず、安価に入手できる迷彩服をお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  韓国軍迷彩シャツの全体及び細部写真

前面

袖口とエポレットを除き、ボタンは全て隠ボタンになっていますね。

f:id:akmuzifal6489:20210911204001j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210911204016j:image

 

前面裏側

襟元の生地に注意!
f:id:akmuzifal6489:20210911203929j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210911203944j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210911203924j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20210911204010j:image

 

タグ

印字が消失しています。😓
f:id:akmuzifal6489:20210911204817j:image

 

右胸ポケット

ボタンで開閉

ポケット中央にプリーツ付き。

ネイムタグの縫い付け跡に注意!
f:id:akmuzifal6489:20210911203958j:imagef:id:akmuzifal6489:20210911203918j:image

 

左胸ポケット

ポケットフラップに階級章

何かの徽章の縫い付け跡に注意!
f:id:akmuzifal6489:20210911204007j:image

 

テーパー付き。
f:id:akmuzifal6489:20210911203948j:imagef:id:akmuzifal6489:20210911203941j:image

 

袖口はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210911204003j:image

 

ボタンはODのプラスティック製で、アメリカ軍BDUタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20210911204013j:image

 

襟元の生地

スカーフ替わりでしょうか?

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210911203926j:imagef:id:akmuzifal6489:20210911203937j:image

 

生地を留めて、開襟にした状態

f:id:akmuzifal6489:20210911204126j:image

 

 

何かのサインがありました。
f:id:akmuzifal6489:20210911203951j:image

 

これは持ち主のサインでしょうか?

襟元の生地裏側に記入
f:id:akmuzifal6489:20210911203921j:image

 

部隊パッチ(ワッペン)?
f:id:akmuzifal6489:20210911203933j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210913101638p:plain

 

迷彩は、ホワイトの生地にライトカーキグリーン、ブラウン、ブラックで雲型や葉のようなパターンを描いています。

 

一見アメリカ軍のウッドランド迷彩に似ていて、実際酷似したパターンもありますが、色調や多くのパターンは別物ですね。

 

でも参考にしたことは間違いなさそうです。

 

迷彩比較

今回のモデル(前面)

韓国陸軍ウッドランド迷彩シャツ(前面))

 

アメリカ軍ウッドランド迷彩ジャケット(前面)

アメリカ軍ウッドランド迷彩ジャケット

 

今回のモデル(背面)

韓国軍ウッドランド迷彩シャツ(背面)

 

アメリカ軍ウッドランド迷彩ジャケット(背面)

アメリカ軍ウッドランド迷彩ジャケット(背面)

 

生地は、コットンとポリエステル混紡のツイルで、肌触りが良く軽量です。

 

濡れても乾燥が早そうですね。

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×2でとてもシンプルです。

(アメリカ軍のユーティリティーシャツなどに似ています。)

 

面白いのは前身頃裏側に、一枚スカーフのような生地が追加されているところですね。

(大戦中アメリカ軍HBTシャツやウールシャツなどのガスフラップの残りでしょうか?)

 

全体的な縫製は、丁寧かつ正確ですが、強度は少々弱いようです。 

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210913103413p:plain

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     韓国

・契約会社     韓国

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    不明

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約76センチ

          肩幅 約49センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約59センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     東京のイベント

・入手難易度    1(容易)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210913101729p:plain

今回のモデルや、同じ迷彩生地を用いたフィールドジャケットは、アメリカ軍が撤収したアフガニスタンで、タリバンの兵士が使用していますね。

1枚目の写真のシャツは、今回のモデルと同じですね。

 

情報では古着買取王国のパキスタンを経由してタリバンの手に渡ったようです。

 

中には韓国軍階級章や支給された兵士のネイムタグまで縫い付けられたままのシャツやジャケットもあって、一部で物品管理が問題になっているようですね。

(反韓国勢力が悪用する恐れもありますね。)

 

もっとも、この迷彩服は2010年代には廃止されています。

 

そのため着用して行動しても迷彩パターンで「旧型」と識別できますが、ネイムタグや階級章は悪用されると恐ろしいですね。

 

それはともかく、迷彩はアメリカ軍と類似のウッドランドなので、ある程度の効果が期待できます。

 

色調もコントラストが強いので、新緑の季節から秋頃までの暖候期で使えそうです。

 

生地の材質も一般的なものなので、快適に着られますね。

 

野外におけるサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、登山、キャンプなどに使用できそうですよ。

(勿論、シャツの他に、トラウザーズやフィールドジャケットもありますよ!)

 

幸いなことに、一時は禁輸物品であったこの迷彩服も、新型デジタル迷彩服の採用に伴い用途廃止になったようです。

(だからパキスタンに払い下げられたのでしょう。)

 

そのため現在では安価に入手できる迷彩服の一つとなっていますね。

 

特にオークションでは、不定期ながら一定数が出品されています。

 

入手は容易と言えるでしょう。

 

なお、日本で販売されているものでも、階級章やネイムタグ、場合によっては部隊章までそのままのモデルがあります。

 

個人で購入・使用する場合は、最低でも階級章と部隊章は取り外して使用しましょう。

 

今回は、アフガニスタンのタリバンが使用している韓国軍迷彩シャツを分析しました。

次回は、オランダ軍のトラウザーズを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルと同じ迷彩パターンの韓国軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

韓国製ウッドランド迷彩を基にした砂漠用迷彩ジャケットに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

その他の韓国軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

🇰🇷韓国(South Korea) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

こんなニュースがありました!

「韓国産食品」に基準値超えの有毒物報道にネットで大反響…「怖すぎだろ」「外食とかだと確認出来ない」 : スポーツ報知

hochi.news

 

以前から懸念されていましたが、恐ろしいですね。

 

自分の身は自分で守りましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

うっせぇわ

うっせぇわ

  • Ado
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
釜山港へ帰れ

釜山港へ帰れ

  • テレサ・テン
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes