いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アルファ社の逆襲!【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットMA–1(1968年型復刻モデル品・セージグリーンタイプ)とは? 0800 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210701153832p:plain

今回は、1960年代のアメリカ空軍フライトジャケットMA–1を分析します。

ミリタリージャケットの定番とも言えるモデルですね。

残念ながらモデル品ですが、実際に同じモデルの官給品を納入していたメーカー製です。

とある組織の人物が着用していました。

中古品で使用感もありますが、程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ空軍フライトジャケットMA–1(1968年型復刻モデル品・セージグリーンタイプ)とは?

f:id:akmuzifal6489:20210701154026p:plain

1980年代の代表的な戦争映画「トップガン」(主演:トムクルーズ)は、多くの福音をミリタリーマニアにもたらせました。

 

その最も大きいものは「MA–1」の普及でしたね。

 

面白いことに劇中で目立ったのは海軍レザーフライトジャケットG–1で、空軍のMA–1は出てきませんでした。(…よね?)

 

でも日本で大人気になりましたね。

 

おそらく映画を観た人が、G–1を買いに行ったけど、あまりに高額だったため、手の届くナイロン製のMA–1を代わりに買って帰ったのが流行した原因だったのでは?

(勿論、防寒衣類として優れたデザインであったことは言うまでもありません。)

 

真相はともかく、以来現在に至るまで、MA–1は日本における「誰でも知ってるフライトジャケット」の代名詞になりましたね。

 

そしてアメリカ軍官給品は言うに及ばず、最初期型や映画「ハンター」でS.マックイーンが着用していたモデルまで、ありとあらゆるMA–1のコピー品が製造されました。

 

またそのどれもが一定の品質を保っていて、実用にも最適でしたね。

 

そんな「日本のMA–1ブーム」を横目で見ていたアメリカの「アルファ社」は、ここに商機を見出し、このブームに参戦することになりました。

 

そうやって開発されたのが今回のモデルです。

 

同じ頃に、B–15MOD、MA–1という兄弟フライトジャケットが販売されました。

 

選んだのは1968年モデル…でした。

 

さすが、実際にこのモデルを製造していたメーにもーだけあって、大手製造会社としては異例のハイレベルなMA–1に仕上がっていますね。

 

さてさて、それはどんなMA–1なのでしょうか?

 

今回は、アメリカ空軍フライトジャケットマニアのみならず、暖かい防寒着をお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20210701142237j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210701142316j:image

 

前面裏側

前身頃の内ポケットに注意
f:id:akmuzifal6489:20210701142209j:image

 

背面裏側

リバーシブルで着用できますが、航空自衛隊のフライトジャケットのように、完全リバーシブルではありません。
f:id:akmuzifal6489:20210701142324j:image

 

前合わせはジッパーのみ。
f:id:akmuzifal6489:20210701142241j:image

 

胸ポケット

ポケットフラップはなく、ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210701142245j:image

 

ポケット内側は起毛したウール生地

ハンドウォーマーも兼ねています。
f:id:akmuzifal6489:20210701142312j:image

 

左ポケット内のタグ①

まるで当時物のようです。
f:id:akmuzifal6489:20210701142205j:image

 

左ポケット内のタグ②

ランドリーデータや輸入会社

このタッグがなければ、判別は難しくなりますね。
f:id:akmuzifal6489:20210701142228j:image

 

袖ポケット

ほぼ袖に並行に縫い付けられています。
これは識別点になるかも?
f:id:akmuzifal6489:20210701142218j:image

 


f:id:akmuzifal6489:20210701142249j:image

 

袖ニット

見た目タイトですが、テンションは弱いです。
f:id:akmuzifal6489:20210701142302j:image

 

腰ニット

こちらも袖ニットと同じです。
f:id:akmuzifal6489:20210701142320j:image

 

ストームフラップ(ウインドシールド)

エッジはラウンドタイプでギザギザのステッチ。
f:id:akmuzifal6489:20210701142213j:image

 

後付けて胸にはマジックテープが縫い付けられていました。

寸法的には、航空自衛隊の規則に準じています。
f:id:akmuzifal6489:20210701142222j:image

 

内ポケット位置の関係で、一部がポケット越しに縫い付けられています。

現時点でも内ポケットは使用可能です。
f:id:akmuzifal6489:20210701142258j:image

 

背中上部

お馴染みのステッチ
f:id:akmuzifal6489:20210701142306j:image

 

ジッパーはプルタブが表裏で2枚のタイプ

刻印は「SCOVILL」

あまり使用感がないですね。
f:id:akmuzifal6489:20210701142233j:image

 

袖ポケット用ジッパー

こちらも同じメーカーですが、モデル名は「GRIPPER」
f:id:akmuzifal6489:20210701142253j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

今回のモデルは、シェルの生地がセージグリーンで、ライニングがインディアンオレンジですね。

(当時の官給品を再現していますね。)

 

シェルは、エアフォースブルーのモデル(官給品には存在しません。)もありました。⬇︎

アメリカ空軍MA–1エアフォースブルーモデル

エアフォースブルーモデル

 

当時の官給品と同じようにウールとコットンのインターライニング(中綿)が入っているので、やや重くゴワゴワしていますよ。

 

デザインは、エポレットなし、胸ポケット×2、内ポケット×2、袖ポケットで、襟、袖、腰にはウール製のニットを配置。

 

胸ポケットには、ポケットフラップがないモデルを再現しています。

 

全体的な縫製は、当時の同社の製品より丁寧で、強度も十分ですね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     ナイロン

          ウール・コットン

・表記サイズ    M

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約62センチ

          肩幅 約48センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     民生品

・入手場所     航空自衛隊の売店

・入手難易度    2(やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210701154223p:plain

さすが、当時から官給品MA–1を納入していたメーカー製ですね。

 

見事に当時のMA–1を再現しています。

 

ただし細かいことを言うと、少々細部が整いすぎている感じもします。

(当時の官給品は、量産優先で縫製は粗く雑でした。でも強度は抜群!)

 

マニアックな感想はさておき、今回のモデルは航空自衛隊の一般隊員が使用していたものを譲っていただきました。

(デジタル迷彩の作業外被支給に伴い、使用しなくなったとか?)

 

航空自衛隊服装規則に沿った位置にマジックテープが縫い付けられていて、ネイムタグと階級章を貼り付けることができるようにカスタムされていますね。

(驚くことに、このモデルが実際に基地内売店で販売されていました。)

 

当時幹部自衛官は、防寒ジャンパーの支給がなく、私費で購入しなければなりませんでした。

 

そのため、どうせ自腹ならより良いものを…という気持ちで購入したそうです。

(みんな苦労しましたね。)

 

実際着用すると、少しモコモコしますが、暖かいジャケットですね。

 

ナイロンなので火気には弱いですが、それさえ気をつけていれば、冬場のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、キャンプ、バイクなどに使用できそうです。

 

また、ファッションとしても「定番」なので、コーディネートを楽しむのも良いですね。

 

ただし2021年現在では、さすがに数が減ってきました。

 

でもまだ絶滅危惧種にはなっていないようで、大手アパレルショップなどでも、時々見かけることがあります。

 

あなたも諦めず探してみましょう!

 

今回は、モデル品ながらとても良くできたアルファ社製MA–1を分析しました。

次回は、スウェーデン軍のジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:シェルのカラーがエアフォースブルーのモデルはこちらです。⬇︎ 

【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットMA–1(1968年度版復刻モデル品)

www.military-spec-an.com

当ブログ内で記事にした各国のフライトジャケットはこちらです。⬇︎

フライトジャケット(Flight jackets) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

Twitterで見つけました!

そっくりな親子にホッコリ💕

 

飼い主さんが羨ましい😃

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ALPHA(アルファ)MA-1 TYPE-B 1950's ビンテージ復刻 第20爆撃飛行隊パッチ付 [MIL-J-8279B](プレーンモデルもあり。)

スポンサーリンク

Danger Zone

Danger Zone

  • ケニー・ロギンス
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
トップガン (字幕/吹替)

トップガン (字幕/吹替)

  • トニー・スコット
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥1019