いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

極寒冷地用!【アメリカの軍服】M65フィールドジャケット用ヘビーフード(OG・アクリルファー)とは? 0662 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211105110023p:plain

今回は、1980年代のアメリカ軍M65フィールドジャケット用フードを分析します。

一般的には、M65パーカー用のフードだと思われているようですね。

でもじつは、M65フィールドジャケットにも取り付けることができるのです!

今回のフードはデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  M65フィールドジャケット用ヘビーフード(OG・アクリルファー)とは?

ところで、みんな大好きM65フィールドジャケット…ですが、主に襟周辺に意味不明なボタンやボタンホールそれに  ダットファスナーがあることをご存知ですか?

 

それは概ね以下のようなものです。

(お手持ちのM65フィールドジャケットでも確認してみてください。)

 

襟先端のボタンホール2つ

f:id:akmuzifal6489:20210212141436j:image

 

前身頃裏側トップの  ダットファスナー(凹)1個
f:id:akmuzifal6489:20210212141223j:image

 

同じく前身頃表側のボタン1個
f:id:akmuzifal6489:20210212141320j:image

 

これらは普段全く使用しないものなのですが、じつはM65フィールドジャケットと同時期に開発されたM65パーカーと共通のフードを取り付けるためにあります。

 

このフードはかなりヘビーデューティな造りで、ジャケットに専用ライナーとこのフードを取り付けて使用することにより、アメリカ空軍のN–2又はN–3フライトジャケット並みの防寒性能を有するようになりますよ。

 

さてさて、それはどんなフードなのでしょうか?

 

今回は、M65フィールドジャケットファンのあなたと一緒に、確認していきましょう!

(おまけで、取り付け方も解説します!)

2  ヘビーフードの全体及び細部写真

前面

ファーはアクリル製ですが、メーカーによってはコヨーテファーもありますね。

f:id:akmuzifal6489:20210211173233j:image

 

フード下部はシェルと毛布生地のライニングの2枚合わせになっています。

f:id:akmuzifal6489:20210212141712j:image

 

毛布地を捲ると、ボタンとボタンホールがあります。

f:id:akmuzifal6489:20210212141740j:image

 

背面

f:id:akmuzifal6489:20210211173320j:image

 

左側面
f:id:akmuzifal6489:20210211173244j:image

 

右側面
f:id:akmuzifal6489:20210211173016j:image

 

左側面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210211173307j:image

 

右側面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210211173139j:image

 

タグ①

1984年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20210211173407j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20210211172859j:image

おまけ

ジャケットへのフード取り付け方法

今回のジャケットのモデルは、M65フィールドジャケット2ndの「ダイソン君」です!

(生地の違いを強調するために、あえて中古品を選びましました。)
f:id:akmuzifal6489:20210211173332j:image

 

フードの取り付け方法

 

フードは基本、ジャケットのボタン、ボタンホール、  ダットファスナーを利用して取り付けます。

 

まずエポレットを外します。
f:id:akmuzifal6489:20210211172939j:image

 

センターを確認しながら、エポレットのボタンにフード下部外側のシェルを留めます。

(その後エポレットは通常の位置に留めます。)
f:id:akmuzifal6489:20210211173356j:image

 

内側の襟下にあるライナー用ボタン2個に、フードのライニング(毛布生地)を留めます。

フードのシェルとライニングで襟を挟み込むイメージですね。

f:id:akmuzifal6489:20210212150510j:imagef:id:akmuzifal6489:20210212142641j:image

 

フードのシェル内側にあるボタンをジャケットの襟に取り付けます。

f:id:akmuzifal6489:20210212150645j:imagef:id:akmuzifal6489:20210211173126j:image

 

フードラインイングの毛布生地を襟のボタンに取り付けます。

f:id:akmuzifal6489:20210212151040j:image

 

フードライニングの裏側にあるダットファスナーをジャケット内側に取り付けます。

f:id:akmuzifal6489:20210212151311j:image

 

この時点での全体型はこんな感じです。

f:id:akmuzifal6489:20210212151618j:image

 

向かって左側のマジックテープに右側のマジックテープを上にして取り付けます。

f:id:akmuzifal6489:20210212153149j:image

 

右側マジックテープの下にあるループを前身頃のボタンに取り付けます。

f:id:akmuzifal6489:20210212151929j:imagef:id:akmuzifal6489:20210212152003j:image

 

完成です!

向かって左側のファーは右まで回り込んでいますね。

f:id:akmuzifal6489:20210211173221j:imagef:id:akmuzifal6489:20210211173149j:image

 

完成形側面

とても大きいフードで、当時のM2ヘルメット着用したままフードを被れます。
f:id:akmuzifal6489:20210211173255j:imagef:id:akmuzifal6489:20210212152148j:image

 

完成形背面
f:id:akmuzifal6489:20210211172924j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェル(外皮)は、OG(オリーブグリーン)のコットンとサテンの混紡で、通称「オックスフォード」と呼ばれる薄い生地です。

 

細い糸で緻密に編まれていて、ある程度の防風性能があります。

 

ほぼ全面に毛布生地のライニングがあって、裾が二重になっています。

 

また頭の部分には、合計二本のドローコードがあって、サイズを調整できますね。

 

フード前縁にはアクリル製のファーが縫い付けられていて、風の侵入をある程度防いでいます。

(生産時期やメーカーによっては、コヨーテファーもありました。)

 

私が確認したのはいずれもOGのみですが、ウッドランドもあったという情報もあります。

(信頼性は低いです。)

 

全体的な縫製はジャケット同様、少々雑ですが強度は抜群ですよ。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1984年

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ナイロン

          ウール

・表記サイズ    なし(各サイズ共通)

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     岐阜の専門店

・入手難易度    2(やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

M65フィールドジャケットの謎がまた一つ解けましたね。

 

ジャケットにフードを装着すると、本当に暖かいですよ。

 

頭部の特に首筋が完璧に保温されていて、毛布生地のライニングのせいでしょうか?完璧に断熱しています。

 

これは使えるフードですね。

 

ただし、欠点もあります。

 

それは

 

・取り付け、取り外しに時間がかかり、着用には熟練を要する

・一旦フードを被ってしまうと、外の音が聞こえにくい

・白いアクリルファーの抜けが多く、慣れない人は肌がかゆくなるとともに、夜間戦闘では一際目立つ

 

ということす。

 

このため、訓練や実戦でもあまり使用されることがありませんでした。

 

朝鮮半島やアラスカのような極寒地では、ジャケットにフードを取り付けず、パーカーに取り付けて、ジャケットの上に着用することが多かったようです。

 

最終的に今回のフードやM65パーカーは、1980年代に開発されたゴアテックス製のECWCSシリーズに置き換えられて廃盤となりました。

 

朝鮮戦争を契機に開発されたM51シリーズの防寒装備も、時代の波には勝てなかったようですね。

 

それはともかく、行動する事前準備としてジャケットにフード(とライナー)を装着しておくと、真冬の狩猟、野鳥観測でも十分に使えますね。

 

しかしサバイバルゲームは、音が聞こえづらいし、保温力があり過ぎるので汗をかく恐れがあります。

 

気温によっては風邪をひいたりする恐れもありますので注意です。

 

兵士にも人気がなかった今回のモデルですが、じつはマニアにも不人気です。

 (…と言いますか、かなりのマニアでもこのフードがM65フィールドジャケットに取り付けることができるということを知らない場合が多いですね。)

 

しかし不人気であるため、現在でもたまにデッドストックが入手できます。

 

それでも、探しているあなたは、なるべく早く購入していた方が良いようです。

 

嬉しいことに、大手通販サイトでも安価に販売している場合がありますよ。

 

探していたあなたは、ぜひ覗いてみてください。

 

私はコヨーテファーのデッドストックを探してみたいと思います。

 

今回は、不人気ながら高い防寒性能を持ったM65フィールドジャケット用ヘビーフードを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20211105更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ軍M65フィールドジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

M65フィールドジャケットと世界の仲間たちに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


70~80年代 米軍実品 U.S.ARMY M-65 フィールドパーカー用アクリルファーフード USA製 ヴィンテージ /wbh9801 【中古】 【191017】【SS2003】【SS2007】【CS2007】【SS2101】【CS2101】

アメリカ軍 M-65 フィールドパーカー【XSサイズ】 フード/ライナー取外し可 ワンウォッシュ JP057YN オリーブ【レプリカ】

アメリカ軍 M-65 フィールドパーカー【XSサイズ】 フード/ライナー取外し可 ワンウォッシュ JP057YN ブラック(黒)【レプリカ】

スポンサーリンク 

僕の戦争

僕の戦争

  • 神聖かまってちゃん
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
衝撃

衝撃

  • 安藤裕子
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes