いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ベトナム戦争でお馴染み!【アメリカ軍装備品】陸軍特殊部隊ブゥーイナイフ(ウエスタン社製) とは?0820 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210724153249p:plain

今回は、1960年代のアメリカ陸軍特殊部隊のブゥーイナイフを分析します。

ベトナム戦争で、グリーンベレーなどが装備していた一際大きいナイフですね。

原型は第二次大戦中のナイフのようです。

今回のナイフはデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍特殊部隊ブゥーイナイフ(ウエスタン社製)とは?

 一説には、南北戦争中にジム・ブゥーイ(日本ではジム・ボウイと呼ばれていますね。)によって考案されたとされるブゥーイナイフ。

 

それまでのイギリス式幅広ナイフ(または剣)のポイント(切先)付近上部を大胆にカットして、より突き刺し易くしたデザインは、瞬く間にアメリカ中に広まりました。

 

以降、アメリカ製ナイフの一分野にまで発達しましたね。

 

現在ではアメリカのみならず、多くの軍隊や警察のナイフに影響を与えていますよ。

 

中でもアメリカ軍が第二次大戦中に装備したV44ナイフは、大きくて重く見た目も威圧感がありました。

 

第二次大戦中のアメリカ軍V44ナイフ

pin.it

  

どうやらアメリカ人は、大きなナイフが好きみたいですね。

 

そのせいでしょうか?

 

ベトナム戦争中でも特殊部隊で大きな各種ナイフを採用していましたよ。

 

今回のモデルは、そんなベトナム戦争中に開発された、大きく重いナイフです。

 

当時のデッドストック(!)…という触れ込みで入手しました。

 

官給品ではなく、市販品のようですがもしかしたら特殊部隊専用に製造されたものかもしれません。

 

アメリカを代表する有名メーカー製ですね。

(このメーカーは、多くの軍用ナイフを製造していました。)

 

さてさて、それはどんなナイフなのでしょうか?

 

今回は、 ミリタリーナイフコレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ナイフの全体及び細部写真

右側面

f:id:akmuzifal6489:20210724140131j:image

 

左側面
f:id:akmuzifal6489:20210724140156j:image

 

ブレード

鏡面仕上げですね。
f:id:akmuzifal6489:20210724140208j:image

 

クロスガードとブレード
f:id:akmuzifal6489:20210723113234j:imagef:id:akmuzifal6489:20210723113219j:image

 

ポイント付近
f:id:akmuzifal6489:20210723113147j:image

 

ハンドル

木製合板製です。
f:id:akmuzifal6489:20210724140221j:image

 

ナイフ本体がハンドル部まであるフルタング
f:id:akmuzifal6489:20210724140235j:image

 

ポンメルはありません。

ハンドルエンドには返しがついていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210723113215j:image

 

専用のシース下部表側
f:id:akmuzifal6489:20210724140256j:image

 

 

シース上部

リングの上はベルト用ループです。
f:id:akmuzifal6489:20210724140324j:image

 

シース下部裏側
f:id:akmuzifal6489:20210724140347j:image

 

シース上部裏側
f:id:akmuzifal6489:20210724140403j:image

 

横から見ると、こんな造り。
f:id:akmuzifal6489:20210724140424j:image

 

クロスガードの刻印
f:id:akmuzifal6489:20210723113208j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210724154702p:plain

ブレードは、カーボンスティール製で、大きくピカピカに磨かれたブゥーイ型です。

 

ブレードの形は、やはり大戦中のV44ナイフに似ています。

 

ナイフ本体が、ハンドルまで伸びているフルタング型で、頑丈で重いのが特徴ですね。

 

ハンドルは、ウッドの合板で、とても硬いです。

(イメージ的には、ソ連/ロシア軍のAKシリーズのストックに似た合板ですね。)

 

クロスガードはブラスで、S字型に曲がっていますね。

 

シースはレザー製で、一定方向にしかナイフを収めることができません。

 

Dリング付きのループがあって、ベルトなどを通すことができます。

(ナイフ本体が大きく長いので、通常タイプのシースではナイフの携帯が難しい?)

 

また、シースの下端には穴があって、各種パラシュートコードなどを通すことができます。

(実用には便利ですね。)

 

全体的な造りはとても丁寧で、まるで日本製のようです。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     カーボンスティール

          合板

・各部のサイズ    ナイフ

          全長 約373ミリ

          全幅 約113ミリ

       ブレード長 約241ミリ

       ブレード厚 約4ミリ

       ハンドル長 約127ミリ

      ハンドル太さ 約33ミリ

           シース

          全長 約470ミリ

          全幅 約83ミリ

・状  態     デッドストック

・官民区分     民生品

・入手場所     東京の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210724160526p:plain

この種のナイフの用途は一つしかないのですが、それにしても大型なナイフですね。

 

実際にこのナイフを持った敵と対峙したら、ちょっと戦う意欲をなくしてしまいそうです。

 

実用はともかくとして、威嚇には十分効果がありそうですよ。

 

造りは堅牢なので、緊急事態では鉈(なた)のような使い方ができるかもしれません。

(まずそんな使い方はしませんが!)

 

キャンプや登山には、明らかに大き過ぎて使い辛いですね。

 

でもミリタリーナイフコレクターのあなたには、ぜひ入手して欲しいところです。

 

幸いにも、数年に一回程度国内のオークションに出品されています。

 

…ということは、アメリカには同じレベルの製品が今も残っているのかもしれませんね。

 

大手ミリタリーショップでは、まず見掛けることがないので、オークション(場合によってはフリマ)で網を張っておきましょう。

 

また、海外のオークションでも出品されることがあります。

 

探しているあなたは、覗いてみましょう!

 

私は、実施にベトナム戦争で使用されたモデルを探してみたいと思います。

 

なおナイフを購入した場合、使用する予定もないのにナイフを携行したり、シチュエーションに合わない場所(車のダッシュボードコンテナとか)へ保管しないでください。

 

場合によっては警察に逮捕されることがあります。

 

また、キャンプでも警察官の所持品検査等を受けて、ナイフが発見されると長時間にわたる事情聴取などを受ける場合があります。

 

ナイフの携帯と保管には、十分注意してくださいね!

(李下に冠を正さず…あらぬ言いがかりをつけられないようにしましょう!)

 

今回は、ベトナム戦争で特殊部隊が使用した大型ナイフを分析しました。

次回は、イギリス軍の装備品を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:同じメーカーが製造したナイフはこちらです。⬇︎

MARK2やKA–BARにあらず!【アメリカ軍装備品】ユーティリティーナイフ(ウエスタン社製)

www.military-spec-an.com

その他のミリタリーナイフはこちらです。⬇︎

 🗡ミリタリー(サバイバル)ナイフ(knives) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


(ロスコ) ROTHCO  GIスタイルベレー帽 (グリーン, 7)

エベレー(Eberlestock) ハーフトラックパック F3MJ

Rothco ピンバッジ 1541 グリーンベレー


イラストでまなぶ!世界の特殊部隊 アメリカ編

イラストでまなぶ!世界の特殊部隊 ロシア・ヨーロッパ・アジア編

スポンサーリンク

グッドモーニング、ベトナム (字幕版)

グッドモーニング、ベトナム (字幕版)

  • バリー・レビンソン
  • ドラマ
  • ¥1528
フルメタル・ジャケット (字幕版)

フルメタル・ジャケット (字幕版)

  • Stanley Kubrick
  • ドラマ
  • ¥1528