いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【アメリカの軍服】陸軍迷彩カバーオール(グリーンリーフ官給生地のモデル品)とは? 0684 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍官給迷彩生地で製造されたカバーオール(つなぎ)を分析します。

勿論民生品なのですが、いろんな用途に使えることを発見しました。

確認はできませんでしたが、あるいは実際にベトナム戦争などで使用されていたかもしれませんね。

今回も中古品ですが、程度は良いですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(グリーンリーフ官給生地のモデル品)とは?

アメリカ軍がベトナム戦争中に開発した、ERDL迷彩(通称リーフパターン)は、1960年当時としては効果的な迷彩として定評がありますね。

(なんでも、着用した部隊を救出するために派遣されたヘリのパイロットが発見できなかったとか?)

 

それまでのアメリカ軍が正式に採用していたダックハンター(フロッグスキンとも言います。)迷彩は、民間の狩猟用迷彩が原型で、必ずしも効果的な迷彩とは言えないものでした。

 

アメリカ軍が第二次大戦中に採用したダックハンター迷彩

US_ARMY_duckhuntercamo_WW2

 

しかし、第二次大戦で入手したドイツ軍の「ライバーマスター迷彩」を基に研究を重ね、1960年代に開発したのがERDL迷彩(通称リーフパターン迷彩)でしたね。

 

大戦中のドイツ軍ライバーマスター迷彩

German_SScamopattern_type1945

ホビージャパン発行「GERMAN CAMOFLAGE UNIFORMS 1937▶︎1945 第二次大戦ドイツ迷彩服」より引用

 

そのコンセプトは、それまでの木々や岩などの実在する物体をそのまま描くのではなく、多色で抽象的な模様を描くとともに、所々にブラックを配置して、人体などの輪郭を分裂させるというものでした。

 

この迷彩の出現以降、このコンセプトに沿った迷彩は、多くの国で採用され現在に至ります。

(アメリカ軍ウッドランド迷彩も、このリーフパターンが原型でしたね。)

 

今回のモデルは、そのリーフパターンのうち、ベース色がライトグリーンのいわゆるグリーンリーフの官給品生地で製造されたカバーオールになります。

 

民生品ですが、なかなか渋い仕上がりになっていますよ!

 

さてさて、それはどんなカンバーオールなのでしょうか?

 

今回は、グリーンリーフ迷彩マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(グリーンリーフ官給生地のモデル品)の全体及び細部写真

全体前面

f:id:akmuzifal6489:20210305210324j:image

 

前面上半身

かなり迷彩色が残っていますね。

胸にポケットがないので、現代のボディアーマーなどが使用できますね。
f:id:akmuzifal6489:20210305210210j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20210305210319j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20210305210223j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20210305210114j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20210305210200j:image

 

前面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210305210235j:image

 

前面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210305210107j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210305210100j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210305210314j:image

 

前合わせはジッパーのみで、ストームフラップはありません。
f:id:akmuzifal6489:20210305210149j:image

 

ジッパーは上下から開くタイプです。

刻印は「TALON」
f:id:akmuzifal6489:20210305210216j:image

 

タグ

アメリカ製の民生品ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210305210130j:image

 

腰スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20210305210155j:image

 

膝の小ポケット

オープンタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20210305210247j:image

 

テーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20210305210119j:imagef:id:akmuzifal6489:20210305210331j:image

 

袖口は  ダットファスナーとタブで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20210305210134j:image

 

単純な筒です。
f:id:akmuzifal6489:20210305210303j:image

 

左ヒップポケット

ボタンで開閉

ボタンは民生品
f:id:akmuzifal6489:20210305210253j:image

 

ヒップポケットとスラントポケットの間にはスリットがあります。

(オープンタイプ)

ウエストには、サイズ調整用のタブあり。

  ダットファスナーで調整
f:id:akmuzifal6489:20210305210124j:imagef:id:akmuzifal6489:20210305210336j:image

 

背中にはアクションプリーツあり。

f:id:akmuzifal6489:20210305210140j:image

 

アクションプリーツ内側

f:id:akmuzifal6489:20210305210241j:image

 

おまけ

全く同じデザインのカバーオール

でも…
f:id:akmuzifal6489:20210305210205j:image

 

会社が違っていました。

(もしかしてタグが違うだけで同じ製品?)
f:id:akmuzifal6489:20210305210258j:image

 

メインジッパーも一部違うプルタブが。

そもそも黒染めって、軍用?
f:id:akmuzifal6489:20210305210145j:image

 

膝のポケットも、やや形状が違っています。

そもそも用途は?
f:id:akmuzifal6489:20210305210309j:image

 

ダットファスナーは軍用に近いモデル。
f:id:akmuzifal6489:20210305210230j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(グリーンリーフ官給生地のモデル品)の特徴とは?

迷彩は、グリーンリーフのソフトエッジ(各色の境目が不明瞭なタイプ)です。

 

パターンは、ライトグリーンの生地に、グリーン、ブラウン、ブラックを用いて雲や葉のような模様を描いています。

(その色調やパターンから「グリーンリーフ」と呼ばれているのですね。)

 

生地は官給品のコットンリップストップ(解れ防止織)で、軽量ながら丈夫で通気性も良いです。

 

デザインは、腰ポケット×2、ヒップポケット、腰スリット×2のシンプルですね。

 

わからないのは両膝の小ポケットです。

(全く用途不明ですね。)

 

民間会社のタグが縫い付けられていて、完全な民生品ですが、生地はしっかり官給品というのが面白いですね。

 

全体的な縫製は、ごく普通で多くのアメリカ軍用の様に、抜群の強度を誇る…という感じではないようです。

4  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(グリーンリーフ官給生地のモデル品)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・表記サイズ    なし(推定L) 

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約164センチ

          肩幅 約53センチ

          身幅 約66センチ

          袖丈 約59センチ

        ウエスト 約52センチ

          股下 約75センチ

          裾幅 約25センチ

・状態       中古良品

・官民区分     民生品

・入手場所     沖縄の古着屋

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ陸軍迷彩カバーオール(グリーンリーフ官給生地のモデル品)まとめ

ERDL迷彩は、ベトナム戦争中に色調の変更、戦争後にはさらなる色調とパターンの変更がなされました。

 

ベース色はライトグリーンからライトブラウンになり、各色の境目もはっきりくっきりになりましたね。

 

つまり、グリーンリーフ生地は、ベトナム戦争中にはお役御免になっていたのです。

 

これは推測ですが、製造業者の工場にはグリーンリーフ生地の在庫が多量に残っていたのではないでしょうか?

 

そして官給品を外れ余剰となった生地(または払い下げられた生地)を用いて民間用のカバーオールなどを製造したのでは?

 

現在のところ真相は不明です。

 

でも、こうして官給グリーンリーフ生地製の衣類が、現在でも入手できるのは嬉しいですね。

 

その高い迷彩効果から、夏場のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、登山、キャンプなどには問題なく使用できますよ。

 

また少々邪道ながら、グリーンリーフ迷彩服(ジャングルファーティーグやトラウザース)の補修やカスタム用の素材として使用するのはどうでしょうか?

(そう考えると、夢が広がりますね。)

 

今回のモデルは、民生品ということで専門のミリタリーショップで見かけることはまずありません。

 

しかし一般的な古着屋さんには、普通に販売されているかもしれませんね。

 

このモデル(とおまけのモデル)は、それぞれ古着屋さんで比較的安価に購入できました。

 

探しているあなたも、ぜひ古着屋さんを覗いてみましょう。

 

今回は、民生品ながら貴重な官給品迷彩生地を用いて製造されたカバーオールを分析しました。

次回は、アメリカ軍海兵隊をユーティリティ装備を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ軍各種リーフパターン迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

アメリカ軍リーフパターン迷彩に影響を受けた国の装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

めちゃ可愛いですね💕

 

他にも昆布を身体に巻きつけて眠るという場合もあるようです。😍

 

人間の夫婦(?)も、もっと仲良くすれば良いのかも! 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


68年納品 米軍実品 ERDL グリーンリーフカモ 迷彩 ジャングルファティーグジャケット コンバットジャケット USA製 MEDIUM-REGULAR メンズM ヴィンテージ /eaa122011 【中古】 【210125】


US.ARMY 60's 60年代 ジャングルファティーグジャケット 米軍実物 官給品 USA VINTAGE ヴィンテージ ビンテージ アメリカ古着 メンズ コート グリーンリーフカモ 迷彩柄 SMALL-REGULAR Sサイズ【中古】

60s U.S.ARMY ERDL迷彩 グリーンリーフカモ ジャングルファティーグ パンツ リップストップ 古着 ★ 表記S-R


70's ビンテージ ■ 78年製 U.S.ARMY 米軍実物 ERDL グリーンリーフ カモ ジャングルファティーグ パンツ( SMALL REGULAR ) 古着 4TH 迷彩| 【USA古着】中古 70年代 カモフラージュ アーミー ARMY USARMY 米軍 ミリタリーパンツ リップストップ アーミーパンツ カーゴパンツ

スポンサーリンク 

Greensleeves

Greensleeves

  • 平原綾香
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
グリーン・スリーヴス

グリーン・スリーヴス

  • 宗次郎
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes