いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【スウェーデンの軍服】陸軍M90迷彩ユニフォーム(スプリンターパターン)とは? 0416 🇸🇪ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211120100447p:plain

今回は、スウェーデン軍の有名な迷彩服を分析します。

以前分析したモデルは中国製モデル品でしたが、今回はスウェーデン軍官給品です。

このアイテムも、最近めっきり減ってきましたね!

モデルチェンジが近いのでしょうか?

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  スウェーデン陸軍M90迷彩ユニフォーム(スプリンターパターン)とは?

武装中立を国是としていたスウェーデン。

 

第二次大戦後は自国開発のユニークな、それでいて強力な兵器を運用していました。

 

個人装備においても、各種迷彩服の研究を重ね、1960年代には幾何学模様の独特の迷彩服を装備したりしていましたよ。

 

当初スウェーデンが採用した迷彩⬇︎

f:id:akmuzifal6489:20200525120344j:image

(J.F.Borsarello著「CAMOUFLAGE  UNIFORMS of European and NATO Armies 1945 to the Present」より引用)

 

しかし、1980年代からは、より実用的かつ効果的な迷彩を採用しました。

 

スプリンター(破片)迷彩と呼ばれるこの迷彩は、第二次大戦中から一部で採用されていたパターンでしたが、それらを進化させたのが今回の迷彩です。

 

一時期、軍用機や車両までよく似た迷彩を塗装していましたよ。

 

スウェーデン空軍 サーブ社ビゲン戦闘機

f:id:akmuzifal6489:20200525152653j:image

ブログ「世界の航空機フォト・ライブラリー」(坪田淳史)より引用

 

さてさて、それはどんな迷彩なのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクターのみならず、ファッションに造詣の深いあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

ジャケット

前面

f:id:akmuzifal6489:20200524221218j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200524220917j:image

 

前面裏側

ライニングは胴体のみです。
f:id:akmuzifal6489:20200524221031j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200524221138j:image

 

前合わせはジッパーと  ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20200524221210j:image

 

タグ

官給品はスウェーデンのマーク(3個の王冠)が付いています。
f:id:akmuzifal6489:20200524221323j:image

 

襟はジッパーを一番上まで上げることで、立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200524221046j:image

 

 胸ポケット

垂直のジッパーで開閉

ポケットの中にはペンポケットがあります。

f:id:akmuzifal6489:20200524221720j:image

f:id:akmuzifal6489:20200524221131j:image

 

腰ポケット

角度が付いていてジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200524220935j:image

 

ジッパーは無刻印
f:id:akmuzifal6489:20200524221007j:image

 

袖はテーパー付きでタブと  ダットファスナーで開閉・調整

袖下半分は補強生地あり。
f:id:akmuzifal6489:20200524220854j:imagef:id:akmuzifal6489:20200524221226j:image

 


f:id:akmuzifal6489:20200524220943j:image

 

スウェーデン国籍パッチ(ワッペン)

まさかの手縫い
f:id:akmuzifal6489:20200524220901j:image

 

左胸の用途不明な横ポケット(向かって右側が開放)
f:id:akmuzifal6489:20200524220911j:image

 

襟章

おそらく兵科章で、歩兵では?
f:id:akmuzifal6489:20200524220926j:image

 

内ポケット

こちらも  ダットファスナーで開閉

右側にペンポケット
f:id:akmuzifal6489:20200524221258j:image

 

ウエストのドローコードと独特のロック
f:id:akmuzifal6489:20200524221120j:image

 

ダットファスナーの反射防止処理

材質は銅合金
f:id:akmuzifal6489:20200524221102j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20200524221305j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200524221241j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200524221055j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200524221332j:image

 

前合わせはジッパーと前後2個のボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20200524221038j:image

 

トラウザースタグ

ジャケットと変わりませんね。
f:id:akmuzifal6489:20200524220952j:image

 

ウエストのボタン
f:id:akmuzifal6489:20200524221147j:image

 

右側面

腰のスラッシュポケットにはフラップ付き

f:id:akmuzifal6489:20200524221014j:image

 

スラッシュポケットの内側は白い生地

f:id:akmuzifal6489:20200525131219j:image

 

膝カーゴポケットは、水平のジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200524221249j:image

 

裾と足首

足首にはジッパーとダットファスナーで拡げることができます。

(マチ付き)

裾はナイロンの生地で補強されています。

f:id:akmuzifal6489:20200524221203j:imagef:id:akmuzifal6489:20200524221314j:imagef:id:akmuzifal6489:20200524221155j:image

 

補強生地の裏側には、用途不明の金具が。
f:id:akmuzifal6489:20200524221234j:image

 

ダットファスナー表面の反射防止処理
f:id:akmuzifal6489:20200524221109j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩はタンをベースに、濃淡二色のグリーンとチャコールグレイで、ガラスの破片のようなパターンを描いています。

 

比較的大きな葉のようにも見えますが、明らかに自然には存在しないようなパターンですね。

 

生地は、やや厚いコットンとポリエステルのサテンで、目が細かく防風性能が高そうです。

高級生地といった感じですね。

 

デザインは、ジャケットがエポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット2で、各ポケットはジッパーで開閉するコートタイプ。

 

トラウザースは、腰左右のスラッシュポケット×2、膝のかーごポケット×2で足首には着脱しやすいようにジッパーがあります。

 

やはり裾がナイロン生地で補強されていますね。

 

全体的に仕立ては丁寧かつ正確で、高いレベルで縫製されています。

 

もし日本でモデル品を作ったら、2〜3万円くらいかかりそうな印象です。 

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1992年

・製造場所     スウェーデン

・契約会社     スウェーデン

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    170/65

         (日本人のM〜L)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約74センチ

          肩幅 約51センチ

          身幅 約61センチ

          袖丈 約56センチ

           トラウザース

        ウエスト 約37センチ

          着丈 約100センチ

          股上 約30センチ

          股下 約75センチ

          裾幅 約14センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

相変わらずスッキリとした潔く素敵な迷彩服ですね。

 

日本のフィールドでどんな見え方をするのか、確認してみたい迷彩です。

 

おそらく、緑の多いこれからの季節には、効果があるのではないでしょうか?

 

ただし、今回のモデルは厚い生地にコートタイプであることから、日本における夏場の使用は難しでしょう。

 

秋から冬の無雪期または無雪地域の針葉樹林帯なら、無問題で使えそうですね。

 

冬季のサバイバルゲーム、狩猟野鳥観測は勿論のこと、普段着の防寒用のアウターとしても使用できますね。

 

また、一見迷彩に見えないパターンから、ファッションとして使用してみるのはいかがでしょうか?

(確か有名アパレルメーカーからモデル品も出ていたような気がしますが…。)

上手くコーディネートできたら、あなたもファッションリーダーかも?

 

今回は、スウェーデン軍の比較的新しい官給品の迷彩ユニフォームを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20211120更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:中国製モデル品は(シャツタイプ)こちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他の北欧国の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.comwww.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

木枯しに抱かれて・・・

木枯しに抱かれて・・・

  • THE ALFEE
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes