いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【イギリスの軍服】陸軍P85DPMスモック(P68DPM生地バージョン)とは? 0474 🇬🇧 ミリタリー

こんにちは!

今回は、イギリス軍の変則的な迷彩スモックを分析します。

政府や軍からの正式な説明がなく、謎が多いとされるイギリス軍のDPMスモック。

今回も謎のスモックになります。

でも、程度は極上品ですよ。

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  イギリス陸軍P85DPMスモック(P68DPM生地バージョン)とは?

前作P68スモックの不具合点を改修して、フォークランド戦争以降に採用されたP85スモック。

レイヤード(重ね着)システムに適応させ、より汎用性が高くなった傑作でした。

 

過去記事:イギリス陸軍迷彩スモック(P−68)

 

過去記事:イギリス陸軍迷彩スモック(P–85)

 

しかし、どうやらその導入初期の段階では、一部混乱したのかそれとも廃品利用だったのか、世にも奇妙なスモックが製造されたようです。

 

今回のモデルは、P85ながらP68の特徴を兼ね備えたスモックになっていますね。

 

でも、特に違和感がないのが面白いです。

 

さてさて、それはどんなスモックなのでしょうか?

今回は、イギリス軍マニアのみならず、迷彩服を実用に使いたいあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  イギリス陸軍P85DPMスモック(P68DPM生地バージョン)の全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20200803143322j:image

 

比較

通常のP85

全体的に黒っぽいですね。

f:id:akmuzifal6489:20200804062429j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200803143433j:image

 

比較

通常のP85

明らかに迷彩の色調が暗く、タン(またはダークイエロー)の面積が狭いですね。

f:id:akmuzifal6489:20200804062445j:image

 

前面裏側

ライニングは上半身主体で、いわゆるハーフラインです。
f:id:akmuzifal6489:20200803143347j:image

 

背面裏側

裾のホームベース型の生地は大型ポケットです。
f:id:akmuzifal6489:20200803143150j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20200803143550j:image

 

タグ

とてもシンプルです。

後のP85のタグとは全く違いますね。

それでもNSNは記載されていますよ。

なんか試作品ぽいですね。
f:id:akmuzifal6489:20200803143606j:image

比較

通常のP85タグ

記載内容が雲泥の差ですね。

f:id:akmuzifal6489:20200804062214j:image

 

襟はボタンで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200803143507j:image

 

エポレットはテーパー付きのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200803143240j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200803143256j:imagef:id:akmuzifal6489:20200803143203j:image

 

ポケットにはマチが設けられています。
f:id:akmuzifal6489:20200803143623j:image

 

膝ポケット

こちらもボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200804055505j:imagef:id:akmuzifal6489:20200804055509j:image

 

裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200803143227j:image

 

左袖ポケット

ボタンで開閉

例によって二つのコンパートメントに分かれています。
f:id:akmuzifal6489:20200803143450j:imagef:id:akmuzifal6489:20200803143105j:image

 

ジッパー

無刻印です。
f:id:akmuzifal6489:20200803143357j:image

 

背面内側下部にある大きなポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200803143141j:imagef:id:akmuzifal6489:20200803143536j:image

 

ウエストのドローコード

左右にあります。
f:id:akmuzifal6489:20200803143524j:image

 

背面上部のライニングはオープンタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200803143307j:image

 

内ポケット

ライナーが装着できるようにボタンが縫い付けられていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200803143132j:image

 

袖口はマジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200803143118j:imagef:id:akmuzifal6489:20200803143334j:image

 

ポケットのボタン

当然ながらイギリス官給品です。

f:id:akmuzifal6489:20200804055643j:image

 

ライナーのボタンはイギリス官給品ではありません。
f:id:akmuzifal6489:20200803143214j:image

 

迷彩パターン
f:id:akmuzifal6489:20200803143407j:image

 

P68後期型(左側)と今回のモデル(右側)

中古とデッドストックの差はありますが、DPMのパターンと色調はほぼ同じですね。

f:id:akmuzifal6489:20200803143421j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  イギリス陸軍P85DPMスモック(P68DPM生地バージョン)の特徴とは?

迷彩は、なんとP85なのにP68の後期型と同じ迷彩です。

つまりシェルの迷彩生地は、P68のものが使用されているようです。

 

面白いですね。

 

デザインは通常のP85と同じです。

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2、袖ポケット、内ポケット×2、背面裏側下部に大型ポケットです。

 

ただし今回のモデルは、ライナー(おそらくM65用)が取り付けられるように、前オーナーが裏側にボタンを増設、カスタム化していましたよ。

4  イギリス陸軍P85DPMスモック(P68DPM生地バージョン)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1980年代

 ・製造場所                   イギリス

 ・契約会社                   イギリス

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                180/76

                                   (日本人のXL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約84センチ

                                    肩幅  約46センチ

                                    身幅  約63センチ

                                    袖丈  約63センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  イギリス陸軍P85DPMスモック(P68DPM生地バージョン)まとめ

何故こんなスモックを製造したのでしょう?

 

正確な所は不明ですが、

 

①   もしかしたらP85が開発され、詳細なデザインが業者に示された時にP68のDPM生地が相当数余っていたので利用した。(廃物利用説)

 

②   はたまた、P85用の新型DPM生地がまだ完成していなくて、臨時の処置でP68の生地を使用した。(新DPM生地未完成だった説)

 

③   取り敢えずDPMだったら何でもよかった。(イギリス軍DPM無頓着説)

 

などが考えられますね。

 

ここで、やはりタグが重要な意味を持ってきます。

後のP85とは、全く違っているということは、やはり試作品なのかもしれません。

(やはり面白いスモックです)

 

今回写真を撮ってみて、あらためてP68DPMの明るさ(暗いモデルもありますが…)に救われました。

(イギリス軍は何故DPMをパターンや色調を変えてしまったのでしょうか?)

 

ところでDPMの効果は定評があって、およそカモフラージュが必要なシチュエーションにおいては、まずこれを選んでおくべき迷彩服ですね。

 

幸いなことに、今回のモデルのようにP68DPMを用いたP85は、意外に見かけることが多いです。

入手は、現時点では比較的容易と言えるでしょう。

 

他にも面白いバリエーションがあるかもしれませんよ。

 

今回は、イギリス軍の不思議なP85スモックを分析しました。

次回は、DPMつながりで、サウジアラビアの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のイギリス軍DPM装備はこちらです。⬇︎

(DPMの色調が大きく違っていますね。)

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで、またまた恐ろしい記事を発見しました。

信じられませんね。

 

やはり、かの国の方々は一般人であれパイロットのようなエリートであれ、安全意識が極端に欠如しているようです。

何もなかったから良いようなものの、乗客の命に係る重大インシデントでしたね。

ハインリッヒの法則ではそろそろ、人命に影響があるかもしれません。

利用しない方が良いようです。 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

窓

  • 谷山浩子
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes