いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】陸軍試作迷彩服(ASAT・トラウザース)とは? 0441 🇺🇸ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の試作迷彩服を分析します。

残念ながらトラウザースのみですが、それでもこの迷彩の特異性はわかっていただけると思います。

思えばアメリカ陸軍が、大迷走(大暴走?)した最初の出来事だったかもしれませんね?

どちらかというと、ファッション関係者の評価が高い迷彩服ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍試作迷彩服(ASAT・トラウザース)とは?

1990年台のミリタリー専門誌に、驚くべき記事が載っていました。

それは、アメリカ陸軍が新しい迷彩服を開発、テストしているというものだったのです!

今風に言えば「キター!」という感じでしょうか?

当時の標準装備だったウッドランド迷彩に少々飽きていた私は、夢中でその記事を…立ち読みしました!

(コラー!)

 

…しかし、その迷彩を見て、とてもがっかりしてしまいました…。

 

まるで、出来の悪いアメリカ製SFアニメに出てくる生物の触手のような迷彩パターンで、お世辞にも効果がある…とは思わなかったからです。

試作品(テスト品?)としても、とても違和感があって、直ぐには受け入れがたいものでしたよ。

 

当時の多くのマニアも、同じように大きな衝撃を受けたのではないでしょうか?

 

その衝撃に商機を見出したのか、その少し後に日本にも同じ迷彩の衣料品が輸入されましたね。

印象的にはあまり売れなかったような…。

 

通称ASAT(All  Season All Terrain)迷彩又はトライバル迷彩と呼ばれていたこの迷彩服ですが、そもそもどんな迷彩服だったのでしょうか?

ミリタリーマニアのみならず、今回もファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ陸軍試作迷彩服(ASAT・トラウザース)の全体及び細部写真

前面

デザインは、当時のアメリカ軍ウッドランド迷彩BDUに沿ったものですね。

f:id:akmuzifal6489:20200629113348j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200629113400j:image

 

前面裏側

裏面にも迷彩が透けています。
f:id:akmuzifal6489:20200629113408j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200629113356j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200629113429j:image

 

タグ①

表記方法は、当時のアメリカ軍と同じです。

NSNは違う物のようです。
f:id:akmuzifal6489:20200629113434j:image

 

タグ②

メーカータグですね。
f:id:akmuzifal6489:20200629113413j:image

 

タグ ③
f:id:akmuzifal6489:20200629113352j:image

 

背面のレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20200629113404j:image

 

右側面
f:id:akmuzifal6489:20200629113418j:image

 

臀部のポケット

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200629113344j:image

 

膝カーゴポケット

こちらも2個のボタンで開閉

ポケットフラップの前部は縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20200629113424j:imagef:id:akmuzifal6489:20200629113340j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ陸軍試作迷彩服(ASAT・トラウザース)の特徴とは?

迷彩は、タンの生地にブラウンとチャコールグレイで先の尖った草や海棲生物の触手のようなパターンを描いています。

珍しくグリーンが全く使用されていないのが特徴です。

これで「何時でも何処でも使える迷彩」との触れ込みでした。

 

生地は厚いコットンツイルで、肌触りは良いのですが、重量があります。

 

デザインは、典型的かつ標準的なアメリカ軍BDUトラウザースで、左右の腰スラントポケット、臀部ポケット、膝カーゴポケットで、ウエストにはサイズ調整ストラップがあります。

 

ポケットが多くて使いやすいのが特徴ですが、カーゴポケットは容量過多のような気がしますね。

4  アメリカ陸軍試作迷彩服(ASAT・トラウザース)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1990年代

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                L–R

                                   (日本人のXL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約103センチ

                             ウエスト  約50センチ

                                    股上  約31センチ

                                    股下  約77センチ

                                    裾幅  約24センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ陸軍試作迷彩服(ASAT・トラウザース)まとめ

この迷彩は、よもや採用はされないだろうと思っていましたが、やはり試験のみで不採用だったようです。

(安心しました。)

単に、いくつものパターンを試しただけだったのかもしれませんね。

(そう言えば、フランス軍も「マジか…」と言葉を失うような試作迷彩を開発していましたね。)

 

ところが、ミリタリーマニアには冷遇されたこの迷彩に、敏感に反応した人々がいました。

一般的なハンターと、ファッション関係者です。

 

特にファッションでは、いくつかの有名ブランドがこの迷彩のレプリカ生地を用いて、数々の衣類を発売したりしていました。

(今でもあるのでしょうか?)

確かに、迷彩らしからぬ迷彩ですね。

 

また、現在あらためてこの迷彩を見ると、適度な分裂効果もあって、日本でも秋には使える迷彩と言えるのでは?

見直すべき迷彩なのかもしれませんね。

(実際に効果を確認したいです。)

 

ただ、とても人気があって輸入された衣料品は全部売れたのか、はたまた全く売れずに廃棄されたのか…現在この迷彩パターンの衣料品は品薄です。

オークションでも時々見かけますが、めちゃ高いですね。

 

どうやら、あなたが敢えて購入するほどのものでもないようです。

(試作品マニアなら入手するべきですが…。)

 

試作品ということに価値を見出し、将来のためにコレクションする方は、海外のオークションを覗いてみてください。

海外では一定の人気があるそうなので、取引も多いと思います。

(逆に人気で品薄かも…。)

 

さて、迷走も終わったと思われたアメリカ陸軍ですが、その後もさらなる迷走をしてしまったようです。

(その後に採用された迷彩服は、下記を参照願います。)

 

今回は、珍しいアメリカ陸軍の試作迷彩服(トラウザース)を分析しました。

次回は、フィンランド軍の比較的新しい迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデル以前のアメリカ陸軍迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

テスト後に正式採用された迷走アメリカ陸軍の迷彩服はこちらです。

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com 

www.military-spec-an.com

 最新のアメリカ陸軍迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

世界の変わり種迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

中国で新型のインフルエンザが発見されたようです。

新型Cウイルスもそうですが、こちらも気をつけないといけませんね。

政府には、厳格かつ入念な入国禁止措置に踏み切って欲しいものです。😎

みんなの生命を守らねば!

 

読んでいただき、ありがとうございました😊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)

帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)

  • シティ・オブ・プラハ・フィルハーモニック・オーケストラ
  • サウンドトラック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes
メイン・タイトル(『ターミネータ-2より』)

メイン・タイトル(『ターミネータ-2より』)

  • ブラッド・フィーデル
  • サウンドトラック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes